海外へ旅する際の持参薬、薬局、予防接種、病院、医療施設の利用

海外へ旅する際の持参薬、薬局、予防接種、病院、医療施設の利用
今回のテーマは、

海外へ旅する際の持参薬、薬局、
予防接種、病院、医療施設の利用

について紹介します。

もちろんないに
越した事はありません。

医療のお世話にならずに
健康的に旅を続けるのが
ベストなのですが、

海外へ旅をする際には、

最低限の持参薬、薬局の使い方と
必要に応じて処方箋、予防接種を
忘れないように、

またもしものときに海外での病院など
医療施設を利用する方法も
知っておくと便利でしょう。

前回紹介したように、
海外放浪のバックパッカーの旅に置いて、

旅行者下痢症や軽い風邪など
体調管理をする事は大切ですが、

風邪薬や下痢めと言った最低限の
持参薬を荷物に入れておく、

バックパッカーは多いです。

またアフリカ諸国などを旅して
周る際には、

事前に予防接種をしておくべきと言えます。

スポンサーリンク

海外へ旅する際に持参すべき薬とは?

もちろん必ず旅する際に
薬を持っていくべきかと言うと
そういうわけではありません。

ただ持参した方が安心です。

基本的に、どんな国でも
薬局で薬は買えますが、

効き目が強過ぎたり、
逆に効かない事もあります。

言葉が通じなかったり誤解されれば
危険なケースもあります。

日本人に適しているのは、
やはり日本の薬と言えます。

現地の薬局に頼るよりも
最低限の薬は持参した方が良いでしょう。

持参薬として海外を旅するバックパッカー
に必須なのが、

まずは整腸剤や下痢止め
人気はやはり「正露丸」です。

また総合感冒薬や鎮痛解熱剤などの
風邪薬も必携と言えるでしょう。

後は絆創膏があれば何かと
役に立ってくれます。

さらに慣れない食事やスパイスには
胃腸薬を、

ボロバスでのバードな移動や
船旅を予定している人は、

酔い止めの持参をする人もいます。

時差ぼけ対策、不安や緊張からの
不眠対策として

睡眠薬を持参薬として持っていく人も多いですので、
神経質な人は必携かもしれません。

ただし使用は最小限にとどめましょう。

どこでも寝れるという
精神力がないと

世界中を回るのは厳しいかもしれません。

また海外へ旅する場合、

普段服用している薬があれば
それも持っていく訳ですが、

大量の場合は、

医師の診断書や処方箋の
英文訳も用意します。

税関などで問題になる場合があるからです。

海外へ旅する前に予防接種を受けておこう

持参薬と同様に
海外へ旅する下準備が必要なのが

予防接種です。

厚生労働省がワクチン接種を
推奨している病気は、

黄熱病、ポリオ、日本脳炎、
A型、B型肝炎、狂犬病、破傷風、
ジフテリア、麻疹

主にアフリカ諸国と中南米の
一部で流行しているもので、

こうした地域以外を旅行するならば
特に心配する事はないでしょう。

(ただ狂犬病は別ですが)

アフリカや中南米に行くならば
予防接種を検討すべきでしょう。

特に黄熱病の流行国では

入国にし際して予防接種の
国際証明書を要求する事があります。

この証明書は接種から10年間有効です。

他にも新型インフルエンザや
マラリア予防薬、

高山病予防薬など
自分が渡航する地域の情報を集めて、

必要な薬を用意したり
予防接種をしましょう。

海外へ旅する際の医療施設

またお世話にならない方が
もちろんありがたいのですが、

海外の旅先で
何かあったときには

病院など、医療施設に
お世話になる事もあります。

ここで一口に病院と言っても
海外では様々な形態の
医療施設があります。

ここで日本人在住者の多い街であれば、
日本語通訳が駐在している病院があります。

アジアなら北京、上海、台北、
ソウル、バンコク、シンガポールなど

日本語の分かる医師や
日本人の医師がいる病院もあり、

日本食を出す所もあります。

つまり最も安心できるのが
日本語も通じる大病院、

海外で病気になり言葉も通じない…

だと不安になりますが、
日本語が通じると言うのは安心です。

しかしバックパッカーには
少々敷居が高いです。

治療代がかなり高いのです。

保険をかけていれば問題ないのですが、

そうでなければ、
一度の診察で数日分の旅費が
吹っ飛んでしまいます。

その点は注意しましょう。

むしろ海外を旅している際に

ちょっとし風邪や下痢なら
通常の病院で十分でしょう。

医師であればどんな国でも
最低限の英語を理解します。

症状の英単語をあらかじめ
調べておけば通じるものです。

安宿外の近くであれば、

外国人旅行者を良く診ている
病院があり、

外国人の扱いにも慣れています。

ただ「ツーリスト・クリニック」
と呼ばれるほぼ外国人専用の
病院であれば、

やはり治療代がかなり高い事があります。

もし深刻な病気であれば、
先ほど紹介した大都市の
大病院に行くべきでしょう。

医療設備も整っています。

体調によっては日本帰国も考えましょう。

旅は逃げませんが、
病気の場合は深刻なケースもあります。

無理せず日本に帰国するのが
ベストの選択と言う場合は多いです。

もし伝染病に罹患して帰国をしたら

病気の種類にもよりますが、
日本国内で隔離入院の措置がとられます。

しっかりと病院に説明しましょう。

また、海外を旅する旅行者が

旅行出発前に
通っておくと便利なのが、

トラベルクリニックです。

これは外科、内科などと
言った分野の一つとして

このトラベルクリニック科を
置く病院が少しずつですが
日本にも増えています。

この科では
渡航先に応じた予防接種や薬の処方、

英文診断書の作成、
海外で感染する病気に対する知識や
健康管理のアドバイスなど、

海外旅行や留学、駐在する人に
特化したサービスを行っています。

年単位の長期旅行をする人には
オススメです。

以上、海外へ旅する際の持参薬、
薬局、予防接種、病院、医療施設の
利用の方法など、

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>