筋力トレーニングと成長ホルモンの老化予防のメリットとやり方

筋力トレーニングと成長ホルモンの老化予防のメリットとやり方
今回のテーマは、

筋力トレーニングと成長ホルモン
の老化予防のメリットとやり方

について紹介します。

真のアンチエイジングを
目指す上で、

体力と気力の充実は欠かせません。

つまり肉体と脳のどちらも
健康にならなくてはいけないのです。

そこで鍵となるのはなんでしょう?

前回まで紹介したように

成長ホルモンには老化予防に
素晴らしいメリットがあるのですが、

それではなぜ、

運動によって成長ホルモンが
盛んになるのでしょうか?

その仕組み、メカニズムを
簡単に説明します。

運動をすると、

筋肉繊維が目に見えない
ほどのレベルで傷つきます。

それを修復しようとして

脳が「成長ホルモンを増やそう」
という指令を出します。

そして、脳にその指令を
出させているのが、

疲労物質として有名な

筋肉を動かす時に
発生する乳酸です。

だから筋肉をわざと
傷つける意味でも

適切なやり方で
筋力トレーニングをすると、

脳が成長ホルモンを出そうとします。

スポンサーリンク

筋力トレーニングと成長ホルモン

また、筋肉を作る為には、
成長ホルモン以外にも、

男性ホルモンなど他の
ホルモンも影響しますが、

どれも年齢を重ねるほど
減ってしまいます。

つまり筋肉は歳をとれば
とるほどくつきにくくなるのです。

高齢者が病気や怪我など
が原因で寝たきりになった途端、

以前と比べて気力が
衰えたという話は、

あなたも身の回りでも
よく聞くのではないでしょうか。

心と体の充実のために、

常に体を動かし、
脳を動かし刺激を与える

というのは何より重要です。

だから老化予防の為に
運動のメリットは計り知れませんが、

ダイエットに関しても同じです。

加齢によって筋肉が
つきにくくなるからこそ、

食べたものが脂肪になりやすく、

だから中年太りが
多くなるという訳です。

正しいやり方で筋肉を増やすメリット

こうして太ってしまった、
脂肪が増えてしまった、、

多くの人がダイエットとして
食事の量を減らそうとしてしまいます。

確かに食事の量を減らせば、
一時的に体重は減るでしょう。

しかし過度なダイエットのストレスで
リバウンドしてしまったり、

活性酸素が増えて老化が進んだり、

間違ったダイエットをすれば
弊害も多くなります。

しかし食事の力を無理して
減らさなくても、

筋力トレーニングなどの
運動をする事によって、

中年太りも抑制できますし、
運動をして筋肉を付ければ
長期的に必ず脂肪も減って行きます。

また病気や老化の予防にもなり
メリットばかりのやり方なのです

また、運動は脳にもいい影響を
与えます。

大脳辺縁系にある短期記憶を司る
海馬という部分の細胞を

運動が増やすことがわかっています。

マウスの実験で色々な
運動器具を設置した場所で

思いっきり運動をさせたところ、
海馬の神経が増えたのです。

運動によって大脳の運動野
という部分が刺激されると、

その奥にある海馬の細胞が
増えるのです。

筋力はスポーツの為だけに非ず

とはいえ、もちろん
運動が体にいいことは
頭で分かっていたとしても、

いざとなると腰が
重たくなるものです。

「今日は仕事で疲れているから、」

「明日は大事なプレゼンがあるし」

「休みの日くらい
ゴロゴロしていたい」

「育児で手が離せないし」

「まずはこのテレビを見てから」

「外は寒いからなあ」

…などやらない言い訳は
いくらでも浮かんでくるものです。

しかしそんな時に思い出してください。

運動には計り知れないメリットがあり、

あなたの若さをキープする
最高のアクティビティとなります。

そこで、あなたが体を
動かさずにはいられなくなるよう、

運動、筋力トレーニングを
する事で得られるメリットを
さらに紹介して行きましょう。

筋力の知られざるメリット

成長ホルモンというのは、
思春期であれば体を成長させますが、

大人になれば体の働きを
うまく調整する役割に変わります。

ここで注目したいのが

筋肉の「臓器」としての働きです。

筋肉と言えば一般的に、

手足を動かしたり、
関節と関節をつないだり、
飛んだり跳ねたり、

そういった動きの為に必要な
運動期と考えている
人が多いでしょう。

トレーニングをして 
筋肉を付けるほど、

運動神経が良くなって
スポーツが上手くなる…

など、、

「でも私はスポーツはやらないし」

という人にとって、

運動神経が上がる事には
メリットは感じられないものです。

しかし筋肉は、

細胞そのものとして
素晴らしい役割を果たしている

という事が最近の
研究で明らかになっています。

筋力トレーニングで病気も防げる

筋肉そのものに、

心身の健康や、病気、老化の予防、

日々の生活を充実させ
元気に過ごす為の

役割がある事が
明らかになっています。

例えば筋肉は、

血糖の処理工場と言われています。

インシュリンの働きによって

血中の糖は、筋肉細胞の
中に取り込まれて

エネルギーに代わります。

筋肉細胞は、糖を
次々にエネルギーに
変えて行くので、

十分な筋肉があれば、
糖尿病になりにくいという事、

さらに万病のきっかけになる
動脈硬化を防ぐ事にも
なります。

もちろん、成長ホルモンは
寝ている間に分泌されますから、

睡眠不足になると成長ホルモン
が十分に分泌されません。

しっかりとした質の高い
睡眠をとるためにも、

しっかりと運動をするのです。

トレーニングは成長ホルモンの分泌
以外にも多くのメリットがあります。

ちなみに、中性脂肪も
筋肉細胞に取り込まれると、
エネルギーに変わります。

ですから、メタボの対処は
脂質異常症の薬を飲むより、

まず適切なやり方で
筋力トレーニングをして

筋力を付けた方が、

生活習慣病の進行を食い止め
老化予防も実現するということ、

ぜひ、運動や筋力トレーニングを
日々の習慣に加えて欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>