海外で空港からタクシーに乗る際の注意点、悪質なタクシーに注意

海外で空港からタクシーに乗る際の注意点、悪質なタクシーに注意
今回のテーマは、

海外で空港からタクシーに乗る際の
注意点、悪質なタクシーに注意

について紹介します。

ようやく目的地に着いたとして、

空港でやるべき事をやったら、
いよいよ町に移動です。

そんなとき移動手段として
海外で空港からタクシーに乗る際には
注意点がいくつかあります。

悪質なタクシーには
注意が必要です。

空港にいるタクシーは
信頼できるのでしょうか。

発展途上国の場合、
かなりの確率で

悪質なタクシーが混じっています。

また悪質でない場合も、

日本とは勝手が違う事も少なくありません。

メーター制ではなく、
乗る前に料金交渉が必要だったり、

運転手が行きたくない場所であれば、
平気で乗車拒否されたりもします。

日本でもたまにありますが、

わざと遠回りをする運転手も
結構います。

料金交渉に折り合いがつかない時は、
諦めて次の車に当たる方が良いでしょう。

スポンサーリンク

海外で空港からタクシーに乗る際の注意点

先進国やしっかりとした
タクシーが揃っている国もありますが、

国によってまったく違います。

告げたのと違うホテルに
連れ込んだり、

怪しい旅行会社や土産物屋に
案内したりと、

空港のタクシーが絡んだ
犯罪は案外多いものです。

とくにインドのニューデリー
は要注意です。

比較的安心できるのが、

プリペイドタクシー

多くの空港で導入されています。

空港内のタクシーカウンターで
行き先を告げて料金を払い、

チケットをもらいます。

それをタクシーに提示して乗車し
降車するときにチケットを
渡すシステムです。

運転手とのお金のやり取りは
いっさいないですが、

チップなどと言われても
相手にしないように、

しかし例えば、ベトナムのように
空港内のタクシーカウンターでさえ
信用ならないと言う国もあります。

こんな国で意外に使えるのが、

到着ロビーではなく、
出発ロビーを見てみると言う方法です。

旅行者が到着するロビーでは
悪人が待ち構えているかもしれませんが、

出発ロビーには市内から
人を運んできたばかりの
タクシーがたくさんいます。

空港から長距離を
空車で市内まで戻るよりも

人を乗せた方がいいに決まっています。

出発ロビーで捕まえた
運転手さんほど、

きちんとメーターを使ってくれたり、
交渉性だとしても

相場通りの額を提示してくれる
確率が上がるのです。

移動手段としてのタクシーの活用法

空港からの移動だけでなく
町中の移動でも、

一人旅のバックパッカーの旅では、

タクシーは高くつくから、

現地での移動はもっぱら
地下鉄、バス、徒歩が中心…

になりがちですが、

たしかに、現地の公共交通手段は
ローカル感が味わえ

切符の買い方などに発見があり、
旅の醍醐味です。

しかし、全ての移動を
地下鉄やバスにこだわる
必要もないでしょう。

タクシーを有効活用すれば、

時間短縮もできて効率化できます。

より大切なのはお金より
時間という考えもあります。

乗り換えが面倒なとき、
夜遊びした返りなど、

ケースバイケースで対応したい所です。

値段を浮かす為には、

できる限り目的地方向と
同じ進行方向の車線から
拾うのが鉄則です。

海外では日本と比べて
一方通行の道が多いから、

逆方向でタクシーに乗れば
無駄に時間とお金がかかってしまいます。

ちなみに、日本のタクシーと
違う点として、

どの国でも共通しているのが
ドアが自動ではないと言う点です。

降りる時についいつもの
日本の癖でそのまま出て
行きそうになりますが、

忘れずに締めるようにしましょう。

あるいは余談ですが、

海外ではなぜかシートベルト
を付けたがらない運転手も至り、

大きな声で歌いながら
運転する人もいます。

安全運転はお願いしたい所ですが、

この辺りの文化の違いも
なかなか興味深いです。

夜中の空港到着とタクシーの利用法

ここで問題なのは深夜に
空港に到着した場合です。

公共交通機関はもう
運転しておらず、

エアポートバスも走ってない、、

怪しげなタクシーがいるのみ、

と言う状況に陥った場合、
どうすれば良いのでしょうか。

こういった場合は信用ならなくても
タクシーを利用するしかありません。

事前の値段交渉は忘れずに、

タクシーの問題点としては
ほとんどが金銭面なのですから、

ここさえ注意すればほとんど問題ありません。

或は多少ぼられたと感じても
安心できて納得できる範囲なら
大目に払うのも仕方ありません。

約束したホテル以外の場所に行く時は

きっぱりと拒絶する事です。

なめられない態度が肝心です。

また同じ飛行機に乗っている
旅行者と一緒にタクシーをシェアする
と言うのも安心の方法です。

一人よりも多くの仲間がいれば
運転手もおとなしくなります。

深夜の到着で不安を感じたら
日本人でも、欧米人でも
外国人旅行者を探してみると良いでしょう。

あるいは空港で夜を明かすのも
手と言えます。

宿をまだ決めていない
バックパッカーの旅の場合、

あまりに遅い時間帯だと
宿探しも厳しいので、

空港のソファーなどで
仮眠をとって朝を待ちます。

ただ荷物には気をつける事です。

以上、悪質なタクシーに注意など

海外で空港からタクシーに
乗る際の注意点を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>