健康意識の高い人、低い人の特徴、健康は職場の影響を受ける

健康意識の高い人、低い人の特徴、健康は職場の影響を受ける
今回のテーマは、

健康意識の高い人、低い人の特徴、
健康は職場の影響を受ける

について紹介します。

健康と言うのは自分の意思で決まる…

ものではありません。

人は誰か周りの影響を
必ず受けるものです。

健康は人生を仕合せに生きる土台ですが、

その為にまず何ができるか…

環境を整える事から始めましょう。

そこでまずこの質問です。

「あなたの周りには健康意識の
高い人がどれくらいいますか?」

あるラジオ局のプロデューサーに
面白い話を聞きました。

「放送局には献血者が来ないんですよ。

社員の血液を調べると、数値が
悪すぎて使えないらしいんですよ。」

…と、

スポンサーリンク

健康意識の低い人が集まる職場の特徴

このプロデューサー自身も、

仕事中に倒れたりして
何度も入院を繰り返しています。

献血に関する真偽のほどはともかく、

マスコミ業界やテレビ業界など
生活習慣が乱れがちになり

健康を害しがちな文化がある
業界はたくさんあります。

職場によっては
健康意識の高い人が集まったり、
健康意識が低い人が集まったりするものです。

仕事が不規則で酒量が多い、
食生活が乱れがち、

など、業種や肩書きによっては
接待づけの飽食と言う
こもも多いです。

そしてたちが悪いのは、

こう言う偉い人が幅を
利かせている職場では、

若い人もそう言うものだと思って
その業界で育ちます。

そして次々と不健康人間が
増産されて行くのです。

職場の環境によって
健康も影響されると言う事です。

健康は職場の他人の影響を受ける

ここで以下の質問に
しっかりと応えてください。

「あなたはライフスタイルに関して、
誰の影響を受けていますか?」

職場、プライベートの友人、
家族、過去に目を移して両親や兄弟

…など、ここではおもに
健康を切り口にして考えてみてください。

私も30代前半まで、

不規則こそ規則と勘違いして、
必死に働いていました。

そう言う職場でしたから
当たり前と思っていたのですが、

偉い人、周りの人の影響は
恐ろしいものです。

私自身健康に気を使うように
なったのは、

付き合う人を変えてからです。

忙しい成功者ほど、
そのストレスから暴飲暴食、

高級レストランで接待三昧、

運動不足、喫煙の習慣がある…

と言うイメージがあるかもしれません。

実は成功者やエリートほど
健康意識が高い傾向にあります。

エリートほど健康意識の高い人の特徴

ものの考え方から
口癖に至るまで、

人の影響と言うのは
大変な力があるものです。

最近付き合いのある
外資系企業のエグゼクティブな

一人も喫煙者がいません。

当然そう言う職場では、

喫煙の問題は意識せざるを
得ないでしょう。

早朝からジム通いする
エクゼクティブもかなり多いです。

だから健康とは限りませんが、

少なくともその事自体、
身体に良い事、であるのは確かです。

ところが、実際の所、
悪い影響を受けているであろう事を

感じさせる人の方が
多いものです。

働き過ぎが当たり前に
なっている職場では、

みんなが疲れた表情をしていますから、

誰が誰を見ても
「調子が悪そう」
なんて思わないものです。

まずは健康のロールモデルを探そう

不幸な事に奥さんも
無関心だったりすると、

この人のSOS信号を
キャッチできるのは、

コーチである自分だけかも
と思った事もあります。

仕事の結果を出す為には
健康にも注意を向けなければ行けない
と感じる人が増えています。

ここで質問です。

「自分の健康を守る為に、

周囲のどんな影響を
はねのけたいと思いますか?」

これを決意して実行するのは、
並大抵の事ではありません。

でも最終的にあなたが
潰れても、

誰も助けてくれる訳ではないのです。

逆にこの質問も考えてください。

「ライフスタイルのモデル
にしたいのは誰ですか?」

難しい事を実行する為に、

身体に良い影響を
与えてくれる生き方のモデルを、

一人は最低見つける事をオススメします。

健康も職場や付き合う人の影響を受ける訳です。

できるだけ身近にいる人を選んでください。

そして、できればその人
との交流を深めてください。

そう言う人の周りには、

健康意識の高い人が
集まっていると思います。

健康意識の高い人とできるだけ付き合い、
健康意識の低い人をなるべく遠ざける、

孤軍奮闘するのではなく、
身を置く群れを変えると言う発想です。

この意識を持つだけで
あなたの健康レベルは変わって行くでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>