なぜ華僑の多くはお金持ちになれるのか?富を引き寄せる方法


今回のテーマは、

なぜ華僑の多くはお金持ちに
なれるのか?富を引き寄せる方法

について紹介します。

ユダヤ人と聞けばお金持ちを
連想するように

華僑=お金持ち

と言う代名詞となっています。

なぜ華僑の多くはお金持ちに
なれるののでしょうか?

やはりそこには独特の考え方、
富を引き寄せる秘訣があるのです。

ただ、、実際には

華僑がみなすべてお金持ち
と言う訳ではありません。

そこまで裕福ではない
華僑はもちろんいるのですが、

ただ、やはり貧困に喘ぐ
華僑の姿はやはり想像尽きませんし、

実際に多くのお金を稼ぐ
華僑が多いのも事実です。

日本人とはやはり
お金に対する姿勢、文化が違います

ここでは、華僑が
お金持ちになれる理由

さらにお金持ちにならずとも、
お金に困らない理由を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ華僑ビジネスは成功するのか?

華僑流、富を引き寄せる方法
華僑ビジネスの成功の秘訣は

「先取りの気質

といえるでしょう。

リスクをとれる姿勢とでも
いえるかもしれません。

農耕民族であった日本人は

安全重視で安定重視の
手堅い作戦を好む傾向がありますが、

華僑は一気に刈り取る事を好みます。

だから何事も先手先手を
打つ準備を始めます。

株を例にとれば、

みなが注目して株価が上がる前に
先取りしておくのが華僑のやり方です。

一般にニュースになったり
トレンドになっている時期は
すでに遅いのです。

だからこそ上手く行く人は
先取りしているものです。

ビジネスでも
とにかく市場に出してみます。

特に世界を舞台をする華僑は
市場の洞察力に優れており、

特殊な情報ネットワークもあります。

発展性があると見れば、
常に先手を打っていきます。

日本でも最近になってようやく

「アジアはもう終わりだ、
次はアフリカだ」

と騒ぐようになりましたが、

華僑がアフリカに進出し始めたのは
10年以上の前の事と言います。

そして現在既に石油や
ダイヤモンドの採掘、

インフラ整備などにおいて
大きな影響力を発揮しています。

アジアの有望市場である新興国の

マレーシア、ベトナム、カンボジアなどでは

その影響力はさらに顕著で

現地の大企業のほとんどが
華僑が関わっていると言います。

お金に固執しないからお金持ちになれる

このようにスタートダッシュが
異常に早い華僑ですが、

ただ闇雲にリスクをとる
訳ではありません。

ただ危険な事でも先を見ず
チャレンジするだけなら

それはただのバカか、
ギャンブルということです。

計算されたリスクをとるから
富とお金を引き寄せる事ができるのです。

見込みを誤ったときや、

もうここに美味しい市場はないと
見限ったときの撤退スピード
恐ろしく早いです。

潔く損切りして
次のチャンスをつかみにいきます。

お金と言うのはただの紙切れです。

本質的には、
価値だったり、成長だったり、
知恵だったり、情報です。

お金の損失=失敗とは捉えていないので、

見切れば損を出していても
すぐに損切りをしてしまいます。

お金に執着していないからこそ
お金持ちになれるのでしょう。

そんな華僑たちは
今の日本の現状をどう見ているのでしょうか。

ある華僑成功者は
高度成長を見込んで日本に渡って来ましたが、

勢いを失った現在の日本は
華僑に取ってもう用済みでしょうか?

答えはノーです。

今彼らが注目するのは
日本の証券市場と言います。

金融の重要拠点のひとつとして
押さえておくべし

とまだまだ彼らは
日本にやってきていると言います。

華僑の徹底したお金の教育

華僑に貧困層がいない
もうひとつの理由に、

徹底したマネー教育があるでしょう。

富を引き寄せる術、
お金を引き寄せる方法を

幼少期から子孫代々継承しています。

日本ではお金の教育
子供のさせる事は珍しいですし、

むしろ汚いもの
隠してしまう事もあります。

華僑は子供のが幼いうちから
お金儲けの方法を教えます。

親が伝え話すだけではなく、

実際にお金儲けを体験させて
お金儲けの仕組みを理解させるのです。

例えば転売ビジネス、

これは実際に子供に教えるといいでしょう。

子供でもできる事ですし
ビジネス、商売の基本を学ぶ事ができ、

お金を実際に稼ぐ事もできます。

ステップ1.

