海外の放浪の旅で現金かクレジットカードどちらを中心に使う?

海外の放浪の旅で現金かクレジットカードどちらを中心に使う?
今回のテーマは、

海外の放浪の旅で現金か
クレジットカードどちらを中心に使う?

について紹介します。

クレジットカードは近年では、
使う事のできる範囲がどんどん
広がってきています。

しかし途上国を目指す
バックパッカーの旅であれば、

カードだけに頼らない方が良く
現金主義を貫く方が安全な場合もあります。

海外の放浪の旅で現金か
クレジットカードどちらを
中心に使うべきでしょう?

現金主義とカード主義の
メリットでメリットについて考えてみましょう。

いくら物価の違いはあれど、
どの国においても金銭のやり取りは必要です。

前にクレジットカードの利用について
海外で使う便利な面などを紹介しました。

なのでこう考える人もいるかもしれません。

「ならクレジットカードで旅のすべてを
すませた方がよいんじゃないだろうか、、

そうすれば盗難の心配も少ないし、」

確かに一理あります。

海外放浪の旅において
盗まれるリスクは常に意識が必要です。

現金であれば、盗まれると
泣き寝入りするしか無い場合が多いですが、

カードでは盗まれても
止めてしまえばお金は使われません。

理想を言えばカードだけですませたいですが、

残念ながら、どこでも
クレジットカードを使う環境と言うのは
整っていないのです。

日本でもまだまだ現金のみの
お店などが多いですが、

国によってその環境はだいぶ違います。

そこでクレジットカード主体の
海外への旅は悩んでしまうのです。

スポンサーリンク

海外でもクレジットカードが使えない場合も

ヨーロッパやアメリカ、アジアの都市部など、

クレジットカード支払い普及率は
かなり進んでいると思っておいていいです。

なのでこういった国を回るだけなら、
クレジットカード主体の支払いで
旅を続けられなくはないでしょう。

しかしその肝腎のクレジットカードも
使えないケースがあるのです。

例えば、カードによっては
急に海外で使う場合、

悪用をチェックするセキュリティによって
はねられてしまう事があったりします。

最近ではクレジットカードを使うときに

暗証番号を打ち込むよう
言われる事もありますが、

オンラインでの決済の場合も
またクレジットカードの裏面に記される
3ケタの数字の記入する事もあります。

これらはすべてクレジットカードの
悪用を防ぐ手段なのです。

そういった誤作動で突然、
クレジットカードが使えない事もあります。

日本でなら、クレジットカードが
使えなくても何とかなりますが、

海外でクレジットカードだけで
旅を続けようと思った人は、

そこで天を仰ぐ事になります。

またそのクレジットを落としたり
盗難に合った場合、

金銭的なリスクは無くても、
その後、の支払いができなくなります。

その保険のために
クレジットカードを2枚以上持つ人もいますが、

それでもカードだけに頼り切るのは
危険です。

現金、カードどちらも持っておく方が
何かと便利なのです。

途上国ではクレジットカードに頼り切らない

また海外放浪のバックバッカーの旅人が
多く目指す途上国への旅の場合、

クレジットカード決済はまだまだ
頼りないと言う状況です。

無人のATMに警備員が
立っているような国は危ういと
思った方が良いでしょう。

そういう国では仮に
クレジットカードが使えると書いてあっても、

機能していない事も多いです。

また停電がしばしば起こるような
エリアも期待はしない方が良いでしょう。

また電気も無いような辺境に足を
踏み入れれば

クレジットカードなど無意味である事が
すぐに分かると思います。

クレジットカードがかなり
普及しているエリアでも、

街の雑貨屋レベルになれば
クレジットカードとは無縁の世界です。

屋台などはもちろんないです。

東南アジアなどでカードが
確実に使えるのは、

大きなホテル、空港、高級レストラン

くらいだと思った方が良いでしょう。

今後普及も進むかもしれませんが、
それでもカードに頼り切った旅は
不安が残ります。

海外でも現金主義が基本

もちろん最終的にはその人の
旅のスタイルになるでしょう。

たくさんの出費が必要な旅では
多くの現金を持つのは危険です。

また欧米の大都市中心の旅であれば、

基本はクレジットカードにし、
小額の現金と言うスタイルもよいでしょう。

しかし途上国を回るバックパッカーの旅なら
それは難しいので現金主義になるでしょう。

空港についたら、レートを考慮しながら、
両替を細かくしていく旅になるでしょう。

むしろクレジットカードは
万が一のときの保険くらいに
考えておいた方が良いでしょう。

例えばスリで財布をとられたとします。

現金をすべてとられたら
帰国する事もままなりません。

そんなときにバックパックの奥に
カードを忍ばせておけば安心、

という発想です。

バックパッカーの多くは、

パスポートと一緒にクレジットカードを
持ち歩く習性がありますが、

それもその理由からでしょう。

つまり現金払いを基本として、
最後の手段でクレジットカードを使う、

と言う事です。

クレジットカードは保険があるから便利?

海外の放浪の旅で現金か
クレジットカードどちらを
中心に使うべきか?

それを考える際に考えるべきなのが、

海外に行く際、
クレジットカードの付帯機能として

旅行保険がついていて
便利であると言う意見もあります。

確かに会費が高くなっても
いざといときに心強くて便利です。

これさえあれば、海外の病院によっては

クレジットカードの保険で
キャッシュレスになる事もあります。

しかし、注意したいのは
その有効期限です。

カードに付帯の保険は
一般的に、日本を出発してから
90日までと言う事が多いです。

つまりそれ以降は保険が利かないのです。

今後、海外への放浪の旅における
保険の考え方も紹介しておきますが、

ここは理解しておいた方が良いでしょう。

ただ、クレジットカードの中には
海外でカードを使ってから90日という
ルールを採用しているカード会社もあり、

それまで保険は利かないのですが、
旅の計画次第ではそちらの方が

利用価値も高い事もあるので
しっかり検討しておきましょう。

このようにカードはどちらかと言うと
保険、緊急事態に備えて、

と言うケースに使う方がメリットがあり、

現金で旅を続ける方が、
海外放浪の旅においては便利と言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>