海外旅行での国際キャッシュカードのメリット、ATMの使い方

海外旅行での国際キャッシュカードのメリット、ATMの使い方
今回のテーマは、

海外旅行での国際キャッシュカード
のメリット、ATMの使い方

について紹介します。

前回紹介したトラベーラーズチェックは
以前の海外の旅において

必須のアイテムだったのですが、

国際ATM網の拡大などに伴い、

安全性、利便性、などメリットの多い
キャッシュカード派が増えています。
海外旅行に持っていく、
お金の管理法として今の主流は
クレジットカードや国際キャッシュカード

今回は海外放浪の旅における
国際キャッシュカードの、

ATMの使い方について
紹介していきます。

スポンサーリンク

国際キャッシュカードのメリット

国際キャッシュカード1枚もって
海外に旅に出る…

これさえあれば、海外の
ATMから直接現地通貨を
引き出す事が出来ます。

キャッシュカードの
最も大きいメリットは
安全性と言えます。

余計な現金を持ち歩く必要も無く、
盗難などの危険も回避できます。

万が一盗まれたとしても
パスワードで管理されているので、

引き出される事はありません。

旅に掛かるお金がたくさんであれば
以前の現金しかない事は、

不便で心配な物でしたが、

徐々にトラベラーズチェックが
生まれたり、クレジットカードが使えるようになり、

海外でも日本で使うのと同じように
キャッシュカードを使えるようになりました。

また、国際キャッシュカードは

キャッシングではないので、
利子はつきませんし、

取得の際の審査もありません。

簡単に誰でも取得できるのも
大きなメリットのひとつです。

日本でATMを使うのと全く同じ感覚で
自分の口座から現地通貨をおろす事が出来ます。

国際キャッシュカードの広がり

数年前までは国際キャッシュカードも
まだまだ不便なものでした。

国際キャッシュカードが使える
ATMがまだまだ少なかったのです。

日本でも日韓ワールドカップが開催されるまで
ほとんどのATMが使用できませんでした。

先進国なのにキャッシュカードが
使えないなんて!…

と欧米諸国の旅行者からの
不満は大きかったのですが、

ワールドカップを機にようやく
郵貯のATMが国際キャッシュカードに対応し、

現在ではほぼすべてのATMで
使う事が出来ます。

国際キャッシュカードは、

カンボジアやラオス、バングラディッシュといった
アジアの途上国にも普及しており、

時間を気にせず24時間利用できるとして
重宝されています。

ようやくインフラが整い、
最も大きなメリットのある

お金の管理法となったのです。

海外旅行を続けるバックパッカーでも
所持している人が多いカードといえます。

国際キャッシュカードの作り方

今後恐らく、どの銀行のキャッシュカードも
国際キャッシュカードに対応するでしょうが、

現段階ではまだ一部の銀行のみが
取り扱っています。

最も有名なのはシティバンク

シティバンクは外貨建て預金口座もあり、
両替無く使える口座もあり便利です。

他にもスルガ銀行、楽天銀行、
新生銀行など

ネットに強い銀行で発行しています。

使い方は日本のATMと一緒です。

しかしATMによっては、
国際キャッシュカードを
受け付けていないものもあります。

日本人旅行者が使うカードであれば、

そのほとんどは、
国際提携銀行ネットワークである

MASTERのCirrusか、
VISAのPlusかを確認し、

そのマークがあるATMを利用しましょう。

ちなみにCirrusは100カ国、
約100万台のATM、

Plusは170カ国、約140万台のATMが
利用できます。

これはどちらも、主要な大都市を
ぶらっと歩いたら、

簡単にいくつも見つかるくらいの数です。

これはもちろん日本もおなじです。

国際キャッシュカードの使い方

では国際キャッシュカードはどうやって
使えば良いのでしょうか?

これは日本と全く同じなので、簡単です。

使用できるATMにカードを入れたら

言語を選択します。

タイなどでは日本語表記のある
ATMもありますが、

ほとんどは英語です。

入金(Deposit)
出金(Withdrow)

くらいを覚えておけば問題ないでしょう。

暗証番号を入力し、
希望の金額を入力します。

するとすぐに現金が引き出せます。

中には一定のが決まった額しか
おろせないATMもあります。

10$、20$、50$、500$など

お金はその日の通貨レートで
日本の口座から引き出され、

登録をしていればメールで

「どこでいつ、いくら引き出したか」

と言う情報が自動的に配信されます。

計画的に、しっかりと管理できるのも
国際キャッシュカードのメリットです。

国際キャッシュカードのデメリット

そんなメリットの多い便利な
国際キャッシュカードですが、

デメリットや問題もあります。

まずはATMが無ければ
引き出せないと言う事、

日本のようにどんな田舎に行っても
ATMがある国と言うのはまだ少数ですし、

回線の不具合などで故障している
ATMもよく見ます。

非常に便利な国際キャッシュカードですが、
旅を続けていくうちに気が緩み
現金を持たないようになると、

困る事もあります。

カードに頼りすぎないように、
現金もしっかり所持する方が良いでしょう。

もうひとつのデメリットが
以外と手数料が掛かると言う事、

引き落としの旅に手数料も掛かりますし、
使用するATMによってはこの手数料が
上乗せされる事もあります。

こうした手数料を計算し
賢く現金をおろす癖をつけましょう。

また、出金は出来ても入金は基本できません。

次の国に移動する際、
現地通貨が余ってしまっては

使い道が亡くなる事があるのも
注意しましょう。

また、紛失した場合は
カード会社にすぐ連絡をします。

暗証番号が分からない以上
悪用される心配は無いですが、

取引を止めてもらうに越した事はありません。

連絡先が分からない場合は
ホームページを見ましょう。

ただしすぐに再発行とは行かないので
紛失等なんにはくれぐれも注意です。

以上、海外旅行での
国際キャッシュカードのメリット、
ATMの使い方などについて参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>