パートナーとの関係性を良好にするコミュニケーションの基礎

パートナーとの関係性を良好にするコミュニケーションの基礎
今回のテーマは、

パートナーとの関係性を良好
にするコミュニケーションの基礎

について紹介します。

「パートナーから何が伝わってきますか?」

張りつめた関係に置いては、
場の空気を読む事に敏感になります。

しかし慣れた関係になると、

そこまでアンテナを
伸ばす人は減ります。

特に「空気みたいな」
夫婦関係の場合、

美味しいとか、まずいとか、
何も感じようとしない、

ただの空気があるだけです。

でもそう言う空気だって、
実は常に温度も変化しています。

埃が舞っている事もあれば、

外から新しい空気が流れ込んで
いる事もあります。

ずっと同じ状態と言う事は
あり得ません。

スポンサーリンク

パートナーの空気を読むコミュニケーション

新しく出会う取引先や
新しい人間関係を築くとき、

誰もが五感を鋭敏にして
相手の事を知ろうとアンテナを
敏感にするでしょう。

言葉だけでなく、服装や
態度から相手の事を探ろうとします。

しかし、既に慣れた関係に
なればなるほどそう言った事を
しなくなってしまうものです。

ですからここで、ちょっとだけ
夫婦と言う空気を読んでみましょう。

今夜の空気はどんなふうなのか。

パートナーに対するセンサーを
鋭敏にしてください。

実際には、新しい取引先の相手より
大切な相手なのですから、

あなたがセンサーを用意したと
仮定して、

さらに具体的な質問をします。

「パートナーの言葉の中で、

心に引っかかった
キーワードは何ですか?」

実際にコミュニケーションを
交わした後で、考えてください。

パートナーとのコミュニケーションの基礎

或はこのキーワードを意識して、
話をしてみるのも言いでしょう。

「パートナーの目から、
どんな事を感じましたか?」

まっすぐな視線、泳いでいる視線、
輝く目、沈んだ目、

言葉にならない、奥底にある
メッセージが、

どのくらいキャッチできるでしょうか。

「パートナーの振る舞いから、
どんな事を感じましたか?」

あなたとの距離、座る位置、
声の掛け方やトーン、

動くスピードやメリハリ、

それら一つ一つが、

メッセージである事を
忘れないでください。

実は言葉よりも、はるかに
多くの情報を、

そうした様子から掴む事が
できるのです。

五感をフル活用して相手の
事を理解するように努めましょう。

完全にできなくても、
ほんの少し意識を変えるだけで、

関係性は良好になるはずです。

パートナーとの関係性を良好にする質問

聞いたら、そして感じたら、
それを受け取った事を示してください。

うなずく、返答をする、
肩を抱く、手を握る、
ただ一緒に気持ちを味わう…

できること、方法は様々です。

コミュニケーションというのは
言葉のやり取りだけではないのです。

大切なのは、形ではなく、

相手に「受け取ってもらった」
事を実感させてあげる事です。

「今までどのくらい、
受け取ってきましたか?

それを表明してきましたか?」

「空気」に慣れているカップルは
結構、過酷な質問かも知れません。

だからこそ、改善の余地は、
大いにあると思います。

パートナーとの関係性を良好にする
コミュニケーションの基礎を
しっかりと身に付けましょう。

何もいきなりダブルベッドに
戻らなくても、

(もちろん、ずっとそうなら
問題なしですが…)

10年ぶりに「愛している」
と言わなくても、

自然にできる事は、
いくらでもあると思います。

より良い関係を目指す心意気さえあれば、です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>