ネットオークション際をと見せて
オークションの仕組みを教える

ステップ2.

子供が興味を持つおもちゃを探し、
その値段をノートに書き写させる

ステップ3.

フリーマーケットへ連れて行き、
同じおもちゃがオークション価格よりも
安く売っていたら買わせる

ステップ4.

ネットオークションに出品させる

ステップ5.

売れたら儲かる
自分で儲けたお金で欲しいものを買わせる

ただお小遣いを与えるよりも
この方法を教えた方が良いでしょう。

子供の頃からビジネスの
基礎を徹底しておけば

自然と大人になっても
仕事ができるようになり、

お金持ちになる可能性が上がります。

また為替の仕組みを教えるために、

中国元や米ドルでお年玉をあげて
為替レートをチェックさせるようにする

というのもいい方法ですね。

円安によって儲かる
円高によって損をする、

経済への知識も
自然と吸収するようになります。

さらに華僑の場合は
論語教育、古典の教育もマストなのだと、

皆一様に口が立ちます。

私の知人の華僑の
ビジネス仲間の青年は20代ですが、

ディベート好きの私も
彼には言い負かされてしまうほどです。

子供の頃からビジネスセンスを
磨き続けている華僑が

実際のビジネスに強いのは
当然の成り行きと言うものです。

実際にビジネスで成功して
お金持ちになる華僑は多いです。

華僑がお金持ちにならなくても裕福な理由

最後に、お金持ちでなくても
お金に困らない華僑の不思議があります。

それが彼らの特殊な
ネットワークです。

ここが華僑流の富の引き寄せる方法
として最も注目すべき点かもしれません。

仮に年収500万円前後の仲間のうち
から一人だけが大成功して

年収100億円になったとします。

もしあなたがその成功者ならば

100億儲けたと周囲に
吹聴するでしょうか。

バブル時代ならいざ知らず、

今の日本では俗にいう
ネオヒルズ族のように悪目立ちするのを恐れ、

また有象無象の人々が
お金に群がるのを嫌がり、

隠そうとするのが一般的でしょう。

対して華僑の成功者は
お金を持っている事を隠さないどころか、

親族はもちろん、
友人にも分け与えます。

誰かが一発成功したら、
仲間全員があやかれるのです。

なぜそんな大振る舞いをするかと言えば、

華僑にとっては、
お金よりも面子が大事だからです。

お金を分けた仲間たちが

「あの人のおかげで良い暮らしができるのだ」

と周囲に触れ回り、

成功者はますます尊敬されて
面子が立つと言う訳です。

華僑グループの中では
誰がお金を持っているか、

誰の後押しで成功したのか
などの情報が筒抜けですから、

成功者は後押ししてくれた
恩師にも当然お礼をしますし、

恩師の面子を立たせる意味でも
仲間にお金を分ける事は
避けられません。

逆にお金を隠せば
拝金主義者として

誰からも相手にされなくなり、

文字通りの一発屋で終わってしまいます。

だからお金持ちは常にお金を回し、

お金持ちでない仲間たちも
生活に困るような事はないのです。

「お金の引き寄せの法則」

などは一般的にはポジティブ思考で
夢を具体的に思い描けば叶う!

と言ったものを連想する人も多いでしょう。

確かにそれも大事ですが、
それ以上にしっかりお金を引き寄せる
具体的な戦略も必要です。

そして華僑成功者の考え方を
学ぶとそのあたりがしっかり
持っている事が理解できます。

以上のような理由から
華僑の多くはお金持ちになる
土壌があるのですが、

特殊なケースもありますが、

彼らを参考にして
真似できる部分もあります。

そう言った部分はぜひ吸収したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>