ダイエットと体型、体重維持の為の目標設定とコーチングの質問

ダイエットと体型、体重維持の為の目標設定とコーチングの質問
今回のテーマは、

ダイエットと体型、体重維持の
為の目標設定とコーチングの質問

について紹介します。

「10年前の理想の体重と、
今の理想の体重は同じですか?

それとも違いますか?」

これは私があるコーチから
受けた質問をヒントに舌質問です。

ちょっと太り気味だと
自覚していた私は、

気軽なノリでダイエット
コーチングを依頼しました。

そのとき「理想」なるものが、

いかに曖昧で移ろいやすい
ものかを痛感しました。

目標達成コーチングを紹介している
身としてはかっこ悪いですが、

告白しますと、

スポーツクラブに通っていた
20代後半の私の体重は、

60kg前後でした。

その後、肥満への危機感を抱き、

かつてないほど真剣に
ダイエットを考え始めた頃の
私の目標体重でもありました。

スポンサーリンク

ダイエットとコーチングと目標設定

この記事を書いている段階で、

後一歩及ばずの
62~62.5kgあたり、

もう少しで目標達成、

と言いたい所ですが、

60kgだった頃の私は、
あと2kgくらい絞り込みたくて
スポーツクラブに通っていたのです。

実際、部活に励んでいた
学生時代は、

57~58kgくらいでした。

年齢とともに体型が変わる事を、
ことさら気に病む事はないと思います。

そもそも運動力が違いますし、
基礎代謝も違うので、

理想にとらわれすぎる
必要もないでしょうが、

若い頃に持ったいたはずの基準が、

知らず知らずのうちに
瓦解して行く事だけは、

なんとか避けるべきです。

ダイエットと体型、体重維持の為の質問

理想の体型、体重維持の為の
目標設定をするためにここで質問です。

「10年前のあなたが、今、

乗っている体重計の針を見たら
開口一番に何と言いますか?」

私だったら「ヤバい!」
と言うと思います。

あるいは数字が信じられず

「この体重計、壊れて
いるんじゃないの」

と言うかもしれません。

だけど実際の私は、

「うん、まずまず順調にきているぞ」

とダイエット作戦の
進捗に自己満足している訳です。

本音の所では、

アスリート時代を基準にして
頑張ろうとなんて思っていません。

この位を維持できれば良いや、
という気もしています。

ダイエットコーチングのテクニック

ただ注意が必要なのが、

このくらいというラインに
強い基準がないと、

メタボオヤジ化の
まのサイクルにハマります。

あなたの周りにもそう言う人が
いるかもしれませんし、

あなた自身もそうかもしれません。

ここで質問です。

「最終的に何kgを
維持する事を決断しますか?」

ここでコーチングの
テクニックを説明しておきましょう。

今回の質問は、

何kgになる事が目標?

ではなく、維持する事に
焦点を当てているのがポイントです。

ダイエットの失敗は

その体重を減らすのを
目標にする事にあります。

そうすると、達成した時点で
目標がなくなってしまいます。

後はリバウンドあるのみです。

始めから体重や体型を
維持し続ける事を想定して、

燃え尽きないように行動する、

そのための目標設定をする

これがダイエットの長い戦いを
勝ち抜く為の鉄則なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>