華僑流の健康管理の秘訣は昼寝と脱力生活、リラックスとメリハリ


成功するためには、
長期的ビジョンが必要です。

つまり一生懸命働き、
懸命の努力をし、命を削る覚悟…

が必要なわけですが、

それと同時に休息し、充電し、
リフレッシュする技術も大切です。

短期的に成功を掴んだものの

バーンアウト症候群になり、
燃え尽きてしまっては困ります。

じわじわ人生をかけて成功するなら
活動と休息のメリハリは重要です。

人生は短距離走ではなく長距離走です。

つまり、

ペース配分次第では
人生の質を決めかねません。

特に真面目な日本人は手を抜く事が
できない人が多い傾向にあります。

朝から働いて、上司や同僚の前で
サボっている所を見せられません。

こうした慢性的な緊張、
ストレスが続くとどうなるか?



実は生産性が落ちてしまうのです。

華僑成功者の健康管理の秘訣は

昼寝…脱力して生活する事、

と言います。

悠久の時がゆっくりと流れていく、

その流れに身を任せるように
自然の摂理に逆らわず昼寝を
するのです。

彼らは皆サボっているのか?


華僑チームのオフィスなど訪れると、

みな午前中の仕事を終えると
15分ほどの昼寝をして休息をし
いったん力を抜く、

この時間を確保する事に驚きます。

それがあまりに自然なので
おおっぴらに昼寝をしていても
とがめる人などいません。

事務所でソファや机で思い通りに眠り、

おもむろに起き上がって
スッキリした顔で仕事に向かいます。

日本では最近も早起きや朝活
などがもてはやされていますが、

頭がよく働く朝の時間を有効に使おう!

と、

早朝出勤を勧めるビジネス書も
良く売れているそうです。

もちろんそれも良いことです。

確かに午前中は仕事がはかどりますが

逆の面から見れば午前中しか
はかどらないという事になります。

それは実にもったいないですね。

だからこそここで、

無理をして早起きするよりも
昼寝でリセットして

もう一度朝に近い状態に持っていく、

この発想で昼寝を取り入れると
午前中も午後も効率よく仕事を
する事ができるでしょう。

こうした日常の時間の使い方に
強かな華僑の知恵が隠されています。

華僑流健康への投資の極意


集中して仕事をする時は
脳をフル回転し集中してこなす、

そして休む時は脱力して
徹底的にリラックスをする、

まるで野生のライオンのような
リズムで生きる方が、

実は現代人の仕事における
生産性も上がります。

この辺りのメリハリを
華僑成功者は心得ているようで、

以前ある華僑成功者が
メンバーを集めて「成功法則」の
レクチャーをしてくれたときの事です。

大きく数字を書き、それが
何の数字だか問いかけます。

例えば、

「3億」と書いたときの数字は

前日の1日だけで
株で儲けた金額でした。

またあえて明記しませんが、

別の書いた数字が
一度に寄付した最高額と聞き、

その場がどよめいた事があります。

そして彼が

「600万」

と書いたときの事です。

参加者は、

一晩の飲み代、1日の小遣いなど

予想しましたが、

彼が言うには

「成功者として自分の健康の
ために1年間に使うべき最低額」

という事でした。

仕事の管理や資産管理と同等、

いやそれ以上に健康管理に
気を使うのが彼らのやり方です。

成功者ほど健康に投資をする


生産性を上げるためには
惜しみなくお金を使う、

リラックス法であれ健康法であれ
リターンがあれば投資する。

まさに成功するための思考法です。

それまでの株や寄付の話しに比べれば、
インパクトは小さかったですが、

私にとってその話が印象的で、

今でも機会があれば健康維持のために
どれくらい投資をしているか?

と富裕層の人たちに質問します。

驚くべき事にほとんどの人が
600万円以上と返答します。

金額そのものとは別に

彼らは成功する前から
健康への意識を強く持ち、

収入に対しての健康維持費の割合は
一般層よりもずいぶんと高いのです。

自己投資と言えば勉強や
スキルへの投資
と考えがちですが、

自分の健康に投資をするのが
彼らのやり方なのです。

病気になればどれだけ良い
プロジェクトもストップします。

健康であるほど脳の回転も上がり
仕事にも活きるのです。

そういう意味では最高の
自己投資は健康への投資であり、

成功者ほどそれだけ自分自身を
大切に考えているのです。

華僑成功者が健康の管理をするのは

成功した人生を少しでも長く生きたいと
心から願っているからであり、

それは今が幸せである
何よりもの証拠と言えます。

健康に生きる事によって

自信を得られ、真の豊かさを享受でき、

それが人生の他すべてに影響する
事を彼らは知っているのです。

だから食べ物に気を使ったり
見た目も何歳になっても若さを
維持する事にこだわります。

つまり、

そこにはリターンがあるのです。

ビジネスでも脱力するほど達人


今の段階では…

それほど健康に投資できない、
昼寝の時間がとれないという人は、

身体の力を全部抜いてみましょう。

体を動かし、呼吸を意識すれば
身体中の緊張をほぐしていけます。

仕事中でも、移動中でも

肩の力を抜き、深呼吸して
リラックスします。

脱力の達人である華僑は

「日本人はみな肩に力が入り過ぎだ」

と忠告します。

また加えて

「日本人は格好つけてるから
力を抜けないんだ」

と皮肉を言われたりもします。

確かに気合を入れるといって
ガチガチに身構えてしまい、

逆に本来の能力を発揮
できない人が多いのでしょう。

脳というのはリラックスした時
本領を発揮するといいます。

まるで太極拳のようにゆっくりとした
動きでリラックスして動くほど、

仕事もはかどるのです。

私も仕事をし始めた当初は
肩に力が入りガチガチでした。

華僑成功者の教えを習い
脱力を身につけてから、

意識すればすぐ力を抜く事ができ、

タフな交渉でも予想外のトラブルでも、
怒ってる相手にも動じなくなりました。

スポーツ選手であっても
結果を出す人ほど実は体を
リラックスさせているものです。

「負けられない!」

とばかりに力んでいる人と、

力を抜いて平常心でいる人

どちらが有利な立場であるか

…は明らかでしょう。

健康である事は
豊かに生きる上で必須ですし、

力を抜いてリラックスして
楽しく仕事を続ける事が、

成果を上げる秘訣にもなります。

オンとオフのメリハリだけでなく、

一日にも緊張とリラックスのメリハリを
しっかりと入れるのが効果的です。

ぜひ華僑流の健康管理の秘訣
昼寝や脱力生活を試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。