海外の旅におけるクレジットカードのメリットと注意点、管理方法


今回のテーマは、

海外の旅におけるクレジットカード
のメリットと注意点、管理方法

について紹介します。

海外放浪のバックパッカーの旅を
する人でもクレジットカードを持つ人が
増えてきました。

クレジットカードには
旅に有効ないくつかの利用法があります。

クレジットカードが無ければ
旅が出来ない訳ではないですが、

あるとやはり便利です。

そして上手く使えば費用に節約になります。

そんなクレジットカードの有効に使うための

海外の旅におけるクレジットカードの
メリットと注意点、管理方法など
について紹介します。

海外におけるクレジットカードの便利な使い方

海外の旅を続けるにあたって

国際キャッシュカードと
クレジットカードであれば、

キャッシュカードの方が安全性は高いです。

クレジットカードであれば
万が一盗まれた場合、

番号のみで買い物が出来るので
相手も狙っている事があります。

しかし、クレジットカードならではの
便利なメリットもあります。

注意点をふまえて賢く使えば
旅を快適にする事が出来ます。

だからこそ常時使うのではなく、
必要なときにだけ使うと言う風に
しておく方が良いですね。

個人的にはキャッシュカードは財布に、
クレジットカードは鞄に入れておき、

分けて保管する方がオススメです。

クレジットカードも便利な使い方があります。

クレジットカードは基本的に
料金の支払い時に使われます。

しかし街のATMを利用し、
現金を引き出す事が出来ます。

これがキャッシングです。

キャッシングには一定の金利が掛かります。

それを加えた額が銀行口座から
引き落とされる訳ですが、

「金利が高いのでは?」

と敬遠する人も居ますが、

実際はそれほどでもありません。

現金を両替する時、
手数料が取られます。

国によってはその割合が高く、

額にもよりますが、キャッシングの方が
得をする事もあると言います。

クレジットカードで支払う時、
手数料をとられる国もあります。

その割合にもよりますが、

キャッシングで現金を引き出し、

それで支払った方が
安くなる事もあります。

金利計算が必要になりますが、
手数料の高い国では考えても良いでしょう。

海外のホテルではクレジットカードが便利

長期間海外を旅する
バックパッカーの宿泊の場合、

ゲストハウスクラスになると
宿代は現金払いと言う事が多いです。

なのでクレジットカードの
必要性はあまりありませんが、

ある程度のホテルになると、
チェックイン時にデポジットを
要求される事があります。

これは万が一未払いになったり
備品を壊してしまったりと言った時の
保険になります。

しかし、これが宿代くらいの
額になる事が多く、

チェックアウト時に戻ってくるので、
旅の途中なら大きな問題ではないですが、

その国を出国する前日であれば、
少し困ってしまいます。

戻ってきたデポジット代を円や
次ぎにいく国の通貨に両替しなくてはならず

その手数料が無駄になってしまいます。

そんなときにデポジット代わりに
クレジットカードが使えます。

クレジットカードのメリットでもあります。

実際はデポジット相当額を
クレジットカードで支払う形にして

チェックアウト時にその支払いを
キャンセルする手法をとる事が多いようです。

こうすれば現地通貨の余りを減らす事が出来ます。

中級クラス以上の宿に泊まる場合
クレジットカードはない方が不便と言えます。

放浪の旅人は無防備にならないよう
クレジットカードの注意点、管理方法に
気をつけながら上手く使いましょう。

海外の旅の途中に使える意外な方法

クレジットカードは
海外の放浪の旅において

意外な所でメリットとして活用できます。

飛行機が目的地に向かう途中、
別の国の空港に立ち寄る事があります。

営業的な理由や給油などが目的で、
目的地以外空港に立ち寄るのですが、

これをトランジットと言います。

格安で旅行券を買って旅をする場合など
トランジットをする機会が多くなります。

そのトランジットの際に
しばらく空港内で時間をつぶさなければ行けません。

2時間程度のトランジットであれば
さして困る事はありませんが、

時には数時間、半日近い時間を
空港で費やさなければ行けない事もあります。

その時間が長くなるほど、

喉も乾けば、食事もしたいでしょう。

もちろん空港内にはレストランもあり、
困る事は無いのですが、

問題はその支払いです。

イミグレーションを超えた空港内は
その国の外と言う考え方なので、

そこではアメリカドル、ユーロ、
円などの国際通貨を使う事が出来ます。

近隣国の通貨も受け取ってくれます。

また両替所もあるのですが、

ただ問題はそのお釣りです。

例えば、1本100円もしない
ミネラルウォーターを買ったとしましょう。

財布の中にある小額紙幣は1000円、

それで支払う訳ですが、
困った事にお釣りは現地通貨なのです。

日本に近い空港ならば
日本円でお釣りをくれる事もありますが、

あまり期待しない方が良いでしょう。

小額硬貨がなければ、
お釣りは現地通貨になってしまいます。

つまり使い道の無い900円相当の
現地通貨を手にしてしまうのです。

この額を両替する方法もありますが、
額が少ないと断られてしまう事もあります。

その国に滞在する訳でもないので
お金の使い道は他にありません。

こういった場合に、

「このお金どうしようか…」

と悩んでしまうのです。

そんなときはクレジットカードが大変役に立ちます。

クレジットカードの管理方法

いくら小額の支払いでも、
クレジットカードは対応します。

お釣りも無いので
効率的に使う事が出来るのです。

トランジットの際は、
釣りの心配が無いクレジットカードを持っておくと、

カフェやレストランでも
安心して食事が出来るのです。

お土産などを買うのも良いかもしれません。

なお、海外でクレジットカードを使う際、

国によっては、クレジットカードで
支払う際、顔写真付きの証明書を
要求される事もあります。

その都度、パスポートを差し出すのも大変、

顔写真付きのクレジットカードを
作っておけばその手間が省けるので便利です。

注意点を守れば海外を旅する際に、
かなり便利なので1枚は持っておくといいでしょう。

他にも旅行保険がついていたり
クレジットカードが海外の旅を便利で
安心にしてくれる事もあるので、

よくリサーチしておくと良いでしょう。

以上、海外の旅でのクレジットカード
を使う際のメリットや注意点、
管理方法など

参考にして賢く使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>