仕事で本音が言えない事の弊害、イエスとノーを伝える心理学


今回のテーマは、

仕事で本音が言えない事の弊害、
イエスとノーを伝える心理学

について紹介します。

「どのくらい”NO!”を言えていますか?」

やりたい事を自由にできれば、
今よりもっと満足できるのに、、

そんな風に発想するのは、
人間として当たり前のようで、

実は案外、無駄だったりします。

というのは、

やりたい事を自由に…というは、

年を重ねた大人にとって、
非現実的に映るからです。

ですから、精気を奪われたような人に

「好きな事は何ですか?」

などと聞いても、気を紛らわせる
雑談になるくらいで、

たいていはコーチングにはなりません。

しかし、仕事でも家庭でも
本音が言えない事には弊害があります。

イエスとノーを伝える心理学

もし、少しでもあなたに
そんな兆候があるのなら、

冒頭の質問に目を向けて下さい。

体力以上のお重い荷物を背負い、

四方八方を障害物に
取り込まれた40代も少なくありません。

責任としがらみの中で、
のど元まで出ている「ノー!」

と言う言葉を無理に抑え込んで
いませんか。

本当な「ノー」と言っても
構わないのに、

勝手に自制して「イエス」
と言ってしまう、、

あるいは、承服できないまま
従ってしまう、

職場ではもちろん、家庭や地域社会、
プライベートの友人の中でも、

そう言うことがあちこちで起きています。

仕事で本音でイエスとノーを伝えるか?

「心から相手に伝えているYESは、
口にしている”YES”の中の何割ですか?」

はい、分かりました。
その通りですね。
私も同感です。
そうしましょう。

そんなイエスの数々、

例えば先週、この一ヶ月、

或は一年のうちで、正真正銘の
イエスが、

どのくらいあるでしょう。

逆に、

つい言わされてしまった「YES」

言わざるを得なかった「YES」

計算して損得勘定で言った「YES」

などは、それぞれ
どのくらいあるでしょう。

イエスとノーを伝える心理学

言いたい事が言えない
仕事で本音が言えない事の
弊害は意外な所で表れます。

独裁的な創業社長の父親に対して、
二代目専務のGさんは、

どうしても改革の必要性を
説得できずにいました。

将来に向けた考え方は
しっかりしているのですが、

コーチングを開始して時間が経つほどに、
Gさんは元気をなくして行きました。

問題は方法論ではなく、

彼の決意なのだと私が
気づいたのは、

一ヶ月半くらい経過した時でした。

「腹の底から言いたい”NO!”は、
どんなNOですか?」

ノーと言える事の重要性

私はGさんに

「それを、私が社長だと思って、
言いたいように言ってみてください」

と要求しました。

30秒くらいの沈黙の後、

受話器の向こうから届いた
Gさんの声は、

今まで聞いたGさんの声とは、
別人のような力強い声でした。

「ノー」と言いたい全てに
「ノー」と言ったら、

生きてなんか行けないかもしれません。

だけど、これだけは絶対に
ノーだと思っている事には、

絶対に妥協しないでください。

Gさんの「ノー」という言葉は、

それが引き金になり、社長の
ポジションの禅譲と言う急展開に
発展しました。

それでも先代との綱引きは
続いていますが、

ノーの壁を突き破ったGさんの会社は
輝きとたくましさが増しています。

今回の質問を通じ、

仕事で本音が言えない事の
弊害をしっかり踏まえ、

イエスとノーを伝える心理学を
考えて行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>