意欲とコーチング、人生で失ったものと取り戻すための質問

意欲とコーチング、人生で失ったものと取り戻すための質問
今回のテーマは、

意欲とコーチング、人生で
失ったものと取り戻すための質問

について紹介します。

長く生きていれば、
後悔や自責の念は出てくるものです。

しかしそこで、心の熱をなくし、
人生を諦めるか、

もう一度心に火をつけるかは
その人の考え方によります。

「人生で失ったものの中で、
何を取り戻したいですか?」

コーチングを受けたいと言う
希望者、問い合わせを
頂く人の中で、

仕事に意欲がわかなくなった…

と言う声が少なくありません。

「もう一度、意欲的に
取り組めるようになりたい」

と言う思いが、

コーチングに目を向けさせて
いるのです。

意欲をなくしても
平気な人より、

意欲をなくして悩んでいる人の方が、
ずっと健全だと思います。

取り戻したい、という
気持ちこそが、

未来に進むガソリンになります。

スポンサーリンク

意欲とコーチングの心理学

ある公共団体の管理職を
しているKさんは、

地域住民への貢献
ということを、

とても真摯に考えている人です。

そのKさんに、職員の
研修でお世話になった時の事です。

一般的には、Kさんは
経済的にも家庭的にも安定して
幸せそうに見えていました。

ところが実習でコーチングの
相手になってもらうと、

こんな話が出てきました。

「もっと勉強しろなんて
職員には言っていますが、

実はここだけの話、私自身、
どうもやる気が起きなくって…」

「Kさん、いちばん
やる気に溢れていたのって、
いつ頃ですか?」

私がそう質問すると、

Kさんは、所属する組織は
同じ公共団体ですが、

まったく違う仕事をしていた
30代前半の頃の事を
話してくれました。

意欲と人生で失ったものの関係

しばらくやり取りをした後、

Kさんが求めているものが
はっきりしました。

それは、自分のしている仕事が、

地域に役立っていると言う
実感でした。

意欲がわかない…やる気が起きない…

と言うのは、良くある話です。

確かに、うまく行っていても
なぜか意欲がわかない事があるのは
人間心理の不思議な所です。

でも大事なのは、
そうなっている背景です。

これは一人一人、違うのはずです。

自信をなくした、
夢をなくした、
創造力が衰えてきた、
チャレンジ精神が萎えてしまった

など、「失った」話に
出てくるものは、

実に色々あります。

でも、こう言う一般的な
言葉で片付けている限り、

パワーを呼び覚ます事はできません。

人生で失ったものと取り戻すために
どう行動をするかが重要です。

人生で失ったものと取り戻すための質問

だから、もう一度、
ここで質問します。

「少なくともあなたは、

それを取り戻す為に、
どんな力を残していますか?」

先ほどのKさんは私に言いました。

「Kさんのやる気の源泉は、
貢献欲ではないですか。」と、

Kさんは、大きくうなずきました。

「自分のした仕事について、
ありがとうと言われると、

もうそれだけで涙が出てくる
くらいなんです。」

やる気を失ったのも、絶える事
のない貢献欲がある証拠です。

そこに目を向けて行動を
起こせば、

失ったものは取り戻せます。

コーチングと言うのは
やる気のない人に

やる気を出させる魔法の技ではありません。

自分の中に眠る意欲に気づかせる
手助けをするものです。

残っているものの中に、
失ったものとは何なのか、

どうすれば取り戻せるかを、
もっと掘り下げるヒントがあります。

ないものと、あるものは、
いつも表裏一体なのです。

人生で失ったものと取り戻すため
の質問をここでしっかりと
考えてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>