華僑資産家のお金の稼ぎ方、お金の育て方、お金の生み出し方


今回のテーマは、

華僑資産家のお金の稼ぎ方、
お金の育て方、お金の生み出し方

について紹介します。

一つ質問です。

「あなたはお金を信用していますか?」

こう聞くとほとんどの人は、

「と、当然じゃないですか。。
お金があれば何でも買えますし、

日本円は世界でも信用が
高い通貨ですし、、」

と答えると思いますが、

お金はただの紙切れです。

あくまで政府や中央銀行が

「これがお金です」

と一時的に定めた物であり、

現在はその裏付けとしての
金本位制も終わっているのです。

つまり、お金(円)を
信じるという事は、

政治家、日本政府、
中央銀行を信用するという事です。

この政治不信の時代に
彼らを心から信じれるでしょうか?

こう考えると、

お金との付き合い方も変わってきます。

さて、国や政府をまったく
信用していないのが、

華僑の大きな特徴です。

そんな華僑資産家のお金の稼ぎ方
お金の育て方、そしてお金の生み出し方
とはどういったものでしょうか?

スポンサーリンク

華僑資産家のお金の生み出し方

異国であれゼロから
お金を生み出す事ができる
華僑のビジネスマンですが、

華僑グループのボスや
そのネットワークに
属する資産家たちは、

お金を持っている人ほど
お金を寝かさず、

投資に回してお金を育てます。

投資と聞けば、普通
株や不動産などが思いつきますが、

彼らは基本的に仲間のビジネスに
投資をする事が大半です。

つまり華僑社会の一員になれば、

自分がたとえ一文無しでも
彼らに投資をしてもらって

ビジネスを始めお金を稼ぐ事も
可能なのです。

日本ではなかなか
企業家が育たないと言う
土壌がありますが

お金が回らないのも
一つの理由かもしれません。

一方で華僑の間では
お金がどんどん回るのです。

紙幣を持っていても
国に奪われるかもしれません。

金融危機で紙くずに変わるかも
しれません。

だからこそ見えない資産に
お金をつぎ込んでおくのです。

それが知識やスキルであり、
仲間やネットワークなのです。

なので資産家のボスのもとには

裸一貫で祖国を後にした
新たなチャレンジャーや

ときには無謀な外国人も飛び込んできます。

華僑資産家のお金の育て方

とはいえ、彼らの世界でも

もちろん、来るもの拒まず…
といった甘い世界ではありませんし、

ビジネスアイデアさえあれば
楽々とスタートなどと言う
夢物語がある訳ではありません。

ボスがすべて手配してくれるから
楽に成功できる…

と言うのは完全に幻想です。

能力、気合い、もろもろ
資産家であるボスに認められる事は
絶対条件ですし、

必死に働かなければいけないのは
言うまでもありません。

むしろ普通の投資家より
彼らの眼力は厳しいものです。

ただ新しい仲間を増やすのは、

華僑資産家の重要ミッションでもあります。

仲間を増やし、仲間に投資して
部下を育て上げる事は

親分としての面子を保つ上で

また勢力を拡大する上でも
欠かす事ができないものです。

つまり華僑にとっての
師弟関係は、

需要と供給の関係にあると言う事です。

こうしてお金を回して、
稼いで、育てていくのが

彼らのやり方です。

華僑資産家のお金がますます増える理由

さらに華僑資産家が投資した
彼らがお金を稼ぐ以外にも

ボスに取ってはメリットがあります。

ボスにお金を出してもらって
ビジネスを始めた弟子は、

「ボスのおかげで今の自分がある」

と周囲に喧伝してボスを立て続け、
面子を保つ事が出来ます。

儲かれば当然その利益を還元します。

さらに中元歳暮以外にも、

毎月のように贈り物を携え
資産家のボスのもとに訪れます。

ボスは弟子を育てる事によって

自分のお金を使わずに
良い暮らしを楽しむ事ができる
言うわけです。

つまり資産家が仲間に投資する

その仲間がお金を稼ぎ、

さらにお金、もの、情報、
などの交流が盛んになる、

ますます富んでいくと言う
循環が起きてくるのです。

こう言ったように華僑社会の
やり取りは、

需要と供給の合致、

そしてコミュニケーションの
継続を前提とした等価交換と
表現できるかもしれません。

またもちろんリスクヘッジの
意味もあるでしょう。

もし自分に何か起きたとき、

国や政府は何も
してくれないかもしれません。

でも仲間に投資をしておけば
助けてくれる可能性が高いです。

彼はお金やそれ以外の
価値の生み出し方を熟知しているのです。

華僑のお金の稼ぎ方の原点はコミュニケーション

私たち日本人は一般的に、

欲しいものを得るための手段は

お金しかないと言う先入観が
あるのかもしれません。

お金が足りなければ

時間をかけて貯めるか、
それとも諦めるか、、

しかしお金=貨幣というのは

もともと物々交換を
便利にするために発生したものです。

現代日本においても

商品やサービスの対価を
お金で払うと言うルールは実は
絶対ではありません。

貨幣経済が基本ですが、

企業にしても商店にしても、

必ずしも顧客全員から
お金を取らなくても
運営をしていけます。

私たちが欲しいのはお金と言う
紙や金属ではなく、

その先にあるものだからです。

そこさえ理解しておけば、
お金がなくても欲しいものを得る
事が可能なのです。

例えば欲しいものがあって
お金はないがものがある、

お店で徹底交渉すれば、
交換してもらえるかもしれません。

物が無くても何か
とっておきのアドバイスをすれば、
価値を感じてくれるかもしれません。

今でも十分に
交渉次第で物々交換も可能でしょう。

交渉なんてめんどくさい、
それならお金を貯めて買うよ

と言う人も多いと思いますが、

コミュニケーションと言うのは
本来面倒くさいものです。

それをきちっとやるのが華僑であり、

コミュニケーション力が高いから
お金持ちに認めてもらうことができ、

自分のお金を使わずに
ビジネスを始める事ができ、

成功して自分も
お金持ちになる事ができるのです。

つまり、

お金、仕事、時間、

すべての華僑流成功法則に欠かせないのが
コミュニケーション術なのです。

華僑資産家のお金の稼ぎ方、
お金の育て方、お金の生み出し方

そこの土台として「人」を
見ているという事、

この流れを大きくすれば
資産家となっていきます。

まず最初の一歩として

お金を使わずに
欲しいものを手に入れてみる。

一度物々交換でお金を使わずに
欲しいものを手に入れる
面白さを経験すると、

あなたの世界観ががらっと
変わるくらいの強いインパクトが
あるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>