家族、妻、子供、友人を大切にするから華僑はリスクと戦える


成功にとって最も大切なのは?

努力、スキル、知識、お金、、

色々と必要なものはあるでしょう。

しかし華僑成功者が大切にするのは
常に「人」なのです。

「人間関係にフォーカスする」

これが彼らの秘訣なのです。

では、どうやって理想的な
人間関係を作るのでしょう?

世界中どこに行っても
グローバルに戦う彼らの仕事術、

その最大の秘訣は?…

家族、妻、子供を大切にするから
華僑はリスクと戦えると言います。

中国語に「後院失火」
言う言葉がありますが

これは、

家が火事だったら
外のとは戦えない、

と言った意味で用いられます。

生活の基盤となる土台があってこそ、
成功に進むことができるのです。

ローマ帝国や歴代中国王朝など
多くの栄えた文明も外敵によるのでなく
内部崩壊が衰退の原因と言います。

ある華僑成功者がこの言葉を引用して

「自分を支える家庭に火種があれば
火消しに追われてビジネスに集中できない。
だから家族との時間を大切にするように!」

と教えてくれました。

旦那さん、奥さん、子供との仲が良く
家庭が平和だからこそ、

外でのストレスや戦いに耐えられ、

家族とのコミュニケーションが
しっかりと取れていれば

リスクを伴うチャレンジも
応援してもらえるでしょう。

土台を強く持つ事が、
成功する上でも大切な事なのです。

スポンサーリンク

華僑が家族を大切にする理由

特に異郷の地で暮らす華僑にとって

本当に気を許せるのは
家族と友人だけです。

彼らからの応援なしに厳しい
ビジネスの世界で成果は掴めません。

本来支えてくれるはずの
家族まで敵に回せば

まさに孤立無援となります。

そんな華僑の事情も去るとこながら、

家庭不和のリスクは、我々
日本人も当然身にしみる所です。

様々な物理的、精神ストレッサーの中でも

家庭不和と言うのが
一番危険かもしれません。

ただ往々にして
日本人が仕事で上手く行く人ほど、
家族が崩壊する傾向もあります。

一番身近な家族を軽視してしまう
事がなぜか多々あるのです。

せっかく上手く行きかけた事業を
行っている人から、

「妻が足を引っ張る」
「子供が問題を起こした」

と言う話しは良く聞きます。

個人が受容できる
ストレス量には限りがありますから、

家に帰っても気が休まらないのでは、

ちょっとした外圧が致命傷となり、

ぽきっと折れてしまいかねません。

土台から固めるのが真の成功者の
やり方と言えるのです。

華僑流、家族が仲良くなる秘訣とは?


とはいえ、

以前であれば家庭を顧みず、

仕事に没頭するビジネスマンも
多かったですが、

確かに最近では、仕事も家庭も
大切にするビジネスパソーンが
多数派でしょう。

むしろ成功者の方が、

土台となる家族関係もしっかりと
しているケースがあります。

とは言え、気の良い優しいだけの
マイホームパパであれば、

家庭は円満になってもビジネスで
成功までは掴む事はできません。

ここで参考にしたいのは、

家族や妻、子供との「過ごし方」です。

日本人の多くは、

本当はゆっくり休みたい週末も、頑張って
子供をテーマパークに連れて行ったり、

キャンプやバーベキューをしたり、

どこか遊びにいく事で家族サービスになり、

家族の機嫌は良くなる…

と考えがちですが、

そこで「会話」がなければ、華僑的には
時間を取る意味がないと考えます。

家族が仲良くなり、
絆を深める最大のポイントは
コミュニケーションにあるのです。

なので家族を大切にする華僑は

遊びに連れて行く代わりに
もっぱら話しをします。

週に一回は家族ミーティングを行い、

子供と奥さんと学校での出来事や友人の事など
人しきりの話しをじっくりと聞きます。

特に子供の教育になる事は積極にします。

家でゴロゴロとビールを飲みながら
テレビで野球を見ている姿を見れば、

子供は大人とはそう言うものだ
と考えてしまうものです。

だからこそ積極的な
コミュニケーションが必要なのです。

何か問題が持ち上がったときも、
すぐに家族を集めて話し合います。

仕事が忙しい期間でも話しを
する時間くらいは取れるでしょう。

日頃から家族の状況や
信条を把握していれば、

あわてて火消しするような事態に
陥る事もないでしょう。

最強のリスクヘッジは
家族との絆かもしれません。

この土台があって始めて
世界で海外で、リスクと戦え

ビジネスを大きくして行けるのです。

近くの人を幸せにできるから


「近くの人(家族、友人、仕事仲間)を
幸せにできない人は

遠くの人(ビジネス相手やお客様)を
幸せにする事はできない」

これもある華僑成功者の教えです。

近くの人を大切にしろというのは、

気持ちの面だけではなく、

身近な所から時間の優先順位を
つけて行動しろと言う事です。

まず家族との時間、
次に友人との時間、
そしてその次に仕事仲間の時間、

これはよく考えれば
当たり前の事ですが、

なかなかできないのも事実です。

家族を大切にできない人が、
チームメンバーやお客さんを
大切にできるでしょうか?

社会貢献や世界平和…

など壮大なビジョンを唱える人もいますが、

身近な人を幸せにできないで
世界の人を救う事は不可能です。

日本企業に勤める華僑も

身近な事をきちんとできない者が
仕事で大きな成果を出せる訳がない

と考えます。

なので、友人との約束がある日は

他の社員たちが残業していても
全く気にする事なく定時退社します。

和を尊ぶ日本人の中で、
私事優先を貫けば批判されそうなものですが、
彼らは白い目で見られる事はありません。

それどころか周囲はみな、協力的と言います。

なぜならば、
時間も仕事も人間関係
しっかりコントロールしているからです。

定時に帰るならば、それまでに
仕事が終わるように計算して進め、

友人の次に身近な
仕事仲間も大切にするのです。

夕食は友人優先でも、

昼食は仕事仲間と一緒にとる

朝食は必ず家族ととる

などポイントを押さえてきちんと
コミュニケーションをするのです。

逆に言えば、

周りから白い目で見られると言う事は、

どこかがコントロールできていない証拠です。

華僑に言わせれば、
それは自業自得と言う事です。

家族、妻、子供を大切にするから
華僑はリスクに向かっていけるのです。

この辺りはぜひ参考にしたいですね。

ひとつずつ目の前の事を
大切に確実に取り組んで行く、

この積み重ねこそが成功への道なのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>