LCCを利用する、使いこなすためのメリットとデメリットの特徴

LCCを利用する、使いこなすためのメリットとデメリットの特徴
今回のテーマは、

LCCを利用する、使いこなすため
のメリットとデメリットの特徴

について紹介します。

シートを立派な物に付け替え
機内食も街のレストラン並みに豪華に、

高級ホテルのサービスを
お手本に客室乗務員の教育に
力を入れる、

大手エアラインが他社との
差別化を計ろうとそんな競争を
エスカレートさせていた当時、

まったく逆の取り組みに注力する
エアラインがありました。

1971年に誕生したアメリカの
サウスウエスト航空です。

サービスを最小限にとどめ
コスト削減を徹底、

低運賃を実現し、
ビジネスモデルとしても大成功。

こんな元祖LCCのモデルが誕生して
約半世紀ほど立ち、

ますます様々な発展を遂げてきています。

ここ数年世界の空を席巻しています。

日本への乗り入れは
まだまだ少ないLCCですが、

海外へ出れば世話になる事も多く
LCCを利用するメリット、デメリットを
知っておく事は

海外放浪の旅のルート作りの上で
とても大切な事です。

スポンサーリンク

LCCを利用するメリットの特徴

LCCの最大のメリットはとにかく安いです。

世界のLCC運賃の相場を見ると、
4時間のフライトで片道1万円とか

2時間なら5000円を切る所も
珍しくありません。

LCC各社はまた頻繁に
プロモーションやキャンペーンを
やっていて、

最も安い場合は0円

1000円を切る価格と言うのも
しばしば飛び出してきます。

値段面が最大のメリットですが、

また片道チケットを買えるのも
LCCのメリットでしょう。

自由に旅のプランを決めたい
海外放浪の旅人にとって

これは便利です。

LCCを利用し、使いこなすことで、
世界一周も格安で実現できるのです。

まだ利用したことがない人は、
安かろう悪かろうという
イメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、実際移動手段としては
申し分ないサービスを提供してくれる
ところがほとんどなのです。

LCCを利用するデメリットの特徴

しかしLCCはいいことばかりではなく、
安さ故の制限、デメリットもあります。

LCCを予約、購入した後の
変更は難しいと思った方が良いでしょう。

24時間以内であれば
受け付けると言った所もありますが、

原則は出来ないと思った方が良いです。

変更はコールセンターが
受け付ける会社もあり、

英語が主流と言うのも
日本人にとってはデメリットと
なるでしょう。

会話は英語です。

予約サイトに明記されている
それらの条件を承諾した上で、

購入するシステムなのです。

預ける荷物の重さも通常の
航空会社より厳しいです。

15キロまでに設定している
所もありますが、

1キロでもオーバーすると、
その分の料金を徴収されます。

LCCの会社の中には
預ける荷物の重さによって
重要を出来るだけ軽くし、

燃料の消費を少なくする
経費削減策のひとつでもあります。

LCCをうまく利用して、使いこなすためには

最も安全面のでメリットを
心配する人もいるかもしれません。

LCC「ローコストキャリア」の名の通り、

徹底してコスト削減で
利用者に格安運賃を提供しています。

しかし安全基準に関しては
大手エアラインと同じで

基本的にLCCに危険はありません。

規制緩和によって誕生したという
歴史はあるものの、

許可事業である事に変わりはなく、

安全面で疑問が残るエアラインには
加盟団体によるレターコードも
発行されないでしょう。

が、最近では色々なタイプの
LCC会社が混在し、

競争も熾烈化し、会社によっては
大きな差が出ています。

心配な場合は会社の評判や
噂などをインターネットで
しっかりリサーチするのも
良いかもしれません。

確かに安くて安心であれば、
メリットは大きいでしょう。

しかし注意も必要です。

LCCは都心から離れた
郊外の第二、第三の空港を使用している
ケースも少なくありません。

例えば欧州のLCCラインエアーは、
ドイツのフランクフルトに就航しています。

この場合、各国エアラインが
発着するアムマイン空港ではありません。

アムマイン空港なら中央駅のある
市内中心部へ列車で10分ほどで
アクセスできますが、

ラインエアーが発着するのは
市内から120キロも離れた
ハーン空港です。

同社はあくまで「フランクフルト」
と呼ぶのでややこしい事になります。

せっかく安いチケットを買っても
市内への移動に思わぬ出費を
強いられる事もあるので、

要注意です。

誰しもが安価に旅に出たいと
言う気持ちがあるものです。

だからこそ低価格の移動手段が
発達のは当然ですし、

そうした要望に応える為に
LCCは多くの支持を得ています。

もちろんまだビジネスモデルとして
LCCは安定期とは言えません。

今世界中に多くのLCC航空会社が
存在しています。

その数は専門家でも把握できないほど
増えたり減ったりをしているのです。

世界の多くの航空会社が
経営難に陥っており、

その買収、合併、倒産を繰り返し、

各社が競争をしています。

こうした経営努力がさらに私たち
ユーザーのメリットとなれば、

旅行が身近になるでしょう。

書くやsy航空会社(LCC)の
こういったメリット、デメリットなど
特徴をしっかり理解して活用できるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>