海外放浪の旅でトラベラーズチェックを持つメリット、使い方


今回のテーマは、

海外放浪の旅でトラベラーズチェック
を持つメリット、使い方

について紹介します。

では今回から、海外放浪の
バックパッカーの旅における

お金の扱い方について紹介しますが、

盗難が少なくない海外で、
お金をどんな形で持って行くかは
大きな課題と言えるでしょう。

もちろん最高の方法がある訳でなく、
それぞれメリット、デメリットが
ある訳ですが、

旅のスタイルに合わせてそれを
補えるよう組み合わせるのが基本です。

まずは海外放浪で
トラベラーズチェックを持つ
メリット、使い方

について紹介していきます。

かつて旅行や出張など海外へ行く際は、
多額の現金を持ち歩くのはリスクが大きいため

そのリスクを低減するように発行される
外国旅行者向けの小切手がトラベラーズチェックで、

クレジットカードの普及とともに
最近廃れつつありますが、

それでも一部の旅行者に
支持されているのが

トラベラーズチェックです。

メリットもデメリットを理解して、
その両者を使い分けてこそ、

海外の放浪の旅では重宝するのです。

トラベラーズチェックとはなにか?

安全度から言えば
トラベラーズチェックに
勝るものはありません。

購入した本人しか使えないことで、
盗難や紛失の際に再発行が
可能だからです。

そのその日本では小切手を
使う文化が少ないため、

あまり知られていませんが、

かつてトラベラーズチェックも
クレジットカードも無い時代、

海外に持っていくのは現金が主流でした。

しかし、その滞在に掛かる現金を
大量に持ち歩くのは

不安ですしリスクが高まります。

そこで生まれたのがトラベラーズチェックですが、

トラベラーズチェックは、

その名の通り旅行者用の小切手で、
旅に出る前、銀行で作る必要があります。

通貨単位は円や米ドル、
ユーロなど様々なので、

訪れる国の両替事情を考えて作りましょう。

また額面も様々で

例えば米ドルの場合、
10米ドルから100米ドルまで

各種用意されています。

これも、渡航国の物価を考えて
決めていく事になります。

トラベラーズチェックのメリット

トラベラーズチェックの最大のメリットは
その安全性です。

受け取ったチェックを見てみましょう。

サインする場所が二つありますが、

そのうち一カ所だけにサインをします。

日本語でも英語でも良いですが、

パスポートと同じサインが無難です。

このサインは受け取ったチェック
すべてにしておきます。

現地で両替するときには
やはり銀行に行きましょう。

両替商などでは受け付けていない場合が多いからです。

案内されたカウンターで
トラベラーズチェックとパスポート

書類が必要な場合は
出された物に記入をし、

一緒に提出します。

そしてチェックのもう一カ所の
サイン場所にサインをし、

係員が同じ筆跡である事を確認します。

こうした手続きの後、
現金が得られるのです。

本人のサインが無ければ
両替できないため

万が一紛失をしても、
盗難に遭っても、

チェックの番号や額面などを
控えておけば再発行が可能です。

所定の手続きを踏めば
リファンドで返金を受けたり、

再発行が可能なのです。

日本に帰宅して余った時にも
お金に換えられるのも良い点です。

安全性に優れているのが
トラベラーズチェックのメリットです。

トラベラーズチェックの真の活用法

しかしトラベラーズチェックにも
デメリットがあります。

かつてはトラベラーズチェックを
持って旅をするバックパッカーが
主流だったのですが、

今では少ないです。

一連の手続きがめんどうな事、

銀行が開いている時間しか
両替できない事などで、

なかなか現金化するのが大変です。

なので便利なカードに
切り替える旅行者が増えたのです。

メインの旅の資金源として
トラベラーズチェックを使うのは
不便な事が多いです。

ただし、リスク回避が大切な
海外放浪の長期の旅になれば、

トラベラーズチェックほど
安全性の高いものはないのです。

財布に現金とカードを入れておきます。

それを旅のメインとして使いますが、

万が一盗難やスリにあい
財布がを紛失したりとられたりした場合、

かなり危険です。

そのときにリュックの底に
数枚トラベラーズチェックを隠しておけば、

安心できますし、緊急時に活用できます。

サインをしていなければ、
万が一とられたとしても

換金される事は無いので、
安心できるのです。

ただ、

いざという時の緊急資金として
何枚かのチャックをリュックの底に
隠しておくのも良いですが、

常時活用する旅のメイン資金としては
その役目を終えた存在なのかも知れません。

デメリット、メリットをふまえつつも、

まだまだ活用の余地があるのが
トラベラーズチェックなのです。


*注意点*

ただし、2014年3月、日本国内での
トラベラーズチェックの
販売はすべて終了しました。

代わりに国際キャッシュカードや
国際プリペイドカードなどが登場しています。

まだまだ使える事も多いと感じますが、
時代の流れはそういう事なのですね。

ただ考え方は、適応出来る部分もあるので
このままこのサイトに掲載させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>