海外放浪の旅の為の日本人の信用と現地の在外公館でとるビザ

海外放浪の旅の為の日本人の信用と現地の在外公館でとるビザ
今回のテーマは、

海外放浪の旅の為の日本人の
信用と現地の在外公館でとるビザ

について紹介します。

ありがたい事に、

日本のパスポートがあれば、

大半の国ではビザが簡単に取れます。

先人たちが築き上げてくれた
信頼を私たちはフルに恩恵にあずかる
事ができるのです。

日本人にとってビザ取得は
それほど困難な事ではありませんが、

その際にも注意しておきたい点がいくつかあります。

海外放浪の旅における、
日本人の信用と現地の旅先で
ビザを取得するための方法について

今回は紹介しておきます。

スポンサーリンク

在外公館のビザセクションへ

ビザは大使館や領事館でも
取得できるもので、

それは日本でも海外でも構いません。

出発前に日本ですべて
揃えていくのも安心で良いのですが、

海外で取得した方が安い事もありますし、
ビザには期限もあります。

ましてや行き当たりばったりの
海外放浪のバックパッカーの旅では

旅先が突然変わる可能性も
大いにあるのです。

そういった際は現地でビザをとる
必要があるのですが、

大使館や領事館でビザ申請するなら
手続きは日本と同様です。

敷地内にあるビザを扱う部署に行きます。

必要書類は用意されているので、

これらに記入し、顔写真、料金、
パスポートとともに提出します。

申請は平日の午前中に限られる
国があるので注意しましょう。

のんびり行くと閉まっていて
困る事は良くあります。

またビザの現地での受領の日時も
国によって、その大使館によっても
バラバラな点にも注意です。

現地でビザ取得の際の注意点

現地の在外公館に出向いて
ビザをとる場合、

申請や受領のたびに
何時間も待たされる事があったり、

窓口が開いている時間が
限られているので何かと面倒です。

せっかくの旅先でビザをとるために
何時間も待ったり、

在外公館に何度も出向くのは
時間の無駄ともなります。

そういうときは現地の旅行会社に
ビザの取得を頼むのが言いでしょう。

手間がかかる事もなく
簡単にビザを受領できます。

自分で手配する際も、
旅行会社に依頼する際も

同じく注意したいのが、
休日の存在です。

例えばある国のビザが申請してから
発給されるまでに「4営業日」だとします。

これは土曜と祝祭日をのぞいた、
平日のみを数えて4日、

申請から発給まで中4平日ということです。

そしてこの祝祭日には、
今いる国だけではなく、

ビザを申請している国の祝祭日も含まれます。

今滞在している国だけでなく、
ビザを申請している現地の国の
祝祭日も含まれるのです。

在外公館は休みが多いのです。

しかし私たち旅人はここで

外交官は羨ましい…

と嫉妬心をむき出してみ意味がないので、
しっかり祝祭日を把握しておきましょう。

仮に4営業日であっても
祝日が絡んで受け取りは1週間後

なんて事はざらなのです。

海外放浪の旅においては
それを頭に入れずに移動のチケットを
手配してしまっていたり、

今いる国の滞在期限に引っかかってしまったりと

細かな事ですが足を
引っ張られる一員になるので、

その点はビザの申請時に
しっかりと注意しておきましょう。

ビザと身分証明とパスポート

なお現地でビザの申請をする際、

当然パスポートを預ける訳なので、
身分証明を持たない状態となります。

これは海外放浪の旅の途中で
割と困ったことが起きます。

なのでこう言ったときに備えて
パスポートのコピーを取っておきましょう。

顔写真のページと
今いる国のビザと入国スタンプが
押されたページがあれば安心です。

これをもっていれば、

ホテルや両替、また万が一警察に
チェックを受けた際も問題視されません。

また中近東やアフリカ諸国を
放浪するバックパッカーの旅人は

時々遭遇する事があるそうですが、

大使館でビザを申請しようとすると
「レター」なるものを要求される事があります。

これは「日本大使館のレター」を意味します。

日本政府による身元保証と言った所です。

レターは政情不安な国で
要請されるケースが多いようですが、

レターの取得はその国にある
日本大使館で行えます。

ただ、職員によっては
危険地帯に入る事を意味するために
発給を渋ったり、

渡航しないようにと説得される
と言う話もあるようで、

身の安全のためにレターを出さない
と言う方針の大使館もあるそうです。

イラクやアフガニスタンで
日本人旅行者の誘拐、殺害事件などありましたが、

こう言う事件がある後は
こうした傾向が続くようです。

海外放浪の旅は自己責任です。

選択は本人の意思によるものですが、
大使館の方針には従っておいた方が無難でしょう。

日本人の信用は先人の努力によって
培われてきたのですから、

身勝手な事もできません。

海外放浪者どうしでビザの情報交換

インドの空港でアライバルビザが
取得できるようになったと言うニュースが

ビザ関係のニュースとして
話題になりましたが、

こう言う情報にいち早く飛びつくのが
海外放浪のバックパッカーたちです。

そして彼らの生の声は大変貴重です。

本当に取得できたのか、
係官が慣れておらず手間取った、

インドに向かう飛行機が出る国の空港で
「インドのビザがない」と止められた、、

など実録情報が
旅人たちの間でかわされていくのです。

こうした話は現地を実際に
旅しているバックパッカーたちが
ホットな情報を持っているのです。

さらにお得な情報を持っているケースもあり、

「○○国のビザはあの街でとれば
安い上にダブルだ」

「あの街ではなぜか○○国の
トリプルビザがとれる」

と言った情報もバックパッカーの
間で共有されているのです。

ビザの発給事情や値段は
外交関係や国際情勢によってさまざま
変化していくので、

一番速くて正確な情報は
ガイドブックではなく、

実際に取得したばかりの
旅行者の声と言えます。

こうした情報を入手するためにも

現地でも多くのバックパッカーたちと
情報交換をしたり、

情報ノートに目を通すなどしておきましょう。

また、ネット上のブログやサイトでも、
最新の役立つ情報がアップされています。

日本人の信用を活かして
旅をしなければもったいないと言えます。

近年では、ラオス、ベトナム、中国など
いくつもの国で観光ビザは不要になっており、

面倒なビザ手続きが必要な国は
少しずつですが減ってきているのが現状です。

以上、海外放浪の旅の為の
日本人の信用と現地の在外公館
でとるビザについて参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>