中国語で貴人(メンター)と出会う、古典を華僑が重視する理由


今回のテーマは、

中国語で貴人(メンター)と出会う、
古典を華僑が重視する理由

について紹介します。

成功者は人との出会いを重視します。

成功は人からもたらさせる
ということを熟知しているからです。

欧米でも日本でも、
人とのつながりを重視する
成功者は多いですが、

ここで、華僑は貴人(メンター)
古典を重視するそうですが、

この理由はなんでしょう。

中国語で「貴人」というのは
いわゆるメンターのことです。

グイレンと読み、

自分を輝かせてくれる
貴い人と言う意味があります。

メンターと言うのは
引っ張ってくれる存在です。

ビジネスのみならず人生そのものを

自分の力だけでは
到達できない高みへと導いてくれる、

その人との出会いが
人生のターニングポイントになる。

そう言う人が貴人です。

三国志と言う物語の中でも、

蜀の劉備玄徳は

当代随一の知恵者
孔明の知恵を借りるために
三顧の礼で迎えた話しなど有名です。

それほど出会いを重視するのです。

スポンサーリンク

華僑はいつまでも貴人との出会いを待つ

人脈の横のつながりは
もちろん大切ですし、

世界中にネットワークを
広げることは重要です。

そんな中でも、

華僑にとって師匠に出会える事は
非常に幸運な事で、

貴人を見つけるのは

ビジネス上の重要人物を
見つけるよりもずっと難しいものです。

職業や地位や資産といった
表面的なプロフィールからは
判断できないものですから、

華僑や中国人は四柱推命などで、

まず「いつ貴人と出会えるか」

を占うと言います。

ビジネスの成功も人生の幸せも貴人しだい、

だから金運占いや恋愛占いは
後回しだそうです。

さらにビジネスはスピード主義
つら抜く華僑も、

運命の出会いは長く待って
いられるのも華僑らしい所ですね。

そして貴人に出会うまで
師匠は古典を読む事と言います。

そこにもやはり悠久の
時の流れを感じます。

他人から学ぶべきポイントとは?

メンターと出会うことが
最大のレバレッジであり、
リターンの大きい行為ですが、

やはり簡単には出会えません。

宝くじに当たるよりも
もしかしたら困難かもしれないのです。

メンターは何かの分野に
突出した人間です。

だからこそ、数は少ないですし、
向こうも弟子を選ぶ物です。

その眼力も誰よりも鋭い物です。

だから一生かけてメンター
との出会いに投資する訳です。

そんな華僑ですが、

貴人との出会いをひたすら待つ
のみかと言えばそうではなく、

常に周囲の人々の良い所だけを見て
真似て自分の成長を促すそうです。

ここで

「良い所」だけと言うのがポイントです。

ここで他人から学ぶ上で
華僑が重視するポイントは二つで、

・他人から得るべきは良い所だけ

・良い所を見出す相手は興味のない人から

良い所だけを真似しようと言うのは
理解できると思います。

誰にでもひとつやふたつは
長所があるのだから誰でも良いのではないか、

と思ってしまうものですが、

いやむしろ、敬愛する人物から
学ぶ方が良いのでは、

と普通は考えると思います。

でも実は「良い所だけ」に
フォーカスする場合には

好感や興味が邪魔になるのです。

なぜなら好きな人の関しては

その人の悪い所も無意識に
受け入れてしまうからです。

その人丸ごとの魅力に
良い面も悪い面も包み込むため、

冷静に観察して優れた部分だけを
摘出する事が難しくなります。

だから「興味のない人」でなければいけないのです。

「みんなと仲良くしよう」
和を持って尊しとなす

と言われて育った日本人は

誰とでもなるべく
仲良くしなければと思い込んで、

好きになるために
相手の良い所を見つけようとします。

それは華僑に言わせればある意味修行で、

なぜそこまでして
好きにならなければいけないのか。

良い所だけを真似た方が得なのに

と合理主義的な一面を覗かせます。

古典を学ぶメリット

メンターを見つけよう、
その人から良い影響を受けて
人間力を磨こう

と言う意識は日本でも
高まりつつありますが、

出会いがない、
尊敬できる人が身近にいない、

と嘆いている人も少なくないです。

こう言った場合どうするか?

いまだ貴人に出会えていないのであれば、

出会うまでの時間を無駄にせず、
興味のない人の良い所取りをして

自分のレベルをあげておき、
来るべきチャンスに備えましょう。

むしろ自分の事を磨かずに
メンターが欲しいと言う

他人本意の考えでは絶対に上手く生きません。

彼らはその辺りを確実に見抜きます。

メンターにとっても
あなたのつき合うメリットが必要です。

だからこそ、自分磨き
常に忘れない事が一番重要です。

またメンターになり得る人と言うのは、

それなりの人生経験を積んでいる人、
年配者である可能性は高いので、

彼らと話しをついていけるように
勉強する事も大切です。

華僑の場合、最低限として
孔子や孫氏など古典の教え
学んでいなければ相手にされないと言います。

日本人でも年配の経営者は
流行のビジネス論よりも
古典的ビジネス論を好みます。

私の知り合いの経営者は
古典的名著を毎日

手書で書き写す写経の
ような事をしているそうです。

何百冊の新しい本を読むより、

一冊の古典を深くマスターする
方が遥かにリターンが大きい
とのこと、

確かにその通りです。

先の見えない時代だからこそ、

不易流行の不易としての古典

迷い迷って結局古典に戻るのです。

「古くさい、難しそう」と敬遠せず、

古典や古典的ビジネス論にも
目を向ける事をお勧めします。

こうして牙を研いでおくのです。

そうすれば、今後訪れるであろう
様々な出会いから、

貴人となる人を直感的に見極め、

鋭い牙でがっちりと
チャンスをつかむ事ができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>