海外での食あたり、食欲不振など体調管理、健康管理の心構え

海外での食あたり、食欲不振など体調管理、健康管理の心構え
今回のテーマは、

海外での食あたり、食欲不振など
体調管理、健康管理の心構え

について紹介します。

健康に元気に旅を続けるのが
もっとも理想的ですし、

その為に気をつけて予防する
という事が大事なのですが、

海外での食文化を目の当たりにして
旅先では食あたり、食欲不振など
食のトラブルを抱える可能性もあります。

しっかり体調管理し、健康管理できる
心構えについて紹介します。

我々日本人は、

世界で最も清潔な環境で
生活していると言って言いでしょう。

そして清潔である事に対して
少々神経質なほどこだわりを持つ
民族とも言えます。

そんな日本から世界に旅に出かけるのです。

それなりの準備や予備知識は
持っておくべきでしょう。

食あたり、食欲不振になったときに
口にしては行けないものや
頼りになる食べ物、心構えについて

知っておく事は重要です。

スポンサーリンク

まずはあまり神経質にならないこと

徹底した衛生管理がされている、、

そんな日本から見れば、

一部の国は、正直言って
不潔と言わざるを言えません。

でもまず安心してほしいのが、

それでも多くの旅行者が

屋台などでお腹を満たしながら、
何事もなく旅を続けています。

神経質になりすぎる必要はありません。

気にせずに現地の食の世界に飛び込みましょう。

そうして得た経験こそが財産となるのです。

運悪く当たった所で、

軽い食あたり、
食中毒か下痢程度なもの、

下痢に関しては、

胃腸が現地仕様に変わる過程での
通過儀礼と言えるかもしれません。

海外放浪のバックパッカーの旅をする人は
たいてい経験するものです。

これくらい強気の心構えで
大丈夫でしょう。

最低限の予防をしていれば、

何でも食べて飲んでと言う
スタイルで大丈夫でしょう。

胃腸と言うのは案外強いものなのです。

神経質になりすぎる方が、
体調管理、健康管理は上手く行きません。

海外における健康管理の基本

その上で、まず最低限の予防として

海外で健康管理をするために
覚えておいてほしいのが、

生水を飲まない事、

は心得、心構えとして
持っておきましょう。

常にミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

氷も気になるようであれば、
口にしない方が良いでしょう。

お店で頼むジュースなどは
「氷抜き」が注文できます。

そしてしっかり火の通った食材を食べる事、

生野菜などは避けた方が良いでしょう。

これは野菜が危ないと言うよりも、
野菜に付着した細菌類が体内に入り

食あたりになるのを防ぐためです。

海外を旅する間は
こういう理由から

どうしても野菜類が不足する事もあります。

ビタミン不足に陥り、
貧血やめまいなどに悩まされる事もあるので、

ときには意識して火の通った
野菜をしっかり食べましょう。

また発達した大都市であれば、
生野菜であっても気にせず食べれます。

そこでビタミンや繊維をしっかり
補充するのが健康管理に大切です。

また旅行者の中には
体調管理のために

ビタミン不足を回避するために
各種サプリメントを持参する人もいます。

欧米のバックパッカーでは特に多いのですが、

日本でも最近ではコンビニや
ドラッグストアで気軽に買えるので、

荷物にもならないので
用意しておくと言いでしょう。

海外の現地でも大都市であれば
サプリメントは入手できます。

海外での食あたりを避ける体調管理術

生ものに注意するポイントとしては

熱帯エリアでの各地で見られる
カットフルーツの屋台も
注意した方が良いでしょう。

美味しそうなのでついてが出てしまいますが、

食あたりを起こす事もあります。

ただ重い病気になった事例などは
ほとんどないので、

そう深刻に気にする必要なないでしょう。

ただもう少し注意するべきなのは

生魚、海鮮類です。

日本と同じく生魚を食べる
文化圏も海外にはあります。

例えばタイなど生ガキなどを
食べる国はありますが

食あたりだけでなく、
寄生虫の心配もあるので、

よほどしっかりしたレストラン以外では
体調管理のために避けた方が無難でしょう。

もちろんよほど胃腸に自信があり、
グルメ目的で旅する場合は

トライする事も良いですが、

その後も旅を続けるのであれば、

無理をせず体調管理をして
危険性のあるものは避けた方が良いでしょう。

特にあまり客の入っていない
屋台や食堂は避けます。

回転率が悪く、古い食材を
使用される可能性もあるからです。

ただ地方によっては
そういった店しかない場合もあるので

これはケースバイケースなのですが、、

海外における食欲不振の対処法

また海外の旅を続けていると
食欲不振に悩まされる事があります。

摂氏40度を越すような酷暑を歩き回り、

ガタガタの未舗装路を行く
ハードなバス旅行、

疲れて何も食べたくない…

と言う状態になってしまう事もありますが、

海外で旅を続けるのに肝心なのは
何よりもまず体力です。

無理をしてでも食べないと、
ますます体調は悪くなります。

どんなときでもしっかりと食事をできる

これが旅人が備えるべき素質で、

最も大切な健康管理、体調管理と
言えるでしょう。

…とはいえ、

本当に食欲がないときは
根性論だけでは乗りこえられない事もあります。

そんなときはどうすれば良いか、

アジア諸国であれば、

おかゆが役にたちます。

胃腸に優しくマイルドな味で
ミャンマー以東の国であれば

どこでもお粥は食べられます。

雑炊がある国も多く、

スパイス漬けで疲れた胃腸を
癒してくれる頼もしい味方です。

或は少し荷物になりますが、

いざと言うときにインスタントやレトルトの
日本食品を非常食として
荷物に入れておくのもいい方法でしょう。

食欲不振のときでも、
味噌汁やお茶漬けなどを食べれば
健康が回復していきます。

或はアジア以外であっても、

皮を剥いて食べるような果物であれば、

生野菜のような細菌の心配もなく、
安心して食べられます。

滋養食しても適しているので、
食欲不振のときでも
なんとか食べられるでしょう。

フルーツに世界中で売られている
ジャムやヨーグルトを付けて食べれば

胃腸に優しく栄養補給でき
体調管理にぴったりです。

ただしフルーツの中でも、

ジャックフルーツやドリアンなど

胃腸を熱くさせて、
吐き気を催すものもあります。

合う合わないは体質によるようです。

また前に紹介したように
日本食レストランに行って

リフレッシュできるのも良いですね。

或は宿のキッチンを借りて
自炊するのも手でしょう。

とにかく「何も食べていない」
と言う状況を避ける事が

旅を続ける食欲不振の対処法です。

何かお腹に入れる工夫をします。

そうしていくとやがて
旅を続ける体力が戻り、

さらに現地の食文化を楽しめる
気力や好奇心も戻ってきます。

以上のような工夫をして

海外での食あたり、食欲不振など
と上手く対処しながら

体調管理、健康管理の心構えを持ち
旅を続けていきましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>