肌の老化の元、フリーラジカルを生み出す日光、紫外線の防ぎ方

肌の老化の元、フリーラジカルを生み出す日光、紫外線の防ぎ方
今回のテーマは、

肌の老化の元、フリーラジカルを
生み出す日光、紫外線の防ぎ方

について紹介します。

人間の体の中で、

外見的に最も老化を感じ
やすい所はどこでしょうか?

そう聞かれたら、

やはり多くの人は「顔」と
答えるのではないでしょうか。

常に肌を露出する場所ですし、
一番目立つ場所でもあり、

その人のアイデンティティを
映し出す場所でもあり、

日頃の意識の差が最も
顕著に現れる場所でもあります。

年を重ねるごとに増えて行く
シワ、たるみやシミも
気になる所です。

女性であれば特に、

一生ツルツルすべすべの美肌で
ありたいと願っている事でしょう。

また、男性であっても
肌の老化を防ぐ事は大切です。

外面の老化と内面の老化は
比例している訳ですから。

こうした顔の老化現象に関しては、

まず「美白」を
意識してください。

そのためには肌の老化の元となる
元凶の対策が必要になってきます。

スポンサーリンク

日光、肌の老化の元、フリーラジカル

皮膚を老化させる要因は、

およそ80%が紫外線
だと考えられています。

シミ、シワ、たるみも、

紫外線によるダメージが
重なって生じるのです。

日焼けをして肌を黒くなるのは、

紫外線から皮膚を守る為に
身体が出したメラニンが
原因です。

日焼けというのは

「ダメージを受けた証拠」

とも言えるのです。

紫外線には、

身体に必要なビタミンDを
作り出す作用もあり、

メリットも確かにありますが、

皮膚に当たるとフリーラジカルを
生み出してしまいます。

この紫外線から生まれた
フリーラジカルには、

コラーゲンやヒアルロン酸を
破壊する作用もあり、

デメリットも大きいのです。

コラーゲンやヒアルロン酸は
美肌を作るサプリメントなど
聞いた事がある人も多いでしょうが、

外から取り入れるだけでなく、

日光、紫外線からに被害の
防ぎ方を対策として

取り入れなければ行けません。

フリーラジカルを生み出す紫外線

コラーゲンは皮膚のハリを
保つタンパク質です。

ヒアルロン酸は肌の
みずみずしさに繋がります。

そうした物質が、

紫外線が原因で破壊される…

これが肌の老化に
繋がるのです。

また、多くの人が悩んでいる

抜け毛、薄毛、白髪や

高齢者に多い白内障などの
目の病気にも、

紫外線は大きく関わっています。

さらに紫外線は、
肌や目だけでなく、

身体のあらゆる細胞を
酸化させるので、

免疫力も低下してしまいます。

もちろん日光は地球に、
生命に必要なものですが、

何事もバランスを崩せば
被害を及ぼすものです。

夏はアンチエイジングしにくい季節

「夏は一番用心して保養するべきだ。

暑いからといって、生の冷たいもの
を食べると下痢をしやすい。

熱のある下痢も恐ろしい。

一度病気をすると体がひどく
まいって元気が減ってしまう。

残暑の時は特に気をつけねばならぬ。」

これは江戸時代の健康指南として
有名な貝原益軒の「養生訓」
の言葉なのですが、

紫外線の影響だけでなく
色々な意味で現代社会でも、

夏場というのは、

健康やアンチエイジングのために
気をつける時期かもしれません。

夏は外は炎天下でも屋内はどこに
いってもエアコンが効いていて、

内外の温度差が20度くらいあります。

そういう大きな温度差のある
状況で出入りを繰り返すと、

体内は酵素が消耗し、体温の調整を
司る自律神経が崩れ、

しかも、ビールやジュース、
スイカやアイスなど、

冷たい飲み物食べ物ばかり
口にするようになれば、

胃腸を弱ってしまいます。

加えて外は紫外線が厳しい
日光が燦々と降り注ぎます。

夏に体調を崩したり、
悪習慣を続けてしまうと、

秋になって更に疲れや
体調不良に見舞われ、

季節の変化に対応できず、

様々な病気や肌トラブル、
老化も進む可能性もあります。

肌の老化の元、紫外線の防ぎ方

とはいえ何度も言うように、

日光というのは敵ではありません。

避けるべき忌むべき対象では
ないのです。

全ての健康に通じる真理…
ようはバランスなのです。

紫外線はビタミンDを
作ってくれますが、

その為に必要な紫外線は、

日常生活の中で自然に
浴びる日光だけで十分でしょう。

或は朝日や夕日など優しい
日光を浴びる事は恩恵があります。

むしろ気にすべきなのは、

紫外線を浴びすぎてしまう
ことなのです。

紫外線の強い時期は、

帽子や日傘を使って、
直射日光を長時間浴びる
事は避けましょう。

地面からの照り返しも
考慮して、

男性、女性ともに
日焼け止めを塗る事も
オススメします。

目もサングラスで
ガードしましょう。

肌に日焼け止めを塗っても
目から入る紫外線だけで
日焼けは起こるとも言います。

紫外線の強いのは
7月と8月ですが、

春の4月から6月、
秋の9月の日差しにも

注意が必要です。

夏は色々な面で対策が
大変な季節かもしれませんが、

この時期の手入れの差が、

これからの「若さ」を
作り出すわけですから、

しっかりと対策していきましょう。

肌の老化の元、
フリーラジカルを生み出す

強い日光、紫外線の防ぎ方を
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>