詐欺に遭わない為の華僑流の表情の読み方、素の本音の見抜き方


最近ではオレオレ詐欺など

日本人は詐欺に騙されやすい
お人好しの民族とも言われます。

性善説というかお人好しというか…

人の表情を見て本音を見抜こう
などは普段はあまり思わないものです。

しかし、異国の地で生活し、働き、
豊かになることに長けた民族、

華僑はやはりこのあたりの考え方も独特です。

決して詐欺に遭わないための華僑流の
人の見極め方表情の読み方とは
どんなものでしょうか?

「中国人は世界中で一番騙されにくい。
なぜなら中国人は人の目を見ないからだ」

これは確かな事だと、
華僑の人も中国人も言います。

詐欺に遭わないためにも
有利なビジネスを行うためにも

相手の表情を読む事は重要ですが、

ここで華僑の言う、
目を見ないから騙されないとは
どういうことでしょうか?



「目は作れるから
目で嘘をつく事もできる」

だから目を見なければ騙される事もない

と言うのが彼らの主張です。

目を見る事を重視する日本人は目で嘘をつく

日本人の間では

「目を見ると嘘を
ついているかどうかが分かる」

説と言うのがスタンダードです。

「目は口ほどのものを言う」
「目は心の鏡」

とも言われます。

つまり、「目は作れない」が
前提となっている訳ですが、

彼ら華僑の説とは真逆です。

どちらが真実なのでしょうか。

「目を見て正直に話しなさい」

あなたも親や教師から
言われた事もあるでしょう。

私も何度言われた事でしょう。

素の本音の見抜き方として
目をじっと見ると言う方法があります。

「目を見ろ」と言われるのは、

何か悪い事をしてごまかそう
としているときです。

隠し事がなければ、親や教師の目を
直視する事ができるはずだから、

本当に悪い事をしていないなら
しっかりと目を見て話しなさい。

嘘をついているのなら
目を見て正直に白状しなさい

と言う事ですね。

華僑流の表情の読み方は口を見る

ところが実は「目を見ろ」
と言われて育ってきた日本人こそ、

目で嘘をつく事が上手なのです。

男性は嘘をつくとき目をそらし
女性は嘘をつくとき目を凝視する

などと言いますが、

目を見て反省しているフリをしないと
説教が終わらないので

「反省している目」

を作って演じることに慣れているのです。

子供の頃から回を重ね、

目で演じる事に上達していくのです。

この辺りをわきまえた
詐欺師などは逆に目をじっと見て

自分の目の表情を一切崩さないと言います。

だからこそ、

「目で判断するな」

との華僑の教えを受けて
私も目を信用しなくなりました。

詐欺師から身を守る…

というケースはほとんどありませんが、

仕事の交渉などでは、相手の素の本音を
探る為にある表情に注目する事で、

妙な取引に引っかかる
という事はなくなりました。

相手のことを知りたければココを見る

では相手は心を読みたいときに
どこを見て判断すれば良いのでしょうか?

この答えは

「口を見ろ、口は作る事ができない」

と言う事だそうです。

これについては
私も半信半疑だったのですが、

目よりも動く口の方が、表情を作るのが
簡単だと思っていたからです。

しかしある華僑成功者から解説を良く聞き、

色々な人の口を観察した結果、
納得がいきました。

口は目よりも良く動く分
コントロールしづらく、

その人の感情が無意識に現れて
しまうのです。

例えば取引先に嫌みを言われた時、

表情を崩すまいと目は笑ったまま
保っていても口がぴくっと動く、

例えば、上司にしかられている人は、

反省しているフリをしても
「この上司は馬鹿だ」との
本心が口の端の笑いに現れる

他にも考え事をしている人は、

難しい顔をしていても、実は何も
考えていなければ口が開いている。

など、口から読み取れるのです。

特に日本人は目を見て話す事が習慣に
なっているので口に関しては無防備です。

もちろん口の表情を作るのが
上手い人もいます。

しかし意識して作る口は意識している
間しか保つ事ができません。

いわゆる作り笑い、
口角を上げて笑顔を作ったり、

女の子が可愛く見えるように
アヒル口を作ったりしますが、

そう長持ちするものではありませんね。

長時間一緒にいると、
相手の素の表情が必ず現れます。

本当に効率的な表情の読み方とは?


子供の頃から「口を読め」
と教わっている華僑や中国人は

口を見るだけで相手の性格を見抜きます。

また異国の地で身を守るために
常にウィンウィンの取引を目指す彼らは、

独自の詐欺的な手法に騙されない
知恵を培ってきました。

私の知人の中国人の青年は
口を見る目は完璧で、

初対面の相手でも

「あの人はこう言う性格」

と100%言い当てます。

まるで占い師のようで恐ろしいですね。

「目を見ろ」と言われて育った私は
まだまだその域に達していませんが、

言葉と本心のとの矛盾は
見抜けるようになりました。

日本人も意識して訓練すれば

ある程度は口を読む能力を
身につける事が可能なのです。

ただし、闇雲の多くの人の口を観察
すれば良いと言うものではありません。

効率が悪いだけです。

口に表れる感情表現
人それぞれですから、

口を読みたい相手にターゲットを絞り、
まずはその人の口の癖を知る事が重要です。

むっとしたときは口を尖らせる、
笑うときは大口を開けるなど

素の状態での表現パターンを知っていれば

相手が何かを意図して
口を作ったときにすぐ見抜く事ができます。

本音の見抜き方として
恋愛などに応用してみてください。

さらに上級テクニックとして、

本音を出しやすい状況を
作るというのも効果的です。

うまく表情の読むために
相手の素の状態を知るには

まず相手のガードを
下げ
なければなりませんね。

こうした前提を踏まえた上で、

次回からそうした相手のガードを
下げる最強の方法を教えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>