海外旅行での無駄な費用を節約できるLCCの賢いサービス活用法

海外旅行での無駄な費用を節約できるLCCの賢いサービス活用法
今回のテーマは、

海外旅行での無駄な費用を節約できる
LCCの賢いサービス活用法

について紹介します。

LCCの賢い活用法としては
機内食やサービスを出来るだけ削減する事、

そして、安いから、以外にサービスを
如何に賢く補うかにかかっています。

そんな活用例を今回は紹介します。

LCCは経費削減のために

無料の機内食を
省略されています。

その分、航空券が安く
なっている訳です。

機内ではサンドイッチや
カップヌードル、

飲み物などがワゴンに
乗せられて販売されます。

料金はそれほど高くないですが、

街で買うよりは高いです。

街でサンドイッチなどを買って
乗り込むとさらに賢く節約できます。

機内での音楽や映画と言った
エンターテイメントも全くなく、

2時間くらいまでなら良いですが、

それ以上になるとやはり暇です。

本やゲームなどを事前に用意しておく
乗客もいます。

LCCによっては英字新聞を
置いてある所もありますが、

有料だと思った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

LCCでは荷物の重量には要注意

預け入れ荷物に関しては
ほとんどのLCCが有料で、

重要に応じて課金するシステムを
とっています。

そして機内に持ち込む荷物も
重量制限がとても厳しいのです。

欧米でも、アジアでも
LCCを利用する時は、

チェックインカウンターで
手荷物の重量を量られ、

基準を超えた場面には割高の
料金が追加徴収されます。

重量オーバーの場合は
搭乗券をくれないLCCもあります。

ウェブサイトでのチケット予約時に
預け入れ荷物を申請するとき、

割引サービスが適用される
LCCもあるので、

事前に調べておくといいでしょう。

LCCが荷物制限を厳しくするのは、
重量を減らす事で燃料代を
節約でき、コスト削減に繋がるのです。

大手では、2、3キロは大目に
見てくれる事もありますが、

LCCでは1キロでも多いと
しっかり課金されるので、

無駄な費用を節約するために
海外旅行の荷物は極力少なくするのが
得策と言えます。

無駄な費用を節約できる機内サービス活用法

LCCは座席の間隔が狭いです。

一人でも多くの乗客を
乗せようとしているからです。

暇だから寝ようと思っても、
毛布や枕も用意されておらず

そんな機内での少しでも
身体を休める工夫も必要です。

毛布代わりに大きな布を
持参するのも良いですね。

首枕も有効かもしれません。

LCCは経費を節減するために
多くの空港で用意されている

ボーディングブリッジ
(機内へ誘導する搭乗橋)を
使わない傾向があります。

使用料を節約しているのです。

中にはLCC専用のターミナルが
使われている空港もあります。

アジアではシンガポールや
クアラルンプール、アラブ首長国が
有名です。

ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港も
専用ターミナルがあります。

成田でも建設検討中と言います。

そんな空港では、
乗客が歩いて飛行機に向かう
スタイルがとられている事が多いです。

海外旅行でLCCの賢いサービスを活用する

LCCは確かに安いけど、
大手に比べると欠航や遅延が多い
という事もあります。

トラブル時に柔軟な対応ができるよう、

大手エアラインは機材繰りにも
余裕を持たせています。

ただLCCは予備機を揃える
余裕がない会社も多く、

機材の故障や急なメンテナンスが
必要になるなどの理由で

欠航になるケースもあります。

そんなとき、大手のLCCであれば、
別便をアレンジしてくれる事もありますが、

欠航便の少ないLCCの場合、
それも不可能です。

また飛行機が万が一遅れても、
特に保証はしてくれません。

遅延のお詫びとして、
お茶が無料でサービスくらいは
あるかもしれませんが、

もし翌日まで待つ事になっても
大手エアラインのように、

他社便への振り替えやホテルの
提供などもしてくれません。

こうした事を踏まえれば、

遊びや観光目的の利用なら
良いでしょうが、

ビジネスの利用など
スケジュールが決まっている場合は、

無駄な費用をかけないように
慎重に考えて選ぶ必要がありそうです。

海外旅行の賢い移動手段を考える

また前回も紹介したように
大空港を嫌うのもLCCの特徴でしょう。

大空港は混み合うため
効率的な運行が難しいです。

空港使用料も高く、

例えばフィリピンであれば、

マニラ空港を使わずに、
そこから80キロほどの
クラーク航空を使うと言った手法です。

中国でも上海航空ではなく
杭州の空港を選びます。

ヨーロッパでは聞いた事も
ないような航空名が出てきます。

旅のプランを立てるとき
その辺りの考慮も必要でしょう。

LCCの空港から安宿街があるまでの
足の苦労をする事もあります。

しかしLCCを利用するのは
航空運賃を節約したい乗客ばかり

専用のバスが用意されてる事もあり

その辺りも調べてうまく活用しましょう。

よく考えれば、LCCが必ずしも
得というケースではない場合もあります。

年に何回かの海外旅行を
快適に過ごすという場合、

飛行機の快適さも大切な要素です。

チケットの値段だけで飛びつくのでなく、

様々なことをシュミレーションをして
比べる事が必要です。

とは言え、
工夫をすればするほど、
無駄な費用を節約できるのが

LCCの賢いサービス活用法と言えます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>