老化とアンチエイジングのカギを握るホルモンバランスの役割


今回のテーマは、

老化とアンチエイジングのカギを
握るホルモンバランスの役割

について紹介します。

さてこれから元気でパワフルな
ボディを作っていく為に、

前回まで元気を奪う要因として
活性酸素、フリーラジカルの
弊害を紹介してきましたが、

今回からもうひとつの要因、

ホルモンバランスについて
紹介していきましょう。

「階段を上りきるだけで息切れする…」
「最近シミが増えてきた、、」
「歩いてつまずく事が多くなった」
「なんだかよく寝ても疲れが取れない」
「新しいことに挑戦する気が無くなってきた、、」

何ど思い当たる節はありませんか?

いわゆる老化を感じる瞬間ですが、

身体の老化というのは
一般的に40代頃から始まります。

40歳を超えてくると、
全身の代謝が急激に低下するのです。

見た目で言うと、

皮膚が縮み、肌の弾力が失われ、
シミができやすくなります。

吹き出物も治りにくくなります。

身体の内部でも、筋肉や
関節の弾力が失われ
運動能力が下がり、

五感を支えていた器官の
機能も低下します。

その結果、バランスを失って
転倒しやすくなったり、

目の焦点が合わなく
なったりします。

心も柔軟性を失っていき、

それに記憶力も衰えます。

スポンサーリンク

体内のホルモンバランスの役割

こう言った加齢に伴う身体の変化
に大きく関連しているのが、

ホルモンです。

老化とアンチエイジングのカギを
握るホルモンバランスなのです。

ホルモンというのは、

体内で分泌され、
血液によって全身を巡り、

身体の各器官や内臓の働きを
調整する物質の事です。

興奮した時に出ている
アドレナリンや、

血糖値を下げる働き
のあるインシュリン、

プロゲステロンやエストロゲン、
テストステロンなど、

男性ホルモン、女性ホルモン
などがこれに当たり、

種類によって役割が違います。

体内には、数十種類の
ホルモンが存在していて、

各自に持ち場役割があり、
身体に必要な働きをしています。

しかし、いくつかのホルモンは
年齢とともに分泌量が減少し
ホルモンバランスが崩れてしまいます。

老化とアンチエイジングと成長ホルモン

歳をとると身体を動かすのが
辛くなるのは、

主に筋肉量の低下が原因ですが、

そこには成長ホルモンの
減少が大きく関わっています。

成長ホルモンというのは

筋肉や骨を作るなど、
肉体が成長するのを助ける
働きをする物質です。

一番分泌されるのは
成長期の子供時代で、

この時期はフル稼働しています。

骨の代謝を活発にして身長を伸ばし、

しっかりとした丈夫な筋肉を
作り上げます。

若い事は、成長ホルモンが
たくさん出るから筋肉ができて、

筋肉ができればさらに
成長ホルモンが出て…

というように良い循環ができています。

子供にとっては成長の
ために大切なホルモンも、

大人になれば不要…な訳ではなく、

体を維持するために使われます。

つまり老化を予防し、
アンチエイジングを実現するにも、

成長ホルモンの分泌
非常に重要なカギを握っています。

それぞれホルモンバランスの役割

しかし、成長ホルモンの分泌は、

16歳前後をピークにして、

そこから徐々に減少していきます。

40歳になると、20歳の時の
およそ40%しか分泌
されなくなります。

そうして筋肉が衰え、
身体を動かしにくくなって
しまうのです。

歳をとると運動をする機会が
どんどん少なくなって
筋肉量が減る事も、

成長ホルモンの分泌を
減らす一因となっています。

もちろん睡眠不足や
不摂生な生活も関わります。

また、皮膚に関係する
役割を持つのが、

女性ホルモンです。

女性ホルモンは、女性らしい
丸みを帯びた身体を作ったり、

妊娠や出産の時に
力を発揮します。

細胞をみずみずしくする
働きも持っています。

女性ホルモンとアンチエイジング

この女性ホルモンは、
30代までは大量に分泌されます。

しかし、出産期を終えた
40代後半になると、

その量は急激に減少し、
閉経を迎えるのです。

そのため、肌のしっとり感や
弾力を保てなくなり、

シワやシミも増えてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、
身体に影響が出ます。

男性も40歳くらいになると
肌のキメが粗くなってきます。

これも女性ホルモンの
減少が関わっています。

最近増加が話題になる
乳がんもこの辺りが関わります。

「満月の夜に狼男が変身する」

という古来からの逸話があるように、

月の動きが人体に影響を
及ぼすことがわかっていますが、

ここもホルモンが大きく
役割を担っているのです。

また、加齢、老化によって
基礎代謝も落ちてきます。

基礎代謝量というのは通常、

10代をピークに加齢
とともに低下します。

加えて、身体の組成、
すなわち筋肉と脂肪の比率も
基礎代謝量に大きな影響します。

基礎代謝と筋力トレーニング

基礎代謝量を臓器別に見ると、

筋肉、肝臓、脳が
ほぼ2割ずつを消費しており、

筋肉の少ない人は
基礎代謝量が低くなります。

一般に、男性に比べ女性の
基礎代謝量が低いのは
このためです。

筋肉を作る筋トレが必要なのは、

基礎代謝量を減らさない事、
もしくは増やす為なのです。

このように、今まで
自分の体内で作り出し、

生体活動を潤滑にしていた
ものの分泌量が下降線を辿り、

それに伴った身体に
不具合が生じやすくなるのが、
40代という訳です。

人間は自分自身の体に随分
と負荷をかけて生きています。

アンチエイジングの為の食事と運動

しかし、この衰えを抑える、
つまりアンチエイジングする
方法もあるという事です。

そのひとつが運動です。

運動と言っても、決して
難しい事ではありません。

運動には特別な時間や
設備が必要と思われがちですが、

普段の生活行動を少し
見直すだけで、

簡単に運動量を増やす
ことができるのです。

食事も同様です。

自分にとって無理のない
食事や運動が、

アンチエイジングに繋がるのです。

いかに無理のない運動や
健康的な食事を生活に
取り込んでいくか、

そこがポイントです。

そして、健康的な
食事の中には、

肉を食べる事も含まれます。

繰りかえしますが、
決して我慢は禁物です。

本当の若さというのは
実年齢のことを指すのではなく、

20代でも心が元気を失い
意欲が衰えてしまえば、

ひどく老けた印象になるでしょう。

逆に70代になっても
夢を持ち生きることに感謝し、

毎日を楽しく過ごしていれば
若々しく見えるものです。

老化とアンチエイジングのカギを
握るホルモンバランスの役割を知り、

これから若返りの為に
できる事をやっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>