華僑ビジネスの秘訣は「役割」にある、ビジネスとお金と役割分担


華僑ビジネスの秘訣は
「役割」にあるといいます。

華僑成功者に学ぶ
ビジネスとお金と役割分担
について紹介しましょう。

彼らは基本的に一人で
ビジネスをしません。

ある華僑成功者の言葉です。

「たとえ千年生きても
空を飛べるようにはならない。

でも300年生きれば、
どれだけ凡人でも10億くらい
の資産は作れる。

だったら今仕事のスピードを上げれば
100年以内に十分成功できるよ。」

この言葉にはふたつの
教えが含まれています。

一つは

「自分のスピードを上げろ」

これは仕事をする上で最も
シンプルですが大切な極意でしょう。

300年かかる事業でも
走れば3倍のスピードで
終わらせれるかもしれません。

放っておくと私たち人間は
だらだらとゆっくりやってしまいます。

でもそれでは到達まで時間がかかります。

そしてもう一つの教えが

「仲間の力を使う」

という事です。

一人の力ではたいした
パワーはなくても仲間が加わる事で、

その力は3、4、5と増えていきます。

もちろんそこには工夫が必要ですが、、

華僑流ビジネスには
独特の役割分担があります。

これら二つの教えについて

それぞれもう少し具体的に
掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

華僑ビジネスのスピードを上げる秘訣

自分のスピードを上げるのは簡単です。

「走る」事です。

私は、アルバイト時代、

小さな会社で雑用をしていたのですが、

そこの社長に気に入られ
何度も正社員にならないかと言う
誘いを受けました。

最終的には社員にはならないで
お断りしたのですが、

何人もいるアルバイトの中で
私だけがその誘いを受けました。

その秘訣はシンプルなもので、

言われた仕事をするときは
走る事を心がけただけです。

あれを買ってきてほしい、

これを運んでほしい、

と言うような
仕事がほとんどでしたが、

私はいつも走って用事を済ませていました。

だからいつも、他の人の
3倍くらいのスピードで用事を終わらせていたので
それが目立っていたのです。

私がアルバイトと言う立場、役割でも
そう言った事ができたのが、

「走れば良い」という
華僑成功者の教えが心に残っていたからです。

成功と言う曖昧なものを追いかけるのでなく、

日々の仕事で走り続けていたら
結局、お金も成功も後からついてくる。

これが華僑成功者の教えでした。

今でも私自身、仕事は走ったり
出歩く事が少なくなりましたが、

作業のスピードは常に上げれるように
工夫をしています。

まずは騙されたと思って
今日から走ってみてください。

この教えの重要さに気づく事ができるでしょう。

ビジネスは一人でやらない事

先ほどの言葉から学べる事、
もう一つの教えが、

「ビジネスは一人でやらない」と言う事、

一人では10年かかる仕事でも
10人でやれば1年でできます。

シナジー効果が生まれれば
もっと短縮できる可能性もあるのです。

ここで大切になるのが
メンバーの役割です。

華僑はビジネスをやるときに
基本的に3つの役割の人々で
チームを組織し、

役割分担してプロジェクトを
進めると言います。

個人にのみ頼らないビジネスモデル
として売っていくのです。

1.考える人(ビジネスプランを作る人)
2.実行する人(業務遂行する人)
3.お金を出す人(出資する人)

大きくこの3人の役割があり、
あり得ないスピードで事業を進めていきます。

優れたビジネスプランがあれば、

ネットワークを駆使して
チームを編制してチームを選びます。

それをクリアできれば
お金を出す人を紹介してもらい、

すぐにビジネスが始める事ができるのです。

華僑や中国人の資産家
常に投資家を捜しているので

儲かる可能性の高いプランがあれば
大勢が名乗りを上げて、

1時間程度の会議で
お金を出す人も決まってしまうのです。

これは普通の日本人では
なかなかできないものです。

自分の役割を意識しよう

もちろんスピードが早く出資者が
集まると言うのは華僑社会に属する
メリットの一つですが、

ここで私たちが参考にすべきは、

「役割」と「チーム」による
普遍的な成功法則です。

華僑のビジネスチームにおける
人選の基準は、

現実のプロジェクトにおいて
それぞれの役割ができる人を選ぶ、

それだけなのです。

それぞれが自分の得意分野で
役割分担してやるから、

ビジネスが早く進みます。

お金を持っていなければ
「お金を出す人」の役割はできません。

ビジネスプランを考える人も
現場業務を実行する人も

役割は同じなのです。

全て一人で抱え込んでしまいがちな
日本人ビジネスマンですが、

日本人の私たちも、

人それぞれの役割でいれば良いのです。

自分にできない事は、
人にやってもらえば良い、

何でもできる人になる必要はありません。

勤勉な日本人の多くは、
自分の役割以上の、

本来しなくていい事まで
真面目に学ぼうとしてしまいます。

海外と取引するなら英会話が必要…

と英語に取り組むよりも

実際仕事をするなら
通訳がいれば問題ありません。

華僑に学ぶチームで動く事のメリット

お金があれお金を出せば良い、

セールスがうまければ
セールスをやれば良い、

自分の向き不向き、将来のビジョンなど
含めて自分の役割を突き詰めれば

努力する方向もどんどん
シンプル化していきます。

自分の役割を強化した上で
別の役割に特化した人たちと

一緒にチームを作り仕事をすれば
スピードが上がってきます。

300年を100分の1に凝縮する
事すら可能になってくるのです。

そうやって極めて短期に
10億規模の資産を作って
しまうのです。

さらに「ビジネスは一人でやらない」
という華僑の教えには

別のメリットもあります。

それは自分のスピードを上げるための
牽制の意味もあるのです。

一人でやればだらだら歩いてしまう所でも、

他のメンバーたちが走って
動いていれば、

一人さぼっていれば
目立ってしまいます。

人間は弱い動物です。

一人ならなおさら弱い動物です。

だからこそ役割を分け
チームを上手く機能させれば

ビジネスを加速する事ができるのです。

華僑は経験を通じ、伝統的に
そう言った知恵を伝承してきたのでしょう。

しっかり自分の役割を意識して
仕事に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>