未来を切り開くための理想を現実にする行動、将来への備え


今回のテーマは、

未来を切り開くための理想を
現実にする行動、将来への備え

について紹介します。

「本当はできるのに、
やっていない事は何ですか?」

未来に進むには、
準備が必要です。

当たり前の話ですが、

それが案外できて
いなかったりします。

転職についてコーチング
をする場合に、

こんなケースがあります。

40代になれば転職が厳しいのは、
十分に分かっている、

しかし会社の先行きが
相当危ないので、

今のうちに手を打っておきたい、

つまり、なんとか転職先を
見つけたい、と言う人が
たくさんいます。

スポンサーリンク

未来を切り開くための理想と現実

最初にぶつかる問題は、

何をしたいのか、
何ができるのか、

と言う事です。

未来を切り開くには
まず理想を明確化することです。

これは前にも紹介しました。

しばらくやり取りをするなかで、

自分の価値観や夢と言った、
忘れて久しい事に目が向きます。

そして次には、

本当の自分を思い出した所で、
では実際に何をしようか、

と言う現実論に移ります。

ここでまた次の壁に突き当たります。

早い話、どんな仕事が
あるのかが分からない、

自分に有益な情報量が、
あまりにも少ないのです。

未来を切り開くための行動

昼休みにビジネス誌を
買いに行く時間もないほど、

仕事に追われている
Yさんもそうでした。

中高年の転職事情についての
情報を集まる、

一週間後、Yさんが自分で決めた課題は、
まったく実行されていませんでした。

15分で済む事から始めましょう。

そう提案しました。

どんな小さな事でも、
確実に何かを得られる事から始める、

大きく動かすことが難しい時は、
これが基本です。

一日15分でできる将来への備え

15分なら行動できない
と言う言い訳もできませんし、

負担もなく行動ができるでしょう。

大袈裟に考え過ぎる必要はないのです。

Yさんは最初のの15分で、

人材紹介会社のホームページを調べて、
登録方法などを確認しました。

次の日も15分間で、
その続きをやりました。

その次の日は、ちょっと
時間を食いましたが、

実際に自分のデータを
一社に送りました。

さらに次の日も、また別の
人材紹介会社にデータを送りました。

このときは、それを
完了するごとに、

私にメールで報告してもらいました。

こうした小さな行動の積み重ねが
未来を切り開くための行動になるのです。

未来の理想を現実にする行動

最近転職した友人に
電話で話を聞く、

自分のスキルの棚卸しをする、

相場と生活費を照らし合わせて、
希望年収を出してみる、

「未来を切り開く為に、
あなたが毎日15分、楽しみながら
実行できる事は何ですか?」

その小さな一歩は、前進している
と言う手応えを感じるだけでも
価値があります。

それが積極的な発想に繋がり、

不思議と前向きに動いている人
との接点を増やします。

何もできないと思ったら、
まず自分を疑ってください。

未来を切り開くためには
将来への備えが必要です。

そして理想を現実にする行動を
とり始めるのです。

今回の質問にもしっかりと
時間をとって考えてください。

そして、できるとしたら何だろうと、
小さく、簡単な事に目を向けてください。

「それを一ヶ月積み重ねたら、
どれくらいの価値になりますか?」

行動の積み重ねが将来を未来を作るのです。

一歩ずつ踏み出して行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>