子供、夫婦との人間関係の誤解の元、家族に伝えたい事は何?

子供、夫婦の人間関係の誤解の元、家族に伝えたい事は何?
今回のテーマは、

子供、夫婦との人間関係の誤解
の元、家族に伝えたい事は何?

について紹介します。

最も身近な人間関係だからこそ、

家族とのコミュニケーションは、
簡単なようで難しかったりします。

「パートナーに、もっと
強く伝えたい事は何ですか?」

老夫婦が、ホテルでは
ツインではなくダブルの部屋を選び、

いつでもどこでも

「アイ・ラブ・ユー」

と言ってキスをする。

欧米のカップルと日本の
カップルのスタイルは、

基準が根本的に違いますね。

ここで日本のカップルに
「そのくらいやろうよ」

と家の中でも
グローバルスタンダードを
持ち込ませるつもりはないのですが、

ここで、コミュニケーション
の基本として、

分かって欲しい事があります。

それは、自分の言いたい事は、
相手には正確に伝わらないのが普通、
だということです。

このサイトでは何度か
紹介してきていますが、

人間関係、コミュニケーションは
基本的に誤解、すれ違いが普通
であると言う事です。

スポンサーリンク

子供、夫婦との人間関係の誤解の元

これはなにも、

夫婦関係に限った事ではありません。

子供との関係や会社の中での
人間関係にも言える事です。

あえてここで取り上げたのは、

言う必要がないとか、
今更言わなくてもとか、

分からない事を、
分からないままにしておく甘えが、

家族関係の中では発生しやすいからです。

人間関係が上手な人は、

誤解を前提に丁寧に会話を心がけます。

似た環境で生活する家族だからこそ、
同じような考え方が共有できる
と考えてしまいがちですが、

そうではないのが普通です。

ここでちょっと想像して下さい。

朝起きたら、

「今日で地球は終わりだ」

とニュースで告げていたとしましょう。

もう時間は限られています。

ここで質問です。

「パートナーに対して言い残している事が、
どのくらいありますか?」

家族へのメッセージを考える

私は決して飛行機嫌い
ではないのですが、

いつも飛行機に乗ると、
ある事を思い浮かべます。

それが1985年の
日航機墜落事故の事です。

人生の終わりを悟った乗客が、
パニックになった機内で書き綴った
家族へのメッセージの事です。

もし、今そうなったら、
俺は何を書くだろう…、

もちろん真っ先に、家族の
妻や子供の顔が浮かびます。

世界貿易センタービル跡地、
あのグラウンド・ゼロに
山積みになった残骸の中にも、

泥に覆われた魂のメモが
たくさん残されていました。

幸いにも私たちは今そう言った
極限状態ではないのです。

だからこそ、家族に伝えられる事は
伝えておかねばならないと感じます。

あなたが家族に伝えたい事は何?

これで最後だと思うと、

伝えている事でも、
伝わっていないかもしれないと
感じるのでしょう。

だから強く伝えようとするのでしょう。

ふつう、伝わっていない事は、
ものすごくたくさんあります。

それは、あなたと相手は
別の人間だから、

と言う単純な理屈です。

人間は、そんなに簡単に
分かり合えるものではない、
と思います。

それが夫婦、子供でも同じです。

逆に言えば、簡単ではないが、
分かり合えた時の絆は強くなる、
と言う事でもあります。

「本当に分かってもらう為なら、
100回でも1000回でも
繰り返して言える事は何ですか?」

たとえそれがピン外れなメッセージで、
相手が受け入れなくても、

ぶつけてみる事は
無駄ではありません。

共有できる事も、
できないことも、
そこから見えてくるからです。

もっと強く伝えたとき、
二人の間にどんな変化が起きるでしょうか?

あなたが本当に家族に伝えたい事は
なんでしょうか?

パートナーとの関係が
「空気のような存在」
であることは、

良い事も悪い事もあります。

試しに今日「空気」であることを
少しやめてみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>