華僑の”仕事の失敗”に関する考え方、失敗を経験するメリット


華僑の仕事の失敗に関する考え方は
興味深いものがあります。

彼らは失敗の経験を
メリットとして捉えます。

そもそも華僑は金銭的な損失
イコール失敗とは考えないのです。

その背景には、
ミスがミスではない文化があります。

発明王のエジソンさんは

「失敗なんて存在しない。

上手くいかない方法を
700通り見つけただけだ。」

と言う名言を残しましたが、

華僑流に表現すれば、

仕事の失敗は以下のような
考え方になるでしょう。

「上手くいかなかったとしても
失うのはお金だけ。

勇気を失わなければ失敗ではない」

と言った所でしょうか。

失敗を落ち込んでしまい
悔いてしまいがちな日本人は

彼らの態度から学ぶことが
たくさんあります。

スポンサーリンク

華僑の持つ不屈の商魂の考え方

お金儲けに長けた
仕事のスキルの高い華僑でも、

誰もやった事のない仕事や
実証データの乏しいビジネスの挑戦は、

もちろんハイリスクなのです。

100%成功できる人などいません。

しかし一般の日本人と
考え方が違う点が、

華僑は機動力に優れている点です。

彼らは「判断の遅れが致命傷になる」と
考えれば、まず動きます。

そして失敗したとしても

「失敗する方法論」を手に入れて
次に利用するのです。

動かなければ何も起こりません。

こう考えれば、失敗という経験は
次の利益の為のメリットとなります。

この考え方が、彼らに
不屈の商魂のたくましさを与えています。

こう言った仕事の考え方ができるのは、

世界中をも回しても、
華僑のメンタリティが飛び抜けて
いると言えるでしょう。

「失敗は成功のもと」の考え方

「失敗は成功のもと」という
言葉は日本にももちろんありますし、

世界中にある考え方でしょう。

しかしここで言いたいのは、

失敗を経験として次ぎに活かす。

それはただのモチベーションレベルで
完結させるのはもったいないと言う事です。

失敗がものすごく大きければ、
次ぎに活かせたとしても所詮は
マイナスです。

もちろん失敗にめげずに
チャレンジを果敢にするのは大切ですが、

この考え方はもっと
テクニカルに活かすべきなのです。

失敗しても気持ちを切り替えて
次に進もうという考えは大切です。

そういった精神論も大切ですが、

それよりも大切なのは

失敗の経験を具体的に
次ぎに活かす方法を考える事です。

つまり失敗体験を
商品として「儲け、利益」に
直接つなげるということ、

そうすれば、失敗が大きいほど
プラスに転じるのです。

この法則は、

私たち日本人の仕事でも
十分に応用する事が可能です。

こうして始めて失敗の経験が
本当のメリットになります。

つまり、失敗しても
マイナスからプラスに持っていくための
設計図をあらかじめ書けば良いのです。

失敗をメリットに転換させる方法

例えばです。

あなたが業界初の
新規事業をまかされて、

手を尽くしたものの失敗してしまった、、

とします。

恐らく会社員であるあなたは
失敗の原因を追及されるでしょう。

しかし華僑の考え方を
身につけたこの場合、

そこで弁解をしてはいけません。

さも当然のように、

失敗によって得られた
メリットを堂々とアピールするのです。

「私はこのプロジェクトの失敗で、
我が社のコスト軽減に貢献しました。

前人未到の仕事は
やってみなければ分かりません。

長時間の会議を何度重ねても、
絶対に成功する確証など得られません。

だから私はまずやってみました。

私がやってみなければ、
チームメンバーは未だに
堂々巡りの議論を交わしているでしょう。

早く結果が分かった事で、
時間的コストも人的コストも
削減する事ができたのです。

確かに数字としての結果はマイナスですが、

やってみたことで、

上手くいかなかった理由と、
上手くいかないやり方を発見できました。

これを社内で共有すれば、
ますます大きなコストカットにつながり、

更なる利益が期待できるでしょう。」

こう言ってしまえば良いのです。

そして先陣を切る勇気を
評価しない会社であれば、

独立を考えた方が
自分のためになるかも知れません。

会社の利益にもなりますし、
自分自身の為にもなります。

大きな失敗を避け小さなリスクを取れ

ベンチャーが育ちにくい
風土と言われる日本ですが、

失敗を受け入れる勇気ある若者が
近年では増えており、

イノベーション、
起業家精神を持った人が、

失敗をしながらものびのびと
力を発揮できる企業が増えています。

一方で、安定志向を望み、
長期的に沈み行く船にしがみ続ける
企業もまだまだありますし、

失敗を活かせず

さらにとりつかしのない大きな
失敗を繰り返す、

旧態からなかなか
抜け出せずに苦しむ大企業も
数多く存在します。

やはり日本人は失敗に対する
免疫力が弱い傾向にあります。

大きなチャレンジをする前は
小さなチャレンジを繰り返して
小さな痛みをたくさん経験すれば良いのです。

子育てでも、子供に小さな
失敗を多く体験させて、

本当の危険を学ばせるのは大切です。

階段の2段目から飛び降りても
少し痛いだけだけども、

5段目から飛び降りると
足をくじいたり怪我をしてします。

こうして徐々に学んでいくのです。

痛みを伴う失敗体験がなければ、
いきなり最上段から飛んで命を落として
しまいます。

だからこそ失敗から学ぶ

というのは人としてごく
自然な行為なのです。

華僑の教訓「致命傷だけは負うな」

しかし命を落とすような
危機を迎えては行けません。

それは失敗ではなく「間違い」です。

華僑の仕事に対する考え方も

「致命傷だけは負うな」

が合い言葉のようです。

致命傷を負わないために、

まず「小さなチャレンジを繰り返し」
ならしていく、

そして死なない程度の失敗をしながら
身を以て危険を学んでいく、

これを繰り返すうちに、

仕事、ビジネスに対する免疫力が上がり、

瞬時に危険を回避する判断力が磨かれ

大きなチャレンジに耐えうる
丈夫な心と勇気が備わっていくのです。

私が起業をしたときに
師匠から口酸っぱく言われたのも、

「小さな失敗を数多くしなさい、
大きな失敗は避けなさい」

と言うものでした、

サラリーマン当初
独立し起業したいと

あるビジネスモデルで

開業資金を貯め
一気に勝負に出ようと

師匠に相談した所、

「まず、会社を辞めないで
副業として始めなさい。

そして小さな広告費を使って
テストをしてみなさい」

と言われました。

一気にチャレンジしたかったのですが、

師匠の言葉に従いました。

今思い返せばこの決断は
本当に正しかったと思います。

いきなり会社を辞めて
ビジネスが失敗したら

路頭に迷うかもしれません。

会社を辞めれば時間ができる
と思っていましたが、

実際時間があれば
だらだらと無意味な事をやってしまいます。

そしてビジネスに使うお金も
一気に使わずに少しずつ使う事で

リターンやリスクも見えてきます。

慎重に見えるかもしれませんが、

失敗を数多くする経験は
自分の仕事のスキルを確実に
伸ばしてくれるのです。

失敗を恐れてチャレンジしない人は
意気地のない臆病者ですが、

大きな失敗をして立ち直れない人も
愚かな馬鹿者と言う事ですね。

失敗を成功に転換させる
設計図をあらかじめ書いておく、

華僑の”仕事の失敗”に関する
考え方、失敗を経験するメリット

華僑の仕事に対する考え方は
非常に参考になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>