キャリア・仕事の目標と能力、自分の限界を超えるメンタル


今回のテーマは、

キャリア・仕事の目標と能力、
自分の限界を超えるメンタル

について紹介します。

「あなたが考えている
自分の”限界”は何ですか?」

キャリアについての
ワークショップやコーチング
をしていると、

たびたび出てくるのが、

自分の限界についての話です。

これは30代後半から
40代にかけて

頭から切り離せない
テーマのようです。

「できれば今までの
経験を活かして、

もっと大きなプロジェクトを
率いてみたい。

しかし職務経歴書を
飾るような大きな実績はないし、

一流企業で働いてきた訳でもない。

こんな自分では、もう
キャリアアップは限界でしょうね。」

と言った具合です。

キャリアアップは不可能なのはなぜ?

こんな話をしてくれた
人もいました。

「自分は総務一筋で
やってきたもので、

間接部門が冷遇されている
現状は辛いです。

でも、今され営業に行けと
言われても困るし、

なんとかこの仕事に
食らいついていたい、

と言うのが本音ですよ。」

と、

それぞれ、20年以上に
わたって培ってきたものが、

限界と言うストーリーを
作り出しています。

とても理解できる話ですが、

これでは先に向かう
パワーは生まれてきません。

キャリア・仕事の目標と能力

自分の実績、自覚している能力や適性、
家庭環境、会社の事情、社会情勢、
学歴、職歴、資格、預貯金の額…

あなたの限界を作り出している
要素は何でしょう。

「もしも、それを限界だと
考えなかったら、

どんな行動を起こしますか?」

多くの場合、限界意識が
行動のブレーキになっています。

必要以上の制約条件を
自分で作り出して、

立ち止まっている人が
少なくありません。

仕事だけではなく、
かつて描いた家庭の理想、
休日のライフスタイル、
或は引き締まった肉体など、

どんな側面にも

「限界意識=諦め」

の影がちらつきやすいのが
40代ではないでしょうか。

でもキャリア・仕事の能力は
まだまだ引き出せるはずです。

自分の限界を決めるのも
自分の限界を超えるのも

メンタルにかかってくる訳です。

自分の限界は何が決めるのか?

「あなたが考えているその限界線を
1メートルだけ前に惹き直してください。

そのうえで、あらためて
限界を見つめて、

もう一度どんな限界かを
話してください」

さて、あなたの限界の中身は、
どんなふうに変わるでしょうか。

どこが限界かは、
最終的には結果論です。

確たる答えがある訳ではありません。

であるならば、ほんの少しだけ
チャレンジしてはどうでしょう。

コーチングではとにかく
目標設定の重要性を語りますが、

人は放っておくと自分で
限界を作り、コンフォートゾーンで
安住してしまいがちです。

自分の限界を超えるメンタルの持ち方

「限界線として引いた
1メートル前の線まで進んだ時、

次にどんな目標を立てますか?」

スポーツの記録が常に
乗り換えられるのは、

肉体や技術、トレーニング法の
進歩の他にも、

新記録が、新たな乗りこえるべき
限界線になるからだと思います。

あなたが想像する以上の記録を、

あなたが自分の人生で記録する
事もできるはずです。

そして何より、まだ
現在進行形なんだと言う
実感を持てる事に

大きな意味があります。

あなたの限界は1メートル、
いや1センチでも前に置いた瞬間から、

目標に変わります。

キャリア・仕事の目標と能力を
ここでもう一度考えてみましょう。

自分の限界を超えるメンタルを
作るのも自分自身の心なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>