忙しい仕事人間の為の健康維持と病気予防の為のコーチング


今回のテーマは、

忙しい仕事人間の為の健康維持
と病気予防の為のコーチング

について紹介します。

さてこれから健康に関する
コーチングの質問をして
行きたいと思います。

まず以下の質問に答えてください。

職種によれば労働環境は
過酷なものです。

例えば出版業界など
不規則な生活が当たり前の世界です。

夜食に深酒、徹夜の連続…

私も若い頃は
こうして働いていました。

しかし忙しい仕事人間ほど
健康維持が重要になります。

私の知り合いに出版業界で
長年働く編集者がいて、

いつも疲労感を漂わせている
人がいました。

思わず

「疲れていますか?」

と聞くと、決まって

「いいや、大丈夫だよ」

の繰り返しでした。

話し方や態度は快活で、
パワーがみなぎっていた印象を
与えていたのも事実です。

スポンサーリンク

病気予防の為のコーチング

そんな彼との仕事の
付き合いが途絶えて、

数年ぶりに会った時、

彼が別人のように痩せている
事に驚きました。

「痩せましたねえ」

と芸のない問いかけをすると、

「実は病気をしちゃって・・」

との事です。

その後、めでたく復活した彼は、
以前よりずっと血行が良く、

何かの追われているような
切迫した雰囲気も消え、

和める雰囲気を醸し出していました。

病気という事に直面して始めて
健康のありがたみに気づいたようです。

健康を失う前に
忙しい仕事人間であるほど

病気予防を大切にしなければ行けません。

ここでコーチングの質問を
しっかり答えて欲しいと思います。

忙しい仕事人間のコーチング

先ほどの編集者は、

「なんか癒し系の
オヤジって感じですよ」

と、からかい半分で言うと、

「そうだね。昔は自分が
癒されてい事にも気づかず
走っていたんだよな」

と、大真面目な顔で答えたのが
強烈に記憶に残っています。

誰しも老いを避けられない…

私もその時から健康を
意識するようになりました。

これまで大病をした事がない、
体力には自信がある。

そんなふうに自負するパワフルな
仕事人間は、

私の周りにもたくさんいます。

もしかしたらあなたも
そう自負しているのかもしれません。

私自身、新生児のとき以外
入院はした事もなく、

病院の検査で指摘されるような
悪いデータもありません。

そう言う意味ではいたって健康、

のように見えます。

いえ、そう思い込んでいました。

健康維持と病気予防の為の質問

しかし、それはもしかすると
幻想なのかもしれません。

「病気」「病気ではない」「健康」

というのは違いがあるのです。

以下の質問に答えてください。

「もしも病気になるとしたら、
どんな症状が”一番リアル”に
予想できますか?」

自分は健康だと思っている人こそ、

この質問に真剣に考えてください。

「リアルに」という事がポイントです。

この質問が答えにくければ、
以下の質問に目を移してみても構いません。

「普段身体から出ている
注意信号から、もしかしたら?…
と思う箇所はありませんか。

ちょっと疲れたとき、
真っ先にダメージ受ける
部分はどこでしょうか?」

年を重ねるほど健康維持が大切

私は学生の頃、良く当たると
評判の占い師

「40代になったら目の病気に
気をつけなさい。

いたわる事を忘れないように」

と言われました。

当時はさほど気にせず、
むしろ否定的な考えを持っていたのですが、

なぜか年を重ねるにつれ
その事が頭から離れなくなりました。

私は40歳を超えてから、

朝起きた時に目がかすんでいたりすると、
仕事に無理がないか確認します。

そんな時は、だいたい
どこかにゆがみがある事に気づきます。

そしてしっかりとした
健康ルーティーンを行い、

身体を調整するようにします。

病気は予防できるのが一番

つまり私にとって身体の不調が
一番に現れるのが目という事、

注意信号として大事な
役割を果たしてくれているのです。

先ほどの編集者は、

過労に起因する網膜剥離を
患うまで、

無理をしているとは感じて
いなかったそうです。

大病した事がないから
健康だというのは、

今まで大地震がないから
安全という理屈と同じく、

ただ単にマグマの動きを
知らないだけなのかもしれません。

そもそも絶対の保証付きの
健康というのは、

期待するのが何より
非現実ではないでしょうか。

忙しい仕事人間を自覚するほど
健康維持と病気予防の為

今回の質問にもしっかり答えてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>