EPAやDHAが豊富な魚の脂肪や栄養素は効果的なブレインフード


今回のテーマは、

EPAやDHAが豊富な魚の脂肪や
栄養素は効果的なブレインフード

について紹介します。

前回紹介したように、

油には良い油と悪い油があり

体の健康や若さのためだけでなく、

心の健康のためにも、

脳の細胞膜の材料となる
良い油を取らなければなりません。

その代表的な種類として、

血液中の血小板を
固まりにくくして、

動脈硬化を防ぐ物質
EPA(エイコサペンタエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)は、

魚の脂肪分として知られています。

特に、イワシ、さんま、サバ
と言った青魚、

マグロの頭やブリのカマに
豊富に含まれています。

こうしたEPAやDHAは、

脳を構成する成分でもある
事が分かっています。

EPAやDHAを投与された
マウスに迷路を走らせてみると、

投与されていないマウスよりも
早くゴールすると言う
データもあるそうです。

つまりEPAやDHAは
脳の活性化成分であり、

それを含む魚はブレインフード
とも言えるでしょう。

EPAやDHAが豊富な魚の脂肪

ちなみにエパデール
(イコサペント酸エチル)という、

高血小板と脂質代謝改善作用を
併せ持つ薬ですが、

魚からとれたEPAで
作られています。

そのため、カプセルを
開けると非常に生臭いです

サンマやサバを焼いたとき
大量の煙が出るのは、

それだけ脂肪、つまり
EPAやDHAが豊富だからです。

ですからブレインフードとして

魚を食べるなら青魚が良い
というのは基本だと言えます。

血液をサラサラにする
効果があるので、

動脈硬化や血栓のリスクが減る、

というのは大きな特徴ですが、

記憶力そのものが良くなる
という効果も、

色々な動物実験より実証されています。

日々私たちが食べる食べ物が
私たちの精神状態に関わる

ということはあまり
知られていませんが、

密接な関わりがあり、

中でも脂肪は大きく関わっています

そして中でも青魚というのは、
脳の健康を守る栄養素が
たくさん含まれているのです。

抗酸化力も豊富な魚の栄養素

しかし、だからといって

「それ以外がダメ」

ということではありません。

「青魚の脂肪が身体に良い」

と言うと

「それ以外の魚に脂肪は身体に悪い」

という事とイコールではないのです。

「マグロならトロより赤身、
ハマチの脂肪は脂っこすぎてNG」

という訳ではないのです。

それぞれの魚の脂肪や栄養素には
それぞれ効果にメリットがあります。

どんな魚であっても、

新鮮な魚に含まれる脂肪は
良質なものだと言えるでしょう。

そこには量の豊富さ、
少ないという違いがあっても、

EPAやDHAが豊富に含まれているのです。

活性酸素の害を減らす
抗酸化栄養素という点では、

鮭やイクラに含まれる
アスタキサンチン

非常に注目を集めています。

心の病気と魚の栄養素の意外な関係

魚ばブレインフードである、

という点はこんな根拠もあります。

例えば、

ADHD(注意欠陥、多動性障害)
という症状が知られていますが、

子供達に多い疾患としてだけでなく、
大人でも患っている人が増えている、

現代病のひとつですが、

症状の特徴としては、

落ち着きがなく、
じっとしていられず、

注意力が持続しないという
点が挙げられますが、

この病気の患者の血液を分析すると、

EPAやDHAの濃度が非常に
低いことがわかったそうで、

さらに濃度が低いほど
症状が重いことが

ある研究機関によって
明らかになりました。

つまり魚の脂が不足すれば
それだけ脳に異常が起こる
ということです。

またDHAやEPAが
多く含まれている魚類を

積極的に摂取している国ほど
うつ病が少ないという統計もあります。

DHAは、脳の細胞膜の中でも
情報を伝達する場所にある、

シナプスに特に多く存在し、

DHAが不足すれば、

細胞膜に埋まっているセロトニンの
受容体が減少するため

と考えられていますが、

さらにDHAやEPAを
継続的に摂取していると、

ノルアドレナリンが減少し、
ストレスによりイライラが
軽減させる効果もわかっています。

現代のストレス過多社会において、

DHA EPAはそれを乗り切るため
非常に大切な栄養素なのです。

どんな魚も効果的なブレインフード

魚が食材として優れている理由は、

脂肪だけではありません。

日本人は3000年もの間、

魚や大豆を主なタンパク質源
として摂取してきたのですから、

日本人はこうした食材を
うまく代謝するのに、

適した遺伝を持っているとも
考えられています。

もちろん、太っている人は
カロリーが気になるでしょう。

しかし、良い油として

「できるだけたくさんEPAやDHAが
豊富な魚、ブレインフードを食べよう」

という意識を持ち、

好きな魚をどんどん食べていいのです。

魚によってはビタミンや
アスタキサンチンなど

抗酸化栄養素も豊富ですし、

タンパク質、アミノ酸
バランスが良いのが特徴です。

老化予防や健康のために
魚はお勧めなのです。

また魚の栄養素に関しては、

天然物が良くても
養殖はダメという事もありません。

例えばウナギは、

養殖に使われる餌に良い
栄養素がたくさん入っています。

天然のものよりビタミンE
豊富だとも言えます。

ただ、注意しなければ行けないのは、

養殖物には抗生物質が含まれている
事もあるという事です。

それでも、そのような形で
養殖が行われているかが
ハッキリしているのであれば、

養殖の魚を忌み嫌う必要もないです。

ブレインフードである魚を食べ
脳の老化や健康を守って行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>