海外における便利な移動手段(電車、地下鉄、バス、タクシー)


今回のテーマは、

海外における便利な移動手段
(電車、地下鉄、バス、タクシー)

について紹介します。

旅の移動の過程の全てに
運転手や添乗員が用意してくれる…

というパッケージツアー

以外の海外放浪や
自分で決める旅の場合、

交通手段を使うのは一苦労です。

前回は現地の交通手段として
交渉が必要な特別なものを紹介しましたが、

電車、地下鉄、バス、タクシー

というのはやはり、
海外における便利な移動手段です。

添乗員がいて、
現地の観光地に一緒に
ついていってくれるような

パッケージツアーでないかぎり、

こうした移動手段を使うのは
大切になります。

基本的に電車、バス、タクシーは
世界中ほとんどの地域にあり、

使い方もほとんど同じです。

しかし日本と海外では違いもあり、

それぞれメリット、デメリットもあります。

海外放浪の旅をダイナミックで
便利で楽しく過ごすために、

こうした移動手段の上手な
活用法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

海外での移動手段としての電車

もしも海外に放浪の旅に出る際、

行き先が先進国の大都市であれば、
電車の都市交通システムは発達しています。

東京の路線図は
世界トップレベルで複雑ですが、

網の目状に交通網が発達しています。

先進国の都市であれば、
日本の都市部と同じように、

地下鉄や電車、モノレールなど
市内を覆っています。

こういった電車での移動が、

路線図やチケット販売機には
たいてい英語が併用されていますし、

韓国などでは、日本語の案内も
充実しています。

電車のシステムというのは
たいていどこの国でもシステムは共通なので、

この手のシステムに慣れている
我々日本人の場合、

一目で買い方、乗り方は
理解できる事でしょう。

また電車は、渋滞に巻き込まれない
と言うメリットがあり、

時間が読めるので、
空港や長距離バス乗り場に行く時
などにも重宝するでしょう。

もちろん世界の電車のタイムテーブルは
日本ほど正確ではない事が多いです、

ほとんど時間通りに
ならない国もありますが、

ある程度、予測は可能です。

料金は概ね安く、
もちろん交渉の必要もない、

ぼったくりの心配はないので安心です。

バスやタクシーほど移動先の
自由性がない事もデメリットかもしれません。

海外における電車と言う移動手段は
「旅情」にはやや欠けるもの、
便利で快適と言うのは確かです。

海外での移動手段としての路線バス

どの国でも路線バスと言うのは
安く移動できる交通手段でしょう。

ただ、外国人が自由に
乗り回すのは案外難しいです。

英語圏以外では英語の案内は
ほとんどありませんし、

運転手さんが英語を喋れる事も
ほとんどありません。

バスの路線は複雑ですし、
どのバスの乗ればどこに行けるか、

把握するのは大変です。

この番号のバスに乗ればいいと
乗り込んだ所、逆方向に進んでしまう事も
良くあります。

バンコクではガイドブックや
インターネットなどで

バス情報が充実していますが、

こういった都市はむしろ珍しいです。

現地の移動手段として
バスを活用する場合は、

目的地までの生き方を
宿の従業員や旅行会社などに
詳しく聞いておきましょう。

その上で、乗車の際にも
運転手や車掌さんにも確かめる事、

不慣れな外国人となれば、

降りる場所で教えてくれる事もありますが、
毎回そうとはいかないので、

ガイドブックなどで降りる目安となる
場所をあらかじめ調べておきましょう。

また注意点として覚えておいてほしいのが、
海外でバスに乗る際、

料金は非常に安いですが、

高額紙幣しか持ち合わせていないと、
おつりがない事もあります。

私の友人は海外到着初日に
バスに乗り込み、

紙幣しか持ち合わせておらず
お釣りをもらえないで、

嘆いていました。

そうならないようにしっかり
小銭を用意して乗り込みましょう。

海外のバスには
大きいものから小さなミニバスタイプ、
公営市営と色々あるので

なかなか旅行者には把握しきれませんが、
便利な面もあるので、

移動手段のひとつとして考えておきましょう。

海外での移動手段としてのタクシー

バスとは反対に、
最も割高な移動手段がタクシーです。

バックパッカーにとっては
下手をすると、

泊まっているゲストハウス1泊分の
料金が1回の乗車で飛ぶ…

なんて事にもなってしまいます。

海外放浪の旅人にとって
使うのに勇気がいるのがタクシーと言う存在、

それでもタクシー以外の
移動手段がない場合、

なにかしらの緊急時や

深夜に空港について公共交通機関の
営業が終わっている場合など、

どうしても乗らざるを得ない事もあります。

そんなとき海外のタクシーで不安なのが、
ぼったくりの被害、、

メーターを使ってくれるタクシーなら
概して親切だしぼったくりの心配はありません。

しかしこういったタクシーは
ある程度発達した国にしかなく、

メーターがあるのに使わない国もあります。

こういった場合は交渉が必要ですが、
法外な値段であれば、

別を当たるようにしましょう。

またメーターがあるので安心と乗り込んだ所、

実は改造メーターを使っていて
ものすごい勢いで料金が上がっていくという

とんでもないぼったくりタクシーも
ベトナムなどには実在します。

こういった輩には、ナンバーを控え、
警察に通報する、

抗議して交渉するなど、

身の危険がない範囲で抵抗しましょう。

前回紹介した交通機関のチャーターという
上級テクニックですが、

タクシーもチャーターする事が出来ます。

タクシーのチャーターと聞くと、
何だかリッチなセレブ旅のように
感じるかもしれませんが、

例えば宿で知り合った旅行者と
シェアするなどすれば、

思いのほか安く上がるのです。

タクシーなどの移動手段でないと
訪れる事の出来ない遺跡などもあり、

現地で知り合ったバックパッカーたちと
即席チームを結ぶ事も多く、

それもまた楽しいものです。

以上、上手に移動手段を組み合わせ
快適な旅を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>