海外放浪での海外送金、ウエスタンユニオンの使い方、詐欺に注意


今回のテーマは、

海外放浪での海外送金、ウエスタン
ユニオンの使い方、詐欺に注意

について紹介します。

海外放浪の旅を続けていると、、

何かのきっかけでどうしても
お金が必要になったりする事があります。

そんなときに、
日本から送金してもらう方法について

海外送金やウエスタンユニオンの
使い方、詐欺への注意点など
について解説していきます。

お金が必要になるケースが
たいてい緊急時です。

なので、あらかじめ用意や
準備をしておかないと困ってしまいます。

送金の方法、日本からお金を送ってくれる
家族や友人の確保と連絡手段、

こういった事を用意して
準備しておく事が大切なのです。

銀行送金から国際金融会社まで

万が一の時に頼りになるのが
海外送金ですが、

どうしても日数が掛かってしまいます。

即時送金可能なサービスは
ウエスタンユニオンで利用できます。

緊急時にいろいろと振り回されるよりも
準備をしておいた方が安心で

金銭面でも精神でもお得に
対応できるのです。

スポンサーリンク

旅先でお金がなくなれば…

財布を落としてしまった、
盗まれてしまった、

どうしても欲しい物がある、、

もし手元のお金がゼロになってしまったら、、

海外を旅していてお金が急に
必要になったら

どうしたらよいのでしょうか?

先ず考えられるのが、

日本からお金を送ってもらうと言う方法。

これは海外送金と呼ばれます。

現地ではなるべく大きな銀行に行きます。

そこで、パスポートを提示して口座を作り、
その口座情報を日本に伝えて、

家族や知り合いにその口座に
お金を振り込んでもらうと言う方法です。

最もスタンダードな方法と言えますが、
デメリットもあります。

通常、お金を手にするのに
数日から一週間ほど掛かります。

また手数料が高く、
銀行によってまちまちですが、

送るお金とは別に数千円かかります。

さらに、ただの旅人では
労働許可証やビジネス用のビザが無い外国人だと、

銀行口座を開けない国も多く、

そんな場合には「パスポート送金」
と言う手段があります。

これができる銀行は限られているので、
先ず問い合わせてみましょう。

銀行ではパスポート情報によって
臨時の口座を作ります。

パスポートに記載されて氏名が口座名
パスポート番号が口座番号というわけです。

ここに日本の銀行(外国為替取扱銀行)から
振り込んでもらいます。

やはり数日から1週間程度の時間と、
数千円の手数料が掛かります。

ウエスタンユニオンで即効送金

上記の方法は、お金がなくなったときに
便利な方法ですが、

いずれにせよ、数日間は
無一文で過ごさなくてはならなくなりますが、

最も手早い方法もあります。

「Western Union」

と言うロゴを見た事が無いでしょうか。

ウエスタンユニオンというのは、

世界200カ国、40万カ所に
代理店を持つアメリカの金融会社です。

日本から送金後、現地で
数分後に受け取れると言う迅速なサービスです。

日本ではセブン銀行が提携しており
日本国内のセブンイレブンなどにある

ATM(約1万5000カ所)から
24時間いつでも送金ができます。

また大黒屋とも提携しています。

10万円の送金で手数料は3000円程度です。

SBIレミットならば手数料は
この半額ほどで、

ネットバンキング可能な
日本の口座があれば、

ネット上で自分宛に送金して
現地窓口受け取りもできます。

事前に口座の開設と、海外送金サービスの
申し込みが必要です。

出発前に、自分はSBI、
家族はウエスタンユニオンなどに
登録しておきましょう。

ウエスタンユニオンの詐欺に注意

即刻送金のできるウエスタンユニオンですが、

数日はお金がない状況も考えられます。

そう言った場合、現地の
日本大使館に相談したり、

あるいは、日本人の旅行者に
お願いしてみるのも良いかもしれません。

どうしても困っていることと伝えれば
助けてくれるでしょうから。

ただし、ウエスタン・ユニオンの
国際送金を悪用した詐欺が世界中にあります。

最近日本でもLINEラインを使った
送金詐欺が問題になりましたが、

旅に出ている友人・知人から、盗難や事故などに
遭ったので至急送金してほしいという依頼がメールで来る

という詐欺などもあるようなので注意です。

日本にいる協力者とあなたの間で
しっかりした確認が必要です。

あるいは、ATMや銀行でも同じですが、

お金を受け取った後は注意が必要です。

明らかに現金を持った外国人を
狙うケースもあり得ます。

夜間の利用は避ける、
人通りの少ない場所は避けるなど、

怪しげな人がいないか注意しましょう。

現金を持った後も、
後を付けられていないか気を配り、

すぐに宿に帰るか、安全な
トイレに行って貴重品入れに移すなど、
対策は必要です。

いずれにせよ、旅先で何が起こるのか
分からないのです。

そんなトラブルに遭った際に
やはり頼りになるのがお金です。

そして最もトラブルに注意が
必要なのもお金の管理です。

大切なお金のやり取りをできるよう、
海外放浪での海外送金、ウエスタンユニオンの使い方
をしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>