海外旅行と海外の現地にある旅行会社、旅行代理店の賢い使い方


今回のテーマは、

海外旅行と海外の現地にある
旅行会社、旅行代理店の賢い使い方

について紹介します。

海外を放浪する
バックパッカーの旅において、

現地の旅行会社は頼れる存在です。

ただし悪質な会社には要注意が必要で
賢い使い方をする必要があります。

旅行会社というのは、

チケットやビザの手配から
現地発のツアーに
車のチャーター

などなど
旅に便利なサービスを提供してくれますが、

主に安宿街で営業している
旅行代理店は

放浪者にとっての
旅をバックアップしてくれます。

ただし、旅行会社に頼りすぎると
思わぬ落とし穴にもなりますので、

私たちDoItYourselffの
旅人は状況によって使うに
とどめるべきかもしれません。

現地の旅行会社の使い方

旅先では外国人旅行者を
相手にした旅行会社をたくさん
見る事ができるでしょう。

特にタイのバンコク、カオサン通りや
ベトナム、ホーチミンのデタムと言った

安宿街では、

数多くの旅行会社が軒を連ねており、
なかなか壮観です。

旅行代理店の賢い使い方を
知っておくと旅も楽しくなります。

どんなときにこうした会社の
世話になるべきなのでしょうか?

先ず考えられるのが
長距離移動のチケットの手配です。

自分でバスターミナルや
鉄道駅に行くのが面倒な場合、

或はこれらが市内からかなり
離れている場合などは重宝するでしょう。

今ではほとんどオンラインで
チケットも予約できますが、

旅行会社の使い方も知っておくと便利です。

もちろん手数料が上乗せされるので
市販のチケットよりは高くなります。

しかし、例えば
鉄道の人気路線でも
独自のコネで何とか座席を確保してくれたりします。

それに大混雑の鉄道駅で
切符を買うために

「おしくらまんじゅう」

のようになる都市では

手数料を払って切符を確保した方が、
時間と体力の節約になります。

現地の旅行会社、旅行代理店を使うメリット

また旅行会社ならどこでも
ある程度の英語が通じるので、

言葉の不安も少ないのです。

公的でやる気のないサービスの
駅の窓口ではストレスが貯まる事もありますが、

旅行会社はあくまで
客商売なので、

親切にサービスしてくれるでしょう。

同様に周辺国のビザも手配してくれます。

大使館に出向いて自分で
手配するよりも遥かに簡単です。

料金と顔写真を用意し手渡すだけで良いです。

時間の節約になって便利です。

ホテルや飛行機の予約、両替、
旅の相談など現地の旅行会社は
様々な形で旅をサポートしてくれます。

海外放浪の旅においては
何でも自分でやるのは基本ですが、

慣れてきたらアウトソーシング
というか立ちで頼むのも
旅行代理店の賢い使い方です。

現地の旅行会社のツアーは特別

旅行会社では様々なツアーも
催行しています。

日本の旅行会社の組むツアーと違い
現地の旅行会社のツアーは
特別な物があります。

重気ままに世界を放浪する
バックパッカーにとって

「ツアー」と言う言葉に抵抗感を
覚えるかもしれませんが、

個人では行く事のできない場所に
連れて行ってくれる場合もあります。

また安宿外にあるような
旅行会社のツアーはたいてい安いです。

様々な国の旅行者とも知り合いになれる
良い機会でもあるのです。

ときにはこうしたツアーに
参加してみるのも楽しいです。

市内観光をする数時間程度の
ツアーから、

2週間を超えるハードな
トレッキングまで

その内容は多岐に渡ります。

現地発のツアーでないと
訪れる事ができない

遺跡や名所と言うのもまた多いのです。

沖合の珊瑚礁のポイントまで行って、
シュノーケリングだとか、

少子民族の集落に
ホームステイするなど、

旅行会社に頼らないと
体験できない事もあります。

旅行会社を通じたツアーに参加する際の注意点

ツアーに参加する場合は、

料金には何が含まれているのか、

ガイド代や運転手へのチップなど
細かな事まで確認しておきましょう。

余計な手数料を取ろうとする
悪質な会社もあるので注意が必要です。

また旅行会社では、
車のチャーターをも手配してもらえます。

仲間同士でお金を出し合って
チャーター車で移動すると言う場面も
ときにはあるでしょう。

ヒマラヤ近辺やアフリカの
一部地域では、

バス便もごくわずかで

旅をするには車と運転手が必要なのです。

また旅行者が少ない一部の
アラブ諸国も車社会で
公共交通機関が少ないので

車を借りざるを得ません。

こうした場所では、
ゲストハウスなどで旅の仲間を捜しましょう。

旅行会社もホームページを持っており、

そこではビザの手配や航空券の予約、
現地発ツアーまで様々なサービスが
紹介されています。

例えばカオサン通りの
某旅行会社のホームページでは

アンコール遺跡観光の各種ツアーから

ラオスやベトナム行きのツアー

タイ北部のトレッキングに
南部のダイビング、

近郊の遺跡ツアーまで
種類は充実です。

ビザも同時に手配してくれますし、

格安航空券も扱っています。

現地の旅行会社を使うデメリット

旅行代理店、旅行会社使いこなせば
旅の最初から最後まで、

すべて面倒を見てくれて

それがネット経由で
予約できるので

実に便利ではありますが、

しかしこれではパックツアーと変わらないです。

頼りすぎると旅が味気なくなって
しまうのがデメリットと言えます。

ほどほどにしましょう。

また、だいぶ少なくなったものの

今も悪質な旅行会社は
横行しています。

強引に高額なツアーを売りつけたり、

安いチケットを高く買わせたりなど
被害も出ています。

最も有名なのがインドの
ニューデリー駅前

ここにある旅行会社には
近寄らない方が良いでしょう。

またタイ、バンコクの
ホアランポーン駅周辺も

タイ政府観光庁を騙った
怪しい旅行会社がいくつもあります。

悪質なタクシーやリキシャの中には

こうした旅行会社に
旅行者を連れ込む輩もいます。

毅然とした「NO」で彼らに対抗しましょう。

メリット、デメリットもありますが、
現地の旅行会社、旅行代理店は
海外を旅するのに便利な存在です。

賢く使いこなしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>