論理的な思考が得意なユダヤ人の思考法、弁護士が多い理由

論理的な思考を得意とするユダヤ人の思考法とは?
論理的な思考を得意とする
ユダヤ人の思考法とはどんなものでしょうか?

またなぜアメリカの法曹界には
ユダヤ人の弁護士が多いのでしょうか?

ユダヤ人は子供のころから
身につけている思考法があります。

彼らの口癖は、

「Think(考えろ)」と「Why(なぜ?)」

ユダヤ人と付き合ってみると、

なぜそんな細かいところまで、、
と困る事もありますが、

常に「なぜ?」と
理由を聞いてくる事があります。

しかしなぜと聞かれて
考えてみるほど…

いわゆる普段無意識に
やっている事のほとんどが

自分が深く考えずに、
惰性や常識と思い込んでやってしまっている
ことが多いことに気づかされます。

スポンサーリンク

アメリカでユダヤ人弁護士が多い理由

「論理よりも美しいものはない」

ということわざ
イスラエルにはあるようですが、

ユダヤ人が議論好きと言われるのは、

家庭や学校で議論する事を
徹底的に教わるからだと言われます。

それを通じてお互いに論理的な
考え方や思考法が養われ、

深い知識や知恵が培われます。

またこの文化が、

ユダヤ人から弁護士を多く
輩出させた基礎になっているでしょう。

アメリカには約74万人の
弁護士がいると言われていますが、

そのうちの約15%が
ユダヤ人が占めているそうです。

全米に占めるユダヤ人の割合が
2%にも見たない事実を考えると
驚くべき数字です。

それをさらに、経済と政治の
中心であるニューヨークとワシントンの
大手法律事務所に絞ってみると、

その割合は訳40%にものぼると言います。

幼少期から「タルムード」など
中心に議論をし論理的思考を
養っている事が、

後々の人生でどれだけ役に立つか
よく分かる数字と言えます。

考える事をしないと常識に支配される

論理的思考の重要性
という事に関して、

例えばこんな話があります。

ある人が街の真ん中で
じっと空を見上げています。

すると通りかかった人は
何を見ているのだろうと
同じく空を見上げます。

その姿を見た人が
不思議に思い空を見上げます。

するとそこを通りかかった
大勢の人がみな空を見上げるのです。

しかし、最初の人は

別に空を見上げていなかったとしたら…

もしかしたら上を見て考え事を
していたのかもしれません。

首が痛くて上を向いて
誰がを待っていたのかもしれません。

しかし、、

その姿だけを見てなぜか
周りの人も理由もなしで空を見上げる。

同じように私たちの人生は多いに
常識や惰性にとらわれ、

理由も考えずにやってしまっている事があります。

しかしそこで少しでも考えれば、

別の角度から物事を見られるようになります。

ユダヤ人が重視する論理的思考

惰性や常識にとらわれないために
この思考法はかなり重要です。

知識と言うのは現代では、
インターネット手探索すれば
簡単に手に入ります。

つまり記憶重視の教育では
インターネットで十分まかなえるのです。

むしろ自分の頭で「考える事」の
重要性はさらに増しています。

そして論理的に考えることが、

これからの日本人にとって
重要になってくるでしょう。

ユダヤ人は小さい頃から

「why?(なぜ、どうして?)」という
質問をたくさんされて育ってきているので、

良く考え論理的思考をする
癖がついているようです。

そしてみんなと同じ答えをするのは
自分の存在意義もないので、

出来るだけオリジナリティーに
富んだ答えをしようとします。

問題があったとき、

「どうして」と繰り返し聞いていくことによって、
問題の原因が特定されます。

理由がはっきりしてくるのです。

何気なく普段惰性でやっていたことが

実は不必要だったと言う事も
私自身たくさんありました。

ユダヤ人の議論を交わす習慣は、

理論的な思考を養われ、
分析力も身に付き、

批判精神も培われ
物事の本質を見る訓練になります。

まさに弁護士の仕事そのもの
のような思考法です。

また話術も巧みになり
ひては人とのコミュニケーション能力が
高まります。

どんな仕事においても
確実に役立つスキルです。

国際社会で求められる思考法

「どうして」と突き詰めていくと
日本人の考え方に多い、

曖昧さが少なくなっていきます。

こうした思考法はビジネスの場面などでは
大いに役に立つスキルとなるのです。

成功者やお金持ちにユダヤ人が多いのも、
この思考の影響は大きいでしょう。

特にアメリカ社会における

医師や弁護士と言った平均給与の高い
業界のユダヤ人の割合が高いのは
特筆すべき特徴です。

論理的思考、そして
頭さえあれば仕事ができる、

そういった職業を彼らが選ぶのも
文化的背景があり、

そして思考法の
基礎があるからと言えます。

そしてこうした論理的思考は
国際的な競争を求められる

日本の学校で今、
子供たちに一番求められている事です。

2011年から新学習指導要領に
基づく教育がおこなわれてきていますが、

その中心にあるのが

「言語活動の充実」と言う事です。

国語ばかりでなくすべての学科で、
従来のように単に暗記したり、

計算を解けばいいと言うのではなく、

論理的に考え、きちんと言葉を使って
論理的に表現する必要があるのです。

まさににユダヤ人が昔から
日常的に行ってきた会話や思考法を

今の日本の子供たちは
必死に身につけようとしているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>