海外生活の壁や不安を取り除く、停滞する日本と成長するアジア


今回のテーマは、

海外生活の壁や不安を取り除く、
停滞する日本と成長するアジア

について紹介します。

日本では、個人だけでなく、
企業から政治家まで、

希望をなくし、あきらめて
そまっている人も多くいる
ように感じます。

未来を楽観視できず、
目標を失った時に何が起こるか、

それは、一部の富裕層と
その他大勢に二極化してしまう
ということです。

貧富の差が広がり、格差社会
訪れるとも言えます。

今までの日本では
一億層中流化と言われていました。

しかし、今では中流
どんどん減って行き、

二極化が進んでいます。

そして「その他大勢」の生活は
誰も保証してくれない訳です。

しかし多くの日本人は
その深刻さにあまり気づいていません。

停滞する日本にいて、
世界に目を向けないままだと、

深刻なリスクに翻弄されかねません。

スポンサーリンク

停滞する日本と成長するアジア

一方で、どんどん成長している
アジア諸国で少し過ごしていると、

非常にアグレッシブさを感じます。

国も個人も非常に活気があります。

今の日本に足りないものは
一人一人のアグレッシブさ
ではないかと感じます。

戦後は日本も、欧米に
追いつき追い越せ、

そして日本を復興させようという
気概を持った人が多かったのかも
しれません。

しかし豊かになってしまい、

目標を見失しなっているの
かも知れません。

これに比べればアジア諸国は、

これから先進国の仲間入りを
すると言う夢を持ち、

勢いとダイナミズムに
満ち溢れています。

停滞する日本と成長するアジア
の差はこれからどんどん
変わって行くのではないでしょうか。

ハングリーさをなくした日本人

さてここで海外生活の
ススメを説いても

どうしても不安や壁を
感じる人がいます。

しかし、日本にだけ留まる方が
実は危険ではないでしょうか。

確かにほとんどのアジアの
生活レベルはまだまだ

日本の1960年代から
1980年代と同程度です。

今の日本に当時の生活に
戻りハングリーさを取り戻すべき、

とは言いにくいでしょうが、

アジア諸国のハングリーさを
持った人に触れ、

アジアの現状を目にするだけでも、

いかに今の生活が恵まれているか、

そして日々具体的な
目標のない時間を過ごしているかに
気づく事ができるはずです。

前回も紹介しましたが、

日本人の能力は世界でも
トップクラスなのです。

後は熱い気持ちを取り戻せば、
更なる成長を遂げられるでしょう。

日本に留まっていれば、

自己評価も目標も低いまま
人生が終わってしまうのであれば、

それは非常に残念です。

今こそ再び海を越ええて
外に出るべきです。

そうして広い視野で今の自分の
立ち位置と将来を考えたら、

もっともっとできる事はあるはずです。

海外生活の壁や不安を取り除く

しかし長年日本にだけ住んでいると、

「海外で生活する」
=海を越える事のハードル

がとても高く感じてしまいがちです。

でも今は、船で何十日も
かけないと外国に行けなかった
時代とは違います。

航空券が高価で、お金持ちしか
買えなかった時代とも違います。

LCC(格安航空会社)も
次々と日本に乗り入れ、

アジアであれば片道
数千円から出掛けられる場所
もあるわけです。

金銭的には国内でちょっと
温泉に行く感覚よりも、

気軽に海外に出掛けられる時代なのです。

そして気軽に現地で
生活する事も十分可能です。

海外生活の壁や不安はやはり語学

とは言え、やはり壁を感じる人が
多いのも事実です。

まずほとんどの人が
頭に浮かべるのが言葉の壁です。

ですが、日本で暮らしている
毎日を考えてみてください。

仕事の同僚や近所の友人と
するちょっとした会話、

スーパーやお店に行って
話す言葉など、

どれも、中学、高校で学んだ
レベル以上のものではないはずです。

また生活するとなると
食べ物の事を不安視する人もいます。

でも私の経験上、

世界のほとんどの大都市に行けば

日本食レストランがたくさんあり、
調味料や食材なども手に入ります。

都市に住まなくてもアジアなら、
味付けも馴染んだものが多いので
苦にならないはずです。

海外生活=日本を捨てる訳ではない

或は年に1回程度日本に
帰った時に足りないものを
購入すれば、

なくて困ったものは
あまりないです。

或は娯楽面でも、

テレビなどにほんの
番組をビデオにして貸し出している
地域や衛星放送で見れる国もあり、

日本語が聞きたくなった時も大丈夫です。

今の時代ならYouTubeもあります。

それよりも、海外生活をすれば、

部屋にこもってテレビを見る以外に、

ゴルフやバーベキューなど
屋外で楽しめる事もたくさんあり、

そうそうテレビがみたくなること
もないと言うのが私の実感です。

リタイアして移住する場合、

友人に会えなくなる、
日本人の知り合いをどうやって
作れば良いのか不安

と言う人もいます。

海外生活の壁や不安は本当に低い

でも、果たして日本でその
友人とどのくらいのペースで
会っているでしょうか?

帰ってきた時に会う、

また、遊びにきてもらう
事でより交流が深まる事もあります。

また、どうしても日本人の
友人が現地で欲しい時も、

現地の日本人コミュニティに
参加するのも一つの手です。

海外に到着してから
住む所を探すのは、

さすがに困難な事もあるかもしれませんが、

住居さえ決まっていれば
困ることはそうそうありません。

後はあなたの心にあるハードルだけです。

海外生活の壁や不安は本当に低いのです。

今の生活を手放す恐怖と
前に進んだ時の楽しみを
秤にかければ、

自ずと壁はなくなるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>