発酵食品の抗酸化作用は老化防止、抵抗力・免疫力増強に有益

発酵食品の抗酸化作用は老化防止、抵抗力・免疫力増強に有益
今回のテーマは、

発酵食品の抗酸化作用は老化
防止、抵抗力・免疫力増強に有益

について紹介します。

「健康で元気で毎日いたい」
「髪や肌を美しくしたい」
「いつまでも綺麗でありたい」

など、健康、美容、長寿に
気を使うことは素晴らしいことですが、

多くの人が効果な化粧品や
サプリメントに目を向けがちです。

それよりも大切なのは、

自分の腸に注目すること、

腸内環境が悪ければ、

どれだけ効果なサプリメントを
飲んでも有効成分は、

全く体内に吸収されません。

そしてここで、

どれだけ高額で話題の
サプリメントよりも、

効果が高く簡単に取れるものがあります。

それが発酵食品です。

酵母や細菌などの
微生物の作用で、

お酒、醤油、あるいは
味噌などの発酵食品から、

ビタミンや天然の抗生物質まで、

数多くの有益なものが
作られています。

昔から、食べ物を腐らせずに
保存する方法として、

発酵という現象が用いられました。

くさや、納豆、または
チーズと言った独特の
匂いを放つものから、

醤油、味噌、お酢、鰹節
などのうまみ成分を出すもの
まであります。

発酵食品は、保存が
効く事からも分かるように、

強い抗酸化作用を持っています。

また、この発酵を生じさせる
微生物によって、

老化を防いで健康に役立ち、
抵抗力・免疫力増強にも有益を
もたらしてくれるのです。

さらにビタミン、ミネラル、
アミノ酸と言った栄養成分が
作り出されています。

スポンサーリンク

納豆の抗酸化作用は老化防止

まずは日本の代表的な発酵食品
納豆の有益性ですが、

納豆菌のケースでは、

大豆から納豆ができますが、
納豆菌の働きで、

高血圧や血栓などの予防を
する酵素も作られているのです。

他にも発酵している
糠味噌1グラムの中に

乳酸菌が8億から10億も
生息していると言います。

このような発酵食品に
使われる菌は、

自分以外の菌を破壊しようとする
遺伝子を持っていると言われています。

すると他の菌は、

自分たちを守る為に
アミノ酸やビタミンなどの
栄養素を作ったり、

免疫力を高めたりします。

ある菌が攻撃し、
他の菌は防御しようとする、
抵抗力も身に付きます。

その過程でたくさんの
栄養素が生まれ、

栄養価が高い食べ物になる。

その状態を発酵というのです。

ヨーグルト抵抗力・免疫力増強に有益

ヨーグルトも、

乳酸菌による発酵でできた食べ物です。

ヨーグルトが注目された
きっかけは、

長寿者が多いコーカサス地方で
よく食べられている事からです。

もともと牛乳は良質な
タンパク質が豊富ですが、

発酵する事によって
消化吸収が良くなっています。

タンパク質だけでなく
ビタミンB2も豊富で、

これは糖質や脂質など
多くの栄養素の代謝に
欠かせないものです。

牛乳由来なので、
カルシウムも含まれています。

発酵中の乳酸菌は、
葉酸も生成してくれます。

葉酸はビタミンの一種で、

特に妊婦に必要な栄養素です。

アミノ酸の代謝を良くしたり
赤血球を作る作用があります。

さらに、良く知られているよう、
体内に入った乳酸菌は
腸内環境を改善し、

腸に住み着く事で、
体全体の免疫力を高める
善玉菌を増やしてもくれます。

副交感神経が上がり、
細胞の抹消の循環も良くなります。

するとウイルスや細菌に
抵抗する力が強くなるのです。

ただヨーグルトに関しては、
乳製品が人によって合う合わない
はあります。

ヨーグルトを食べてお腹が張る
といった症状は腸の環境が変わったためで、
異常とは言えないでしょうが、

それが続くのであれば、
「自分には合わない」と
判断する賢さも必要でしょう。

発酵食品が多い老化防止大国日本

考えてみれば、

日本にはたくさんの
発酵食品があります。

納豆に、漬け物、味噌、
醤油、鰹節、

それにくさや、熟れ鮨
と言った食べ物もあります。

和食という文化を持つ日本は、

同時に発酵食品の宝庫でも
あります。

それは「抗酸化食品大国」
「老化防止大国」とも言えます。

だからこそ世界一の
長寿国なのかもしれません。

また世界中に発酵食品はありますから、

現代のグローバルな時代においては、

様々な発酵食を組み合わせれば
美味しさのバリエーションが
増えるだけでなく、

体内や腸に関する有用性も
広がっていくでしょう。

以前タレントのみのもんたさんは
テレビで健康の秘訣として、

「毎朝、キムチ納豆を食べる事」

を挙げていましたが、

キムチとも納豆も発酵食品です。

そこにカラシなどスパイス
加えれば、

抗酸化力抜群で、かつ
おいしい食べ物が出来上がります。

発酵食品の抗酸化作用は
老化防止、抵抗力・免疫力増強に
有益なのです。

肉を食べる場合も発酵食品やキムチを

肉を食べる場合も、こうした
発酵食品と組み合わせる事で、

悪い油を体内から
消す効果が期待できます。

しかもそれは、

わざわざ工夫したり意識
したりしなくても可能な事です。

例えば、私は、焼肉店に
言った時はキムチもたっぷり
注文するようにしています。

焼き肉と一緒にキムチを食べるのは、
韓国ではごく普通の事です。

白菜のキムチだけでなく、

きゅうりや大根のキムチなど
バリエーションも豊富なのが
嬉しいところですね。

つまり

「肉を食べるなら抗酸化力の
高いキムチも一緒に」

という文化が、自然と
育まれてきたのです。

発酵食品としてのキムチの有益性も
もちろん素晴らしいです。

その抗酸化作用は老化防止、
抵抗力・免疫力増強に有益です。

肉と一緒に何を食べるか?

これは洋の東西を問わず、

古来から考えられてきた
食文化の知恵の一つなのです。

これはステーキなどの
肉料理とともに赤ワインが
共されるフランス料理にも
共通するものです。

老化防止に有益な食べ方

またステーキは、

人参やホウレンソウと言った
色のついた野菜が付け合わせの定番です。

これも野菜の色素成分が抗酸化力
を持つ事は以前も紹介しました。

レストランなどでは
ローストビーフとともに、

クレソンが添えられることがありますが、

これもクレソンの毒消し作用を
狙った昔ながらの知恵なのです。

植物は紫外線によって
酸化するのを防ぐ為に、

色素を身につけているのです。

これで肉のデメリットを
うまく補ってくれます。

ここも「肉+抗酸化食品」

という組み合わせが自然に
成り立っています。

もちろんこうした組み合わせを
意識して食事すればなお良いです。

さらに発酵食品を加えれば最高です。

外食ではあまり肉と発酵食品の
組み合わせは少ないかもしれませんが、

自宅で食べるときは
積極的に組み合わせましょう。

とは言え、冷蔵庫のない時代の
人類の保存食の知恵であった、

発酵食品がいくら日持ちのする
食べ物でも、

腐りかけギリギリでは効果も
薄れてしまいます。

発酵食品なら、十分に
発酵したものをフレッシュな
ウチに食べましょう。

これが老化予防のため
抵抗力・免疫力増強に有益な
最高の食べ方と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>