海外のSIMカード入れ替えれる携帯電話を現地で買うと便利


今回のテーマは、

海外のSIMカード入れ替えれる
携帯電話を現地で買うと便利

について紹介します。

海外を放浪する際、
特に途上国を中心に歩くなら

現地で買うSIMカード入れ替えれる
携帯電話は威力を発揮します。

ネット環境も脆弱な途上国では、

日本との連絡で威力を
発揮するのは現地で買う携帯電話
だったりします。

旅の途中のアジアで
携帯電話を一台手に入れれば
出費も抑える事が出来ます。

日本と世界の携帯電話事情

日本の携帯電話システムは
世界の中では少数派です。

性能はいいのですが、
設備投資が高くつきます。

それに対して
世界の多くの国が採用しているのが
GSMというもので、

そのシェアは80%を
超えていると言われます。

多くのバックパッカーが訪れる
特に途上国では

その費用の問題から、
圧倒的にGSMが多いです。

彼らが使っているのは
日本とシステムが違う携帯電話なのです。

世界の通信事情は
急速に良くなっています。

以前に解説したように
Wi-Fiと呼ばれる無線LAN電波が

日本へと、メールやスカイプで
結んでくれます。

ネット検索も日本語で可能です。

海外放浪の旅に携帯電話はいらない?

放浪の旅人にとって
電話をかける理由はほとんどありません。

基本的にネットやスカイプで
事足りるでしょう。

しかしそういったネット環境は
国によってずいぶん違います。

中級以上のホテルでは
インターネットにつながりつつありますが、

ゲストハウスになると
普及率が低い国もあります。

最貧国であれば
未だに電力供給が
安定しない実情すらあります。

しかし海外放浪の
バックパッカーたちは、

なぜかそういった貧しい国に
足を向けがちです。

ネットが通じない国でどうやって
日本と連絡を取るか、、

やはり電話と言う事になりますが、

そういった国では
日本でのローミングサービスの
対象国になっていない事もあります。

そんなときに効力を発揮するのが、
現地の携帯電話なのです。

海外のSIMカード入れ替えれる携帯電話

今世界の携帯電話は
かなり安くなっており、

タイのバンコクでは
カメラなどの機能がツイていない
機種であれば、

1台3000円ほどで
買う事が出来ます。

そしてその携帯電話が
世界中の多くの途上国で使えるのです。

なぜそんな事が可能なのか?

世界のほとんどの国は
GSMと言うシステムを採用していて

そしてほとんどの国で
SIMカードの入れ替えが自由です。

例えば、

タイのバンコクで3000円ほどの
携帯電話を買います。

そしてその電話器を持って
バングラディッシュを訪ねます。

バングラディッシュの
町の中は、

数多くの携帯電話ショップがあります。

そこでバングラディッシュの
SIMカードを買います。

それを携帯電話に入れれば
バングラディッシュの携帯電話として
使う事が出来るのです。

SIMカード代はだいたい2000円ほど、

プリペイド式になっていて
一定の金額をチャージすれば

その場から携帯電話として
使う事が出来ます。

もちろん日本まで電話を
かける事も可能ですし、

アルファベットでよければ
メールをうつ事も出来ます。

こうして訪ねる国が変わるごとに
その国のSIMカードを入れ替えれば、
どこでも携帯電話を使う事が出来ます。

現地の携帯電話を買うと便利

このスタイルは途上国に限らず、
ローミングが可能な国では

通話状態だけを見れば
現地のSIMカードのスタイルの方が
断然優れています。

例えば中国、

日本の携帯電話の
ローミングは可能です。

が、地域によっては
そのサービス外であったり、

仮に使えても音声が悪く、
なかなか会話が出来ないこともあります。

しかしSIMカードを入れた
中国の携帯電話であれば

ほとんどのエリアで通話でき、
音声も良いです。

携帯電話会社にすれば、
通話状態が悪いとユーザーから
文句が来ます。

必死に電波網を広げています。

そしてローミングに比べれば
かなり安いのも特徴です。

これはどのくらい日本に電話を
かけるかにもよりますが、

最近では国際電話の
価格競争も始まっており、

安い電話番号もいくつかあります。

プリペイド携帯電話があれば便利

海外放浪の旅において

日本にどのくらいの頻度で
連絡を取るかは人それぞれです。

しかし万が一の事を
考えれば、

日本にすぐに電話をかけられる
携帯電話を持っているのは
心強いものです。

人によっては家族や両親との
連絡網を確保する必要があるでしょう。

あるいは、どうしても
店の予約をしたい、

現地でできた友人と連絡を取りたい…

という場合、携帯電話は
あった方が便利です。

SIMカードを買った時点で
その国の番号ももらえるので

日本からの電話も簡単に
受け取る事が出来ます。

海外で買うSIMカードには
有効期間があります。

プリペイド方式の
SIMカード入れ替えれる
携帯電話であれば安心です。

金額に関係なく
半年と言った国もあれば、

チャージ金額が有効期間と
リンクしている国もあります。

その期間が過ぎると
SIMカードも無効になってしまいます。

SIMカードを買うときには
その有効期間は確認した方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>