語学の武器を生かして起業するグローバルなビジネスマンの道

語学の武器を生かして起業するグローバルなビジネスマンの道
今回のテーマは、

語学の武器を生かして起業する
グローバルなビジネスマンの道

について紹介します。

前回紹介した語学力を
武器にお金を稼ぐ道として

今回は3つ目のタイプ

語学を武器に自分で起業するコース

について紹介していきます。

これは私自身がそうですし、
これから増えて行って欲しいグループです。

自分自身で会社を興したり、
ビジネスを始める事だけでなく、

フリーランスや委託であっても
会社に依存する立場でなく、

責任を持ってグローバルに
活躍するビジネスマンへの道です。

これからの時代は日本に
閉じこもっていてもチャンスは
減っていくはずです。

国や組織に守られている…

だけでは安全とは言えません。

積極的に海外へ出て行く、

世界規模で仕事を考えられる人が
成功していく時代に
どんどん突入していくはずです。

スポンサーリンク

グローバルなビジネスマンの道

「起業家にとって語学力は関係ない

英語が出来たら成功できるなら
アメリカ人は全員成功者だし、

中国語が出来たら収入が上がるなら
中国人は皆億万長者じゃないか!」

などと批判する人もいますが、

私はこの意見には反対です。

外国人が他の国の言葉をマスターする事は、

ビジネスで成功する上で
かなりのアドバンテージとなるでしょう。

一昔前までは、
起業と言えば一大事、

ほんの一握りに人しか
起業のチャンスはなかったのですが、

今ではインターネットや情報化、
需要の細分化が進み、

誰しもが起業のチャンスをつかめる時代になりました。

そんな中で語学力を活かして
独自の力で仕事を掴んで行くことは
大きなアドバンテージになるでしょう。

ぜひチャレンジして言って欲しいと思います。

語学力と起業の関係

もちろん語学力だけがあっても、
起業してビジネスで成功するのは難しいでしょう。

起業家としてのスキルは大切です。

イノベーション力、
マーケティング力
セールス力、
商品開発力、
マネージメント力

こういったものは大切ですが、

そこに外国語と言う武器が加わる事で

市場は一気に広がりますし
サポートしてくれる人も一気に増えます。

また情報収集力は何倍にも増えるのです。

起業家にとってのスキル+外国語=爆発

と言う公式が当てはまるでしょう。

今の国際銀行ネットワークの
礎を気づいたロスチャイルド家は、

語学力という情報網を使い
富を築きました。

投資家として名を馳せた
ジョージソロスさんも

語学という武器を生かして
成功した1人です。

語学を武器にビジネスをして行くためには
最終的には実力がものを言います。

これからの時代は
フリーランスでも、会社の一員であっても
人生に対して自己責任を取る時代になってきますし、

インターネットがもっと進み、

個人でも世界市場相手にビジネスが
できる時代になっています。

なので、他人が作った組織や仕事に
不満を持って仕事するくらいなら、

起業してビジネスを興し

思い切って自分がやりたい事を
人生にかけるのは素晴らしい道と思います。

グローバル化の起業家精神

もちろんこのコースは、

語学力だけでなく、ビジネススキルなど
他のスキルも必要ですが、

これからの時代は元手なしに
ビジネスを始める事も出来ますし、

外国語を知ってるだけで
海外文化や情報を利用して

有利に進む事も出来るのです。

グローバル化と言われて久しいですが、

今後、この流れは進む事はあっても
戻る事はありません。

世界は鎖国に戻る事は考えにくい事です。

そんな中で世界と言う大きな市場には

これまで考えもつかなかったような
チャンスがいろいろと生まれるでしょう。

語学の武器を生かして起業する
グローバルなビジネスマンが
ますます成功していける時代になります。

そのチャンスをつかむ機会は
語学力があるほど有利になります。

ビジネスモデルが変わっても
言葉が変わる事はありません。

ある意味一生役に立つスキルとも言えます。

まあ、どの道を進むにせよ、

自分の意思、パッション、努力が大切になります。

でも色んな視野を広げて、
見てみると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>