海外で現地の交通機関、乗り物を使う方法、ぼったくり対策

海外で現地の交通機関、乗り物を使う方法、ぼったくり対策
今回のテーマは、

海外で現地の交通機関、乗り物を
使う方法、ぼったくり対策

について紹介します。

海外旅行に出かけた際、

パックツアーでない限り、
現地の交通機関を使いこなす事で、

移動距離が増え、旅の醍醐味が増えるもの、

現地での足となるべく、
交通機関を使いこなす極意を
紹介していきましょう。

海外では、タクシーから人力車まで
様々な交通機関があります。

お国柄も色濃く反映される
現地の交通機関をうまく使い分けて

安く快適に移動する

旅慣れてくるほど、
現地の人と全く変わらないような
手段で移動が出来るようになります。

こうした手段を使い分けてこそ、
その国のその町の見えてくる部分が
たくさんあります。

キレイに体裁を整えた
観光地に用意された車で行く…

それも良いですが、

せっかくなら、その国の
空気を体感出来る移動手段をとるほどに、

旅は味わい深くなっていきます。

そしてバックパッカーであれば

自らの足も交通手段のひとつ
だと言う事を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

要交渉性の交通機関

海外を放浪していると、
日本では見かけないような

現地と特有の移動手段があります。

こういった交通手段は
便利ですがひとつ問題もあります。

市内を移動しようと思ったら、
バックパッカーの前に立ちはだかるのが

交渉性の乗り物です。

ベトナムのシクロ
インドのサイクルリキシャ

など自転車を改造したもの、

インドシナ半島各国で見られる
バイクの後部座席に乗る
バイクタクシー、

軽三輪を改造した
インドのオートリキシャなどなど

メーターがないので
料金はすべて交渉で決められます。

相場を知らない外国人と見て、
不当な料金を請求するものもいるのです。

日本と海外ではシステムが
全く違うので、

すべて日本と同じようだと
考えてはいけません。

こういった乗り物は、
現地の景色を見ながら移動できる、

旅の醍醐味とも言える乗り物ですが、

観光客相手になれば、
彼らは不当な請求をしてきたりします。

無駄な費用を出さないために
しっかりと対策を立てておきましょう。

ぼったくり交通機関に注意

「どうせ日本円に換算したら
たいしたお金じゃないし、

不当なお金を少しくらい多く
払っても良いや…」

と言う考え方もありますが、

観光客にとってはそれでも
良いかもしれませんが、

旅を続けるバックパッカーにとっては
そうもいきません。

無駄な費用を払わないために

あらかじめ宿の主人に話を聞くなど
ある程度の相場をつかんでおきましょう。

そして乗る前に必ず
料金の確認をします。

目的地に着いてからだと
法外な値段を請求されても
断れないなどトラブルも多いので、

必ず乗る前に交渉します。

特にベトナムや中国では
ぼったくり被害が多いようで、

またタイではオート三輪の
トゥクトゥクが有名ですが、

観光地で客待ちをしているものは
観光客狙いの高い値段を提示してくるので、

これならタクシーの方が安いです。

またタイやインドでは運転手が、

「そのお寺は今日は閉まっている」
「その店は潰れた」

などと言って違う場所に
案内しようとするケースもありますが、

99%詐欺なので相手に
しない方がよく、

すぐに降りるようにしましょう。

偽物のブランドショップに連れて行かれて
トラブルになるケースなども良く聞きます。

どの乗り物にせよ、
あまりに高い値段を言われたら
交渉の余地はありません。

まともな料金で行ってくれる人を捜しましょう。

当然ながらどの国も全員が悪人、、
と言う訳ではありません。

観光客の出入りの多い場所から
離れるなどすれば、

良心的な運転手に当たれます。

とにかく事前の確認、交渉を
忘れなければ、

大きなトラブルは避けられます。

うまく交通機関を利用しよう

これらの乗り物は庶民の足として
都市部を中心に活躍しています。

地元の人に交じって乗り
「町を泳ぐ」のはなかなか気分のいいものです。

もちろんバックパッカーの移動の基本
歩くと言うのは重要ですが、

それでは距離はある程度に
限られてしまいます。

交通機関をうまく使えば
移動距離は大きくなります。

旅が長くなり、
その国に慣れてくると、

およその相場も分かり、
もめる事なくスマートに
利用できるようになるでしょう。

ただ少し厄介なのは、
バックパッカーの放浪の旅が
長く続いてしまうと、

交通機関に乗る前の交渉癖がついてしまい、

ぼったくりの少ない都市や
日本に帰国してからも、

しつこく値段交渉をしてしまったり
するともあります。

私は以前アメリカのシカゴで
タクシーの乗ろうとした際

運転手さんと値段交渉をしつこくして

「うちの国ではメーターを
ごまかすような事はしない」

と怒られてしまった事があります。

少し反省しましたが、
自分の身を自分で守る態度は

旅人にとっては重要なので、
常に意識しておいていいでしょう。

上級編として、現地の特別な交通機関を
使いこなす極意として、

便利なのは、彼らを数時間や半日、
1日と言った単位でチャーターできる事、

もちろん料金は交渉次第、

市内や郊外を自分の好きなように
回ってもらったり、

公共の交通機関がない
遺跡や観光地に行ってもらったりと、

様々に活用できます。

あれも見たい、ここも行きたい、
こんな場所は知らないか?

…など、結構いろいろな
わがままにも対応してくれるので
助かります。

こうした交通機関を使いこなせるようになれば、

移動距離が格段に上がり、
旅はダイナミックになるので、

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>