温泉に浸かる温熱療法と免疫力アップ、アンチエイジングの効果


今回のテーマは、

温泉に浸かる温熱療法と免疫力
アップ、アンチエイジングの効果

について紹介します。

お風呂に入って、のびのびと
手足を伸ばしながら、

「ああ、極楽、極楽♪」

など、真面目な国民性の日本人が、

世界有数の長寿国になった
秘密の一つは、

こうした

毎日お風呂に入って体を温め、
ストレスを癒す習慣にある
のかもしれません。

また日本人にとって、

リラックスや休養と言って
まず思い浮かぶものの筆頭は、

温泉ではないでしょうか。

身体を清潔にする為だけなら、
シャワーを浴びれば良い事です。

しかし温泉で湯船に浸かる事には、
大きな効果があります。

そのひとつは身体を温める事に
よる免疫力アップ効果です。

高熱が長く続く病気にかかると、

癌が縮小する事は
昔から知られています。

そこから、癌治療の為の
温熱療法が開発されました。

今では健康保険の対象
にもなっています。

スポンサーリンク

温熱療法の免疫力アップ効果

例えば、

がん細胞を叩くと言われる
ナチュラルキラー細胞は、

体内温度が37度以上
(脇の下検温では36.5度以上)

で活発に働き、35度台の
低体温になると非常に弱まります。

同時にがん細胞が勢いづくので、
35度は「ガン体温」と
呼ばれるほどです。

体を温めると血管が広がり、
血流が増え流れも速くなるので、

このようにして体温を上げると、

熱ショックタンパク質が
体内で産出され、

免疫機能が上がります。

実際、風邪を引いた時に
熱が出るのは、

身体の防御反応のひとつです。

体温を上げる事で
身体を守ろうとしているのです。

体が自らの温度を上げることで、

白血球内のリンパ球を活性化させ、
ウイルスを増殖させないように
抑え込んでいるのです。

ですから風邪で発熱した時も、
解熱剤で熱を抑えず、

水分をとってゆっくり寝て
おく方がいいのです。

さらに体温が上がれば
汗をかきますから、

不要なものが身体の外に
排出されいます。

デトックス効果も高まり
これもアンチエイジングに
つながります。

血管が拡張する事で、

血管内皮細胞の働きも
活発になると考えられます。

温泉に浸かるアンチエイジング効果

医学の祖とも言われる
ヒポクラテスさんは

「薬で治らなければ手術で治せる、
手術で治らなければ熱によって治せる。

熱で治せなければ、
それは不治の病だろう」

という言葉を残しており、

熱による健康への効果は
古い時代から知られたものでした。

温泉に浸かることで、

体温を高めに保つと免疫力が活性化し、
万病を遠ざけることができるのです。

また、温泉の成分にある
ミネラルや放射性物質の
効果にも注目すべきです。

それも、皮膚に作用する
だけではありません。

温泉から立ち上がるガス成分、

特に硫化水素(硫黄
のような匂いの源)は、

微量に吸うのであれば、

様々な病気の予防効果が
期待できます。

温泉に浸かる事の温熱療法の
効果の他に温泉の水自体に、

免疫力アップ、アンチエイジング
の効果がある訳です。

また温泉のある場所は、
景勝地が多い訳ですから、

旅行をする事自体が
気分転換になります。

仲間や家族と温泉地に旅すれば、
楽しく絆もできますし、

心と体の栄養補給、そして
アンチエイジングにもなるのです。

温泉はストレス解消に抜群

つまり温泉に旅行をすれば、

いつもより多く歩くでしょうから
ウォーキングの運動をしている
のに近い状態になりますし、

温泉の近くの森や山に
足を伸ばしてみるのも良いでしょう。

まさにアンチエイジングに
一石二鳥の効果が期待できます。

実際、有名な温泉地には
山の中にあるものも
少なくありませんから、

休養にはうってつけです。

キレイな空気を吸い、
小鳥のさえずりを聞きながら
温泉に浸かる

温熱療法以上に、これほど
ストレスと無縁なシチュエーションは
そうはないでしょう。

友人たちと一緒に
温泉で語り合えば、

ストレス解消効果はさらに
高まるはずです。

また一人で行けば、ゆっくりと
考え事ができるというよさもあります。

また温泉まで行かないでも、
家でゆっくりお風呂に浸かるのは、

心と体の緊張を取り除き、
「いい気分に」気軽に浸れる
本当に素晴らしいものです。

温泉に浸かる際の注意点

ただ、温泉にしても
家のお風呂にしても、

入浴時には気をつけて欲しい
事もあります。

というのも、風呂場では
転倒事故が多いからです。

また、全国の温泉地での
緊急入院の数も、

年間1万近くにものぼる
というのも怖い数字です。

風呂場の床は濡れている為に
滑りやすくなっています。

歳をとってバランス維持能力が
低下してしまった人は、

ちょっと滑っただけでも
転びやすいのです。

冬場には浴室を暖めて
おく事も重要です。

お湯と浴室の温度差が激しいと
血管系の異常に繋がり、

心臓や脳血管の障害を
引き起こす危険性があります。

同じように、お風呂から
上がった後、急に寒い部屋に行けば、

温度差で血圧が急上昇して
脳血管障害のリスクが高まります。

また温泉地で倒れる人の
多くは団体旅行客という事実も、
しっかり覚えておきましょう。

1泊の慌ただしいスケジュールの中、
夜はみんなで盛り上がり、

お酒も料理もつい進む、

さらにせっかく来たのだから、と
お酒を飲んだ後もなんども入浴してしまう、

アルコールが入っている状態での
入浴はさらに血管が拡張し
血圧が下がりやすくなっている上、

判断力や感覚も鈍って
転倒の危険も加わるので、

いくら仲間との温泉地への旅が

アンチエイジングの素晴らしい
アクティビティだとは言え、

浮かれすぎないように、

以上、温泉に浸かる事の
温熱療法による

免疫力アップ、アンチエイジングの
効果を発揮させながら、

滑りやすい床や温度差には
注意しながら、

入浴を楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>