ゲストハウスやカウチサーフィンを使って海外へ節約旅をしよう


今回のテーマは、

ゲストハウスやカウチサーフィンを
使って海外へ節約旅をしよう

について紹介します。

旅をするにあたり宿は
欠かせないものです。

放浪の旅をする人
特に若い旅人は、

色々な場所に泊まる経験を
ぜひ積んで欲しいと思います。

こうした宿探しの経験は
旅のスキルをあげてくれます。

前回、海外放浪の旅における
安宿の探し方と言うテーマで

安宿を使って旅先を回る方法を
紹介しましたが、

他にも節約旅をする色々と方法があります。

ゲストハウスやカウチサーフィンを
使うことも節約旅にとっては面白いでしょう。

海外放浪の旅におけるゲストハウスの使い方

ゲストハウスとは、素泊まりで泊まれる
宿と言うようなものですが、

長期間旅をするバックパッカーは

過剰なサービスよりも
最低限の設備で一泊あたりの単価が
格安である方がメリットがあります。

また、旅人が集まるゲストハウスならではの
楽しみ方もあるのです。

ちなみに旅をする際に覚えておきたいのが

ゲストハウスや安宿は予約をする
必要がないということ、

日本では通常考えられない事ですが、

来たお客さんから順に受け付けて
泊まらせるのが一般的で

安価な宿泊施設であれば、
これが世界的には当たり前です。

きっちりとした予定も立たずに

旅をしている旅行者や商人は

「部屋ありますか?」

とホテルに飛び込むのです。

最近は小さなゲストハウスでも
メールアドレスやホームページを持ち

ネット予約を受け付ける宿も
増えてきました。

ただ管理がいい加減なので

「到着すると予約が入っていなかった」

なんて事もあるので要注意です。

ゲストハウスの活用法

節約旅をするにあたり、
ゲストハウスの一番のメリットは
宿泊費がとにかく安いことです。

この手のゲストハウスは
安い国のドミトリーで1泊1~2米ドルほど

シングルなら3~5米ドル
が最安値と言う所でしょう。

シャワーやトイレが共同と言う所も多く、

ロビーや中庭があって
旅行者の交流スペースとなっている宿もあります。

旅行者がたくさん行き交う
ゲストハウスであれば

現地発ツアーに一緒に参加しようと
呼びかけるシェア募集の張り紙や
伝言板、情報ノートがあったりします。

こういった交流やイベントで
楽しめるのもゲストハウスならでは、

Wi-Fiを利用するゲストハウスも
急増しています。

ネット環境に関してはむしろ
高級ホテルよりも充実しているかもしれません。

チェックインは空き部屋があれば
いつでもOKで

チェックアウトは昼12時が基本です。

滞在中は、仲井さんが面倒を見てくれる
日本の旅館などとは異なり
完全に放置ですが、

困った事があればスタッフに相談すれば
ある程度の事は答えてくれます。

食事はなく、素泊まりの事が基本なので
食事は外食をするのが基本です。

何かスーパーで食べ物を買い
スペースで食べるのも大丈夫です。

ゲストハウスのいい点は何と言っても
「気安い事」です。

周りに気を使う事など何もなく

自分の家のように
リラックスをして過ごせば良いのが嬉しい所、

ただしドミトリーでは
集団生活のマナーを守るべきでしょう。

ものすごいいびきの人などいますが。。

世界に散らばるゲストハウスは
バックパッカーの宿の節約旅の基本となります。

無料で旅が出来るカウチサーフィンとは?

さらに安宿を活用する
バックパッカーにとって注目の方法が、

最近欧米のバックパッカーを
中心に流行しているのが

カウチサーフィンと言うサイト
https://www.couchsurfing.org

これは世界を旅する旅行者と
それを受け入れるホストとの交流促進が
目的のウェブサイトで、

簡単に言えば、

「ホームステイ先を探す」のに
使われます。

ただしホームステイと違うのは
すべて無料と言う事、

つまりタダで泊めてくれる人を
登録しているのです。

カウチと言うのはソファと言う意味で、

あなたも友人が家に泊まりにきたときに
ソファに寝ていいよ

と言った事があると思うのですが、

つまりこれを海外旅行者に提供してくれる

ということで、

海外放浪のバックパッカーにとっては
嬉しいシステムなのです。

カウチサーフィンの使い方

カウチサーフィンを使うためには、
まずはサインインをします。

名前やメールアドレス、住所などを入力し、
規約に同意して登録します。

ただ使用はすべて無料ですが
18歳以下は参加できません。

登録が終了したら、

目的地の国や地域を探索し、
ホスト登録をしている人を捜してみましょう。

宿泊させてくれる人や
食事やガイドをしてくれる人など

旅行を手助けしてくれる様々な
人が見つかるでしょう。

登録者は世界中に増えていて、
ほとんどすべての国や地域にいます。

そして写真や各種プロフィール
などから判断をし、

これぞと言う人が見つかったら、
後はメールで直接のやり取りになります。

プロフィールにはその人の使える
言語の表示もありますが

多くはやはり英語なので、

英語を使えた方が便利なのは
言うまでもありません。

このやり取りの段階で信用を築き、

実際に現地であり、
案内してもらったり、

ホームステイさせてもらったりという
流れになるのですが、

もちろん利用は自己責任、

この手のシステムの中では
驚くほどトラブルは少ないですが、

ゼロではありません。

女性の旅人がホストを探す場合は
同性や家族同居の人が安心でしょう。

日本ではまだ知名度の低いサービスですが、

欧米の旅行者は

「日本人にもっと登録してもらいたい」

と嘆いている様子ですが、

旅行者で現地の人と交流したい人は
ぜひ登録してみましょう。

なおこのカウチサーフィンの
登録後は、

旅行に関するSNSのようにも使えます。

世界中の旅好きたちと
知り合う良いきっかけになるでしょう。

こうした方法を使いうまく節約旅をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>