海外放浪のための旅先でのネット接続、Wi-Fi環境、無線LAN


今回のテーマは、

海外放浪のための旅先での
ネット接続、Wi-Fi環境、無線LAN

について紹介します。

旅先でのネット接続、
Wi-Fi環境に関して、

海外でのネット事情は、
日本とはだいぶ違う事が多いです。

日本の方が特殊なケースであり、
海外の旅やカフェなどでは

Wi-Fiの電波が飛び回っており
その多くが無料で利用できます。

日本国内の通信事情は
「ガラパゴス」と
世界から皮肉られています。

独自の進化系を進んでおり、
その元凶が携帯電話です。

日本国内では携帯電話を
ツールにした通信が高度に進化しています。

これは国内だけを考えれば
非常に便利な面でもあるのですが、

それは海外へ放浪に出かけた場合、
通用しない事が多く、

ガラパゴスと呼ばれるゆえんでもあります。

海外ではシステムの違いなどもあり、

携帯電話は日本ほど進化を
遂げてはいません。

どちらかと言うと
本来の電話機能の使い方が強く、
せいぜいメールどまりである事が多かったです。

iモードや携帯ネットサービスなど
複雑な機能はあまりありませんでした。

その代わりに一気に広まったのが、
Wi-Fiこと無線LANによる通信です。

パソコン用の電波ですが、
この電波が使えるスマートフォンが
普及し始め、

一台で携帯電話と
パソコンの両方の機能を持つように
なってきました。

もちろん日本でも普及しているのですが、

ここで注意したいのが、

iPhoneを代表する日本の
スマートフォンの電波と
無線LAN電波の違いです。

スポンサーリンク

旅先でのスマホ利用の注意点

iPhoneは3Gと言う携帯用電波と
無線LAN電波の両方に対応します。

日本では3Gという
携帯用電波を使って通信しています。

この3Gは海外でも使われていますが、
海外で3G電波を使って通信すると
ローミング扱いとなり、

料金がぐっと跳ね上がるのです。

そのため海外にiPhoneを
持っていく場合には

3G電波受信をオフにし、
パソコン用の無線LAN専用器として
使わなければいけません。

携帯の普及で日本国内の
無線LAN網は弱い事が多いです。

しかし海外では無料の無線LANを
簡単に利用できるので、

この方が遥かに得なのです。

LCCが普及し、
今の海外放浪のバックパッカーの旅では

ネット環境が不可欠になっています。

海外には多くのネットカフェがありますが、

日本語環境がない事が多く、
セキュリティの関係から
クレジットカード決済も難しいです。

そこでケータイを使おうと
日本人は考えがちですが、

スマートフォン以外の日本の携帯電話は
無線LANに対応していません。

バックパッカー旅の
ネット環境を考えるときには

まず日本の携帯文化を
外す事が大切です。

海外放浪の旅に持参するのは
無線LANに対応するノートパソコンや
スマートフォン、タブレットでしょう。

これがあれば海外のネット環境に
対応していく事が出来ます。

LCCの予約、購入も
可能になっていくのですから、

海外放浪のための旅先でのネット接続

以前は旅先でネットに接続するのは
本当に大変でした。

もでもでの接続が主流で、
回線速度も遅い所に、

電話料金を気にしながら
ちまちまとやっていたのです。

まだフロッピーディスクの時代でした。

今や、ノートパソコン
スマホを持って行けば、

電波さえ見つかれば、
いとも簡単にネットに接続できます。

海外で無線LANの事をWi-Fiと言います。

カフェなどの入り口に
Wi-Fiのステッカーが貼ってあったり、

「FreeWi-Fi」と書いてあったりします。

まずそこで無線LANの電波を
拾ってみます。

恐らくいくつかの電波を
キャッチするはずです。

その中から店の名前を
記した電波を選びます。

セキュリティが掛かっていなければ、
そのままネットにつなぐ事が出来ます。

セキュリティが掛かっていたら
店員さんなどに

「パスワードプリーズ」

などと言えば、

その場でパスワードを
教えてくれます。

店によっては有料の場合も
ありますが、利用料は安いです。

ゲストハウスでも最近では、
無線LANの設備が整っている事が多く、

そんな場合なら、部屋で
ゆっくりとネットにつなぐ事が出来ます。

スカイプを使えば
無料で日本に電話をかける事も出来ます。

もちろんそこでLCCの
予約、購入も可能と言う事です。

宿を選ぶときにWi-Fiについても
聞いてみると良いでしょう。

宿が分からしたら
Wi-Fiの設備がある事は
アピール材料にもなります。

旅先でのWi-Fi環境、無線LAN

世界の空港もWi-Fiに対応しており、

アジアの主だった空港は
Wi-Fiが利用できると言っても良いでしょう。

パスワードはインフォメーションで
教えてもらえ、利用料は無料です。

その店や宿にWi-Fiがなくても
近隣の電波を拾う事もあります。

それがセキュリティが
掛かっていなければ

無料でネットに接続でき、

極端な話、路上でも
ネットにつなぐ事は可能なのです。

ただクレジット決済などする際、
セキュリティの掛かっていない
電波は利用しない方が良いでしょう。

クレジットカード番号などを
打ち込むために、

どこで悪用されるか分からないからです。

また国によっては電波の
不正利用は法に触れる可能性もあります。

或は有料で接続できる
サービスもあるので、

その方が安心かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>