老化防止の為のお酒の適切な飲み方、ウコン、セサミンの摂取法

老化防止の為のお酒の適切な飲み方、ウコン、セサミンの摂取法
今回のテーマは、

老化防止の為のお酒の適切な
飲み方、ウコン、セサミンの摂取法

について紹介します。

心身の健康を考える時、

欲との付き合い方は重要です。

欲望を抑えて我慢しすぎると
ストレスが溜まります。

しかし欲望を制限せず
全開にすると災いにもなります。

さて、アンチエイジングと
お酒の関係性ですが、

毎日の晩酌を励みに
仕事を頑張っている人は
多いのではないでしょうか。

実際に、お酒はタバコと違い、

絶対に禁止すべきもの
ではありません。

飲む過ぎにさえ注意すれば、

むしろ老化防止にもなる
効果を得る事もできます。

なぜなら、

ワインや日本酒などのお酒には
抗酸化作用があるからです。

1993年に
アメリカ保健科学協議会が
発表したデータでは、

まったくお酒を飲まない人や
飲み過ぎる人よりも、

適量を飲む人の方が
死亡率が低いと言う
結果が出ました。

これは、お酒好きな人は
まさに朗報でしょう。

スポンサーリンク

老化防止の為のお酒の適切な飲み方

適量のお酒が寿命の
長さに繋がるのは、

適量のアルコールを摂る事で、

善玉コレステロールが
増加するからでしょう。

善玉コレステロールには、

血管に溜ったコレステロールを
肝臓に運び、

処理する働きがあります。

ですから、

動脈硬化や血栓ができるのを防ぎ、
心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

お酒を飲めば血管が
拡張しますから、

血管の循環が良くなって

身体の隅々まで血液が
行き渡るとも言われています。

こうした効果から老化防止の
効果があるのがお酒の力です。

が、問題なのはむしろ、

その場の雰囲気に流され、

羽目を外し過ぎて、

過度の飲酒に走ったり、
酒のつまみに食べ過ぎたり

することです。

お酒の適切な飲み方、量や種類

お酒には確かに血液循環の
改善効果などメリットがあります。

ですが、過度のアルコール摂取が
身体にとても悪い事
なのは間違いありません。

アルコールは体内に入ると、

アセトアルデヒド

という有害物質になります。

普通は、酵素がアセトアルデヒドを
無害な酢酸に変化させ、

水と炭酸ガスに変えます。

しかし、摂取アルコールが多いと

酵素の働きが追いつかずに、
アセトアルデヒドが毒を持ったまま
肝臓に残ってしまうのです。

やがて肝臓に栄養が行き渡らず、
肝硬変を発症することもあり、

その事が大量の
フリーラジカルを発生させ、

身体の内部から老化が始まります。

加えて、肝炎、脂肪肝、肝臓がん

などの重病を引き起こす
トリガーにもなりうるのです。

沈黙の臓器と言われるよう
肝臓は最後まで弱音を吐かずに働くので、

症状が出る頃には手遅れ、、
という結果にもなりかねません。

適量なら老化防止になりますが、
度を超せば老化を加速させるという事です。

老化防止の為のお酒の適切な量とは?

適切なアルコールの量は、

一日20~30グラム
と言われています。

アルコール量は、お酒の
種類によって変わるので、

表示されているアルコール度数に
お酒の量と0.8をかける事で
計算できます。

(アルコール1ミリリットルの
重さは0.8グラムなのでその比重)

例えば、

アルコール度数5%のビールを
中ジョッキ(500cc)一杯飲むと、

500×0.05×0.8=20グラム

となり、ちょうど
いい量となります。

ワインならグラス二杯、
ウイスキーはダブル一杯、
焼酎ならグラス一杯

が適量の目安と言えるでしょう。

この量を、一日おきに飲むのが
最も身体に良い飲み方です。

また、最近ではビールよりも
糖質やカロリーを抑えた
発泡酒も人気がありますが、

添加物には注意が必要です。

あるいは、抗酸化作用が
非常に強い赤ワインを
選択すると良いでしょう。

私のお勧めは、赤ワインを
グラスに2杯、一日おきに
飲む事です。

そして寝酒の習慣はやめましょう。

アルコールは大脳の神経細胞の
活動を鎮めて眠りやすくなる反面、

夜中に何度もトイレに起きるなど、

睡眠の質を下げてしまいます。

お酒と一緒にウコン、セサミンの摂取法

また、お酒を飲む際の
強い味方として、

近年、注目されているのが
ウコンやセサミンどの栄養素です。

ドリンク剤も販売されており、
お酒を飲む前に服用すれば、

二日酔いになりにくいと
言われています。

ただ、こうしたウコンの
使い方は、

私自身はちょっと怪しい
と感じています。

気休めくらいには
なるかもしれませんが、

という効果だと思います。

なぜなら、

ウコンの効き目
とアルコールの分解には

タイムラグがあるからです。

アルコールは、体内で
分解されるまで4、5時間、

その一方で、食べ物の成分が

腸で吸収されるには
三日間ほどかかるのです。

もちろんウコンは効果が高いですが、

巷のドリンク剤を飲む前に
摂取する程度では、

効果は期待できないでしょう。

老化防止の為のウコン、セサミンの摂取法

つまりアルコールを体内で
分解する作業が行われている時には、

飲む前に摂ったウコンは
まだ吸収されていないのです。

むしろウコンの効果が
発揮されているのは、

その三日後に飲んだお酒
かも知れません。

もちろん、ウコンには肝臓
から出るアルコール分解酵素の
働きを助けるという効果があり、

かつ抗酸化物質でもあります。

老化防止効果はあります。

が、これも飲み過ぎれば
副作用も報告されているので、
注意も必要です。

また、ゴマに含まれるセサミンも

肝臓の働きを助けると
言われています。

もし、ウコンやセサミンで
アルコールが肝臓に与える影響を
最小限に抑えようとするなら、

その事をいつも意識し、
常用するようにして、

肝臓をアルコールに強い
体質にしておく事がお勧めです。

老化防止の為のお酒の摂取法

お酒を飲む前に集中的よりむしろ、
ゴマを日頃から料理に使い、

セサミンの恩恵を習慣的に
受けるのが理想の摂取法です。

「今日は職場の飲み会だから」

といきなりウコンやセサミンを摂っても、
あまり効果的だとは言えません。

これに限らず、お酒を飲む
時に大事なのは、

普段からの全体的な心がけです。

「ウコンがあれば大丈夫」

という事ではなく、

お酒を飲みながら
食べ過ぎないようにしたり、

逆に食べ過ぎて肝臓にダメージを
与えてしまわないようにしたり、

と言った事です。

江戸時代の健康ノウハウを
語った貝原益軒の「養生訓」には、

「夜食をする人は、日が暮れた後
早く食べなさい。

酒や食事が消化されてから、
寝るようにする。

だから深夜に食べてはいけない。

夜に酒を飲んではいけない。

飲むなら早いうちに少量に。」

と教えています。

お酒はおいしいですし、
酔えばいい気持ちになり、

リラックスできるという
効果もあります。

だから「飲むな」とも「酔うな」
とも言いません。

私自身ワインの愛好家です。

とは言え、何事も
バランスが重要です。

飲む時間やタイミング
飲む種類や工夫を忘れず、

適量にとどめとて置く必要がありますし、

もし飲み過ぎてしまったら
「休肝日」を作りましょう。

これが老化防止の為の
お酒の適切な飲み方、摂取法です。

お酒も工夫をしてアンチエイジングの
敵ではなく味方につけるべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>