理想の老後をイメージする、年を取る事はネガティブではない

理想の老後をイメージする、年を取る事はネガティブではない
今回のテーマは、

理想の老後をイメージする、
年を取る事はネガティブではない

について紹介します。

「理想のおじいちゃん、おばあちゃん
になった自分、どんな姿が見えますか?」

少子高齢化社会がマスコミ
などを賑わしていますが、

実際に都会では
繁華街を歩いていると、

日本ほど若者が多い国は
ないと感じます。

繁華街だけではなく、

例えば夏の海水浴場もそうです。

海外のリゾートだと、

浜辺に寝転んでいるのは、
中高年が中心です。

日本では中高年になると
元気がなくなり、

あまり遊びに出掛けないようです。

年を取る事にネガティブな
イメージを持つからかもしれません。

「若返りをテーマにした
コーチングができる人は
いませんかね。

女房と話していたら、
そんなことを言われたんですが」

ある経営者から半ば
冗談で相談を受けたのですが、

写真を見せてもらったら、

奥さんは老けているどころか、
年齢より若い印象を受けました。

スポンサーリンク

年を取る事はネガティブではない

「Yさんは若返りたいと
思った事がありますか?」

私がご主人の方に話を向けると、
苦笑しながらYさんが答えました。

「いやもう諦めていますよ。

自分の事はともかく、組織の
若返りには力を入れなければね。」

諦めている…この言葉が
どうも引っかかりました。

理想の老後は真剣に考えず、
目を背けているように感じました。

だけど、奥さんの
「若返りたい」という
言葉にも引っかかります。

どうも日本人は、年を取る
事は忌まわしい事だと、

ネガティブな意識に
とらわれていないでしょうか。

元気に年を取る事は可能なはずです。

いくつになっても人生を
充実させる事も可能なはずです。

理想の老後をイメージする

「歳をとったら、どんな
良い事があると思いますか?」

Yさんとは束の間の会話で
終わりましたが、

もし話を続けていたら、

ぜひこんなふうに質問
したいと思いました。

この機会に、あなたも
考えてみてください。

「良い事を想像したいけど、
年金はどうなるか分からないし、

日本がこのまま衰退して行く
かも分からないし、

住宅ローンは残っている。

子供に面倒を見てもらう
つもりはない。

ああ、考えれば考えるほど、
暗い事しか浮かばないなあ」

試しに40代半ばの
クライアントさんに聞いて見ると、

そんな考えが返ってきました。

当然、ネガティブな事に
目を向ければいくつも出てきます。

誰もが年を取るが生き方は変わる

この将来像のイメージは、
リセットしなければまずい、

彼の心の中にある漠たる不安に
ふれたことで、

コーチとして意を新たにした
瞬間でした。

「今は浮かばないとしても、

どんな良い事がある
老後なら嬉しいですか?」

リアルであっても、
リアルでなくても、

ちょっとだけ楽しい老後を
想像してください。

理想の老後をイメージするのです。

その姿が浮かんできたら、

どこか手を付けやすい所に
焦点を当てて、

できるだけ具体的に
想像してみましょう。

例えば、

退職金で買った信州のログハウス
の木の匂いと、

暖炉の暖かみは…というようにです。

年を取るのも悪くないかもな、、

ほんの少しでも、
そう感じられるまでトライ
してください。

年を取る事はネガティブな事
だけではないのです。

全ては自分の考え方次第で変わります。

取り戻せない事よりも、
これから築けるものに気持ちを
向けてみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>