面子にこだわる華僑ならではの人とのスムーズなつき合い方


面子にこだわる華僑ならではの
独特の人とのスムーズなつき合い方
があります。

島国の日本人が学ぶべき
コミュニケーションの
マインドがそこにはあります。

まず彼らはとにかく
争いを避けようとします。

華僑が自分から喧嘩を売るのは、

自分や仲間の面子を
つぶされたときに限ります。

面子をつぶされるのは
彼らにとって殺されるも同然なので、

口喧嘩も殴り合いも
通り越して殺し合いになりかねない…

だからこそそうなる前に相手を
許すための様々な対策を
講じていると言います。

だからこそ独特の
人のつき合い方があります。

そんな華僑が怒りをあらわにする、、

それは非常に危険なサインです。

相手も察して戦闘態勢に入りますから、

不用意に感情を表に出すと
思わぬ大事件に発展しかねません。

ですから怒っていないのに
怒っていると勘違いされるような行動、

大きな声でまくしたてるなどは
もってのほかです。

だからこそ日本人なら
ついカッとなる場面でも、

華僑は面子さえつぶさなければ
表情一つ変えず、声を荒げる事もありません。

スポンサーリンク

いつも冷静なつき合い方をする華僑

感情的になるのは
もちろんいい面も悪い面もありますが、

仕事やビジネスの面だけでいえば
冷静でいる方がお得です。

喜怒哀楽が激しく、
人まで怒りをぶつけるような
日本人も多いですが、

声を荒げると言う事は
自分をコントロールできていない証拠です。

興奮して感情的になっていると
それを相手に知らしめるようなものです。

すぐに興奮して自分を見失うような人は
誰からも敬遠され、

人間関係全般において
損をする事になります。

スマートでスムーズな
人間関係を構築できません。

私の知人は飛行場で

荷物検査の対応を手荒くされ
無礼な態度をとられたと感じ、

飛行場職員に怒りを表し、
大喧嘩をしてしまった人物がいます。

その結果、ブラックリストに載り
イミグレーションやチェックインで
念入りに調べられるようになりました。

ほんの少しの感情コントロールをすれば
問題なく対処できたものの、

普段から感情をそのまま
表すタイプの彼は、

怒りに身を任せてしまい
結局損をしているのです。

感情的な上司
怒りに任せて暴言を吐く上司

そう言った人は尊敬されません。

一方基本的に誰とでも
冷静沈着なつき合い方をするのが
華僑の特徴です。

声を小さくする事のメリット

そんなある華僑の成功者から

大声のデメリットともに

「意図的に小さな声を使え」

と教えられて事があります。

面子にこだわる彼らなりの
興味深いスムーズな人付き合いをする
ための方法だと感じます。

私自身それまで地声が大きかったので、

私が喋れば周りが注目すると
長く信じていたのですが、

実際には大声で話した事は
流されてしまうのです。

例えば大音量で音楽が流れるクラブ、

最初はうるさく感じますが
すぐに慣れてしまいます。

電車の中や喫茶店でも
大声で喋り続けている人の声が
気になるのは最初だけです。

反対に小さな声でぼそぼそ
喋っている人の会話が気になったり、

うっとうしいと感じたりするものです。

それは聞き取りにくい小さな声にこそ、
耳はそばだつからなのです。

何を言っているか分からないから
良く聞こうと耳が反応する訳です。

逆に言えば、
小さな声でしゃべった方が
良く聞いてもらえると言う事です。

「小さな声にこそ耳が反応する」

この法則を用いれば、
簡単に相手の注意を引く事ができますし、

伝えたち話の内容をより
しっかりと相手に届ける事もできます。

華僑に伝わる人との付き合い方の極意

まず大きな声で喋り続ける
スピーカーをイメージしてください。

あなたは演説を聴く立場です。

演説者の声のトーンに慣れるにつれ
あなたの集中力は低下していきます。

いくら話の内容が面白くても
長時間は持ちません。

しかし途中で一瞬話が途切れ、

スピーカーが小さな声で
ぼろぼろと喋りだしたら

「え、、なに?」

と思わず顔を上げてしまいますね。

落語家でも一流の落語家は
話しの冒頭は声を小さくして
ぼそぼそと喋ります。

すると聴衆は一気に話しに引き込まれ
最後まで魅了されてしまうのです。

一方で、一発屋と呼ばれるような芸人は
いきなり大きな声でギャグを飛ばし、

一時的に印象に残りますが、
結局長続きしなかったりします。

小さな声を聞き取ろうとして
耳が覚醒し、話を聞く態勢に戻るのです。

これはあなたが会議やプレゼンなどで
喋る立場になったときに、

そのままテクニックとして使えますね。

商談の場面でも、

顧客が自分の話をまじめに
聞いていないときや、

話がまとまらず行き詰まったときなどに
小声効果を用いれば、

場の空気を変える事ができます。

そしてスムーズに
そのままクロージングです。

面子にこだわるのはお互い様

或はあなたが仕事でミスをして

上司にしかられているとすれば、

声を荒げてガミガミ怒り続ける
上司の声は、

いつしか念仏と化し

上司が何を言っているのか
理解しようとする気も失せてくるでしょう。

怒った態度に萎縮
することがあっても、

その内容を聞こうとはしません。

相手にも面子があるので
人前で大きな声で怒れば
プライドも傷つきます。

反対に説教をするときでも

上司が小さな
落ち着いた声で話したとしたら、

言葉の意味を噛み締めながら
傾聴しようとするはずです。

冷静に叱られた方が
怖さも倍増のはずです。

あなたが部下を持つ立場なら、

額に青筋が立つような
場面でこそ怒りを隠し、

小さな声で話す事を心がけてみてください。

怒りをあらわにすると、

相手はその場を取り繕う事に
必死になります。

何が悪かったのか
理解する余裕など無くなるので
逆効果なのです。

私自身もその事を実感し反省し、

チームメンバーがミスをしたときなど、

声も感情も抑えて、
話すようにしています。

結局の所、大声で怒鳴っても
体力を消耗するだけですから。

これは面子にこだわり
お互いの面子を大切にする
華僑の人との使い方が生んだ

どんな人とでもスムーズに
関係を保つ為の知恵

効果的なコミュニケーション
テクニックと言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>