抗酸化力を高める方法、酸化の害を食い止める酵素の働き役割

抗酸化力を高める方法、酸化の害を食い止める酵素の働き役割
今回のテーマは、

抗酸化力を高める方法、酸化の
害を食い止める酵素の働き役割

について紹介します。

ここまで、軽い運動に
よって抗酸化力を高める方法

について紹介してきました。

では、なぜ抗酸化力を高めれば、

老化や病気を避けられるのかを、
改めてここで紹介したいと思います。

身体の成長に必要な
ホルモンや酵素などの

分泌量が減る事以外に、

老化の原因となっているものが
身体の「酸化」である事は、

以前も紹介しました。

使用済みの天ぷら油を放って
おくと不快な匂いがしますし、

緑茶を入れてそのままにしておくと
緑色が次第に茶色に変化してきます。

これらにはすべて、
酸化が関係してきます。

人体でも同じです。

呼吸によって取り入れた
酸素は杯を通って血液に入り、

各細胞に運ばれるのですが、

そのうち2%が活性酸素に変わります。

もちろん活性酸素も最近や有害物質を
退治する大事にな役割もしますが、

増えすぎると私たちの
体も攻撃するようになるのです。

スポンサーリンク

酸化の害を食い止めるのが大切

活性酸素が病気の
90パーセントに関わる、

とも言われているのですが、

いわば毒をもって毒を制す、

防御と攻撃のどちらの役割も担い、

この酸化が、私たちの
体の中でも起こっているのです。

身体の内部が酵素に触れるのは、

私たちが呼吸によって
酸素を取り入れているからです。

呼吸のたびに、

酸化をしていると言っても
いいでしょう。

このように、私たちの
体内では日々、

フリーラジカルや活性酸素が発生し、
細胞を攻撃しています。

その攻撃による酸化反応で、

老化が早まったり、
病気が引き起こされるのですが、

それらの現象を食い止める
システムもまた体内に
備わっています。

それを、

抗酸化ネットワークと呼びます。

例えば、

活性酸素の害を防ぐために、

人間の体にもともとも備わる、

スーパー・オキシド・ディスムターゼ
(SOD)という抗酸化酵素がありますが、

これが体内で増えすぎてしまった
活性酸素を弱体化してくれます。

抗酸化力を高める方法

しかしSODもその能力以上に
活性酸素が増えてしまえば、

活性酸素を弱体化できません。

さらに弱体化した活性化酸素も、
体内の銅や鉄と結合すると、

猛毒化したりして、
SODでは手に負えなくなります。

だからこそ、あらゆる場面を想定し、

それ以外にも体の中には、

さまざまな「抗酸化物質」
が備わっています。

そしてそれを補うために、
食べ物でも補給が可能なのです。

ちなみに抗酸化物質とは、

「抗酸化酵素」と
「酵素以外の抗酸化物質」

に分けられます。

そして、この抗酸化物質が
多いほど抗酸化力が強くなり、

フリーラジカルや活性酸素を
素早く消去して、

酸化反応を止めることができるのです。

この抗酸化力を強めるのに
有効な方法として、

今まで紹介したのが、

身体に適度なストレス
かける運動でした。

そしてこれからは
栄養素について紹介します。

前回はアスタキサンチン
紹介しましたが、

他にもいくつか代表的な
抗酸化物質を紹介して行きます。

酵素(こうそ)の働き役割

活性酸素は紫外線、大気汚染、
喫煙、食品添加物など、

環境因子でも増加しますが、

激しい運動や血流の変化、
逆に運動不足や偏った動き、

ストレス、怒り、不安、恐怖
など精神状態、

暴飲暴食など日常生活でも
どんどん増えていきます。

また体内で出る抗酸化酵素である
SODは年齢とともに減少していき、

40歳をすぎると急激にその
能力が衰えることがわかっています。

だからしっかりと外部からの
補給を心がけなければなりません。

そこでまず、
抗酸化酵素について話す前に、

酵素(こうそ)がどんな役割、
働きをしているかを紹介します。

酵素というのは、

人の身体の各細胞で作られます。

おもにタンパク質でできている
化合物で、

体内に3000種類以上もあり、

体の中で起こる化学反応を
速める働きをしています。

酵素のにはそれぞれ働きや
役割がありますが、

しかし、ほとんどの場合、

一種類の酵素は一種類の
化学反応しか助けられません。

例えば、

口の中の唾液には
アミラーゼという酵素が
含まれていますが、

これは、食べ物が含む
糖分を分解する化学反応だけを
加速させる酵素です。

酸化の害を食い止める酵素の働き

また酵素は、食べ物にも
含まれているのですが、

身体の外から摂取しても
吸収ができません。

食べ物は、胃や小腸で

「脂質」「糖質」「タンパク質」

などの栄養素に分解され、
小腸で吸収されます。

その後血液の中に溶け込み、
全身の各細胞に運ばれて行きます。

この過程で、外から
摂取した酵素のほとんどは
破壊されてしまい。

その能力を失ってしまうのです。

ただし例外はあります。

食べ物の消化や栄養素の
吸収を助ける消化酵素の中には、

破壊される前に、その能力を
発揮するものがあります。

唾液に含まれるアミラーゼも
その消化酵素のひとつです。

だからこそ食物酵素は
酸化の害を食い止める
間接的な働き、役割はあります。

そして、抗酸化酵素は
身体の外からしか補給できず、

老化とともに各細胞で作られる
酵素の量も減って行きます。

ですから、この抗酸化酵素
を増やす為に、

適度な運動が必要なのです。

そして、たくさんの種類の
抗酸化物質を外から補給する必要があります。

なぜなら、

活性酸素は発生場所によって、

細胞内、細胞外、細胞膜

で性質が変わります。

脂溶性だったり、水溶性だったり、

それぞれ特徴があるのです。

だから抗酸化物質もそれぞれの
性質に合ったものを取る必要があります。

一種類の抗酸化物質では、
活性酸素を退治できないのです。

次回から栄養素を中心にした
活性酸素の対処法を解説していきます。

これから老化、病気を防ぐため

抗酸化力を高める方法を
実践して行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>