海外旅行で注意したい盗難、スリ、置き引き、強盗のトラブル対策

海外旅行で注意したい盗難、スリ、置き引き、強盗のトラブル対策
今回のテーマは、

海外旅行で注意したい盗難、
スリ、置き引き、強盗のトラブル対策

について紹介します。

海外で1人で放浪の
旅に出る場合、

安全を確保する事、
自分の身を守る事は

全て自分の責任です。

旅行会社やコーディネーター
の責任にはできません。

だからこそ賢く身を守る
術を知っておかねばなりません。

海外旅行で注意したいのが
盗難、スリ、置き引き、
強盗などのトラブルです。

その手口や対策法について紹介します。

もちろん泥棒行為は
世界中で犯罪であり、

取り締まりが行なわれていますが、
犯罪は無くなる事は
残念ながらありません。

海外を放浪するバックパッカーは、
高価なものを身につけていないかもしれませんが、

日本人は案外狙われやすいもの、

また旅行者に落ち度がある場合もあるので、

荷物の管理はしっかりとしましょう。

置き引きやひったくりなどは
注意していれば簡単に防げるもの、

そう言った海外旅行中の
盗難の予防などについて紹介します。

スポンサーリンク

海外旅行中の置き引きを防ぐ方法

海外旅行中に日本人が遭遇する
盗難犯罪で

最も多いのが置き引きです。

つまり無理矢理金品を奪うのではなく、
隙を見て盗むと言うもの、

屋台やレストランで
ちょっと荷物から目を離した時、

夜行列車に乗り込む時、

観光地などで写真を撮るのに
夢中になった一瞬の隙、、

そう言ったときに、

財布や荷物が盗まれてしまう。

中には貴重品が無くなった事に
しばらく気がつかない事があるほど、

巧みな置き引き犯も海外には
多く存在します。

ただこれは旅行者にも
落ち度があり、

海外では荷物から目を常に離さず、
身体のどこかに接触するように
しておくのは常識です。

日本で過ごしていれば

「荷物で席を取っておいたり」
「荷物を置いてトイレに立つ」

と言う行動をとっても
ほとんど問題ないですが、

さらに財布やパソコンなどまで
席に置いてどこかに出かけることも
ままあります。

しかしこれは世界中の多くの国では
「盗まれても当然」の行為なのです。

どれだけ旅に慣れていても、
緊張感をも保って、

盗難や置き引きに遭う可能性がある事を
常に想定して行動しましょう。

プロの泥棒はその辺りを
見抜くと言います。

だから用心している人間には
最初から手を出さないのです。

海外旅行中に気をつけるべきスリやひったくり

例えば、ベトナムでは

後ろからぶつかってくる振りをして
財布をリュックから抜くと言う
ひったくりが多発していると言います。

その手口は巧妙で、
やられたときは気づかず

財布をとられた事に気づきません。

後で財布がなくてびっくりする
と言うケースが多いようです。

市場や人ごみの中を歩くときは
リュックは前に抱えたり、

お金を分散して入れておくなど、
十分注意が必要です。

またバイク利用者が多い国では、

歩道を歩いているときに
肩からさげたカメラやショルダーバッグを

バイクから強引にひったくられる
ケースもあります。

こう言った盗難に関しては、

道路側を歩かない、
高価なものをさらけ出して持ち歩かない

などの防止対策が必要です。

アジア諸国では
子供たちを使った集団スリも
横行しているので、

可愛い現地の子供だと感じても、

スリの対策として

子供が集団で近寄ってきたら
荷物には用心しましょう。

宿、ゲストハウスの中での盗難に注意

また海外旅行中は、
安い宿やゲストハウスなど
でも盗難には注意しましょう。

外出時に所持品を
盗まれる事もあり得ます。

宿側は合鍵を持っているので、

いかにも怪しい従業員がいる場合は
気をつけた方が良いでしょう。

また旅行者の中にも

同じ旅行者を狙う強盗もおり、

ドアノブを包み込むように
施錠できる自前のカギを持って
旅をしている輩もいます。

これはレアなケースですが、

最悪の事を想定して行動するのが、

強盗を防ぐ秘訣です。

ドミトリーを利用する場合は
さらに注意が必要で、

旅行者の荷物やお金を盗む
バックパッカーも存在しており、

中には日本人もいます。

チェーンロックを活用し、
宿のセーフティボックスを使ったり、

貴重品の管理はしっかりとしましょう。

また同じ日本人同士の
旅行者だとしても、

お金の貸し借りやしない方が良いでしょう。

返さずにどこかに移動して
逃げてしまう、、

と言う事を繰り返す日本人旅行者も
悲しい事に存在するのです。

海外旅行中の強盗への対策法

置き引きやスリなどの
強盗はある程度自分の力で
防ぐ事ができますが、

自分の力ではどうしようもない

最悪の状況が強盗です。

夜道を一人歩いていて

「金を出せ」といきなり脅される。。

こうした場合はどう対処すべきでしょうか?

基本的には相手の要求通りに
するしかありません。

相手は銃やナイフを持っている
恐れもあります。

こう言う場合下手に抵抗すると
怪我をする恐れがあります。

こう言った状況でも
強盗と戦う旅行者もいますが、

真似しない方が良いでしょう。

「我が身は自己責任で守る」

と言うのが海外旅行の基本ですが、

強盗に反撃するよりも、
おとなしく従う方が身を守る行為と言えるのです。

ただ、治安がどれだけ地域でも、

人通りの多い繁華街で
白昼堂々といきなり襲ってくる

と言うケースはほぼありません。

犯行のほとんどが、
夜間の人気のな路地裏で行われるのです。

だから強盗の対策としては、

夜遅くの外出を控える、

事前に情報収集して
危険なエリアには近づかない、

と言う予防をしておくだけで
かなり防ぐ事ができます。

なお強盗の大半は
中南米、アフリカに集中していますが、

欧米でも被害はあります。

アジア諸国は強引な手口は
少数派で、

その代わりに話術を武器とする
盗難が多いです。

アジアでも、プノンペン、マニラなど
治安に問題のある都市では注意を怠らないよう。

そして万が一のために
海外旅行保険に加入しておくのは
大切と言えるでしょう。

以上の基本を守り
海外旅行における盗難、置き引き、
強盗などのトラブルから

身を守りながら楽しく
旅を続けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>