海外旅行保険は必要、不要?海外放浪の旅とお得な保険の入り方


今回のテーマは、

海外旅行保険は必要、不要?
海外放浪の旅とお得な保険の入り方

について紹介します。

万が一に備えて入っておきたいのが
海外旅行保険ですが、

海外旅行保険は必要でしょうか?
不要なのでしょうか?

やはり入っておいたほうが安心です。

海外放浪の旅も期間が長くなると
それなりの金額が必要になります。

そこでいかに保険料を安く抑えれるか、

海外放浪の旅と保険の基礎知識について
解説をしていきます。

海外旅行のバックパッカーの旅を
する際にも旅行保険は入っておきたいものです。

海外でも病気や怪我、
盗難などに遭う可能性はあります。

或は滞在先で登山やダイビング
を楽しむ予定があるなら、

スポーツ専用保険も上乗せする
必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

クレジットカード付帯の海外旅行保険

さてここで、保険は
クレジットカードに付帯しているから、

保険会社の保険は不必要
という人もいるでしょう。

確かに、海外旅行保険が含まれた
クレジットカードも有効ですが、

通常3ヶ月が保険適用期間です。

それ以上の長期の旅となれば、

しっかりと保険会社を選び
プランを選びお得な入り方を
しなければ行けません。

またカード会社によっては、
ゴールドカードと普通のカードでは
サービスが違ったりしますし、

種類によって補償額、対応も
まちまちです。

また自動付帯であったり、
事前申し込みが必要など、

様々な条件があるので、

まずは自分のクレジットカードの
付帯保険の内容をしっかり
調べておくのが大切です。

ここで保険会社の保険であれば
いざというとき電話をすれば

24時間日本語で対応と言う
安心感もあります。

この安心感は一人で
知らない土地に行くのが心細い人は
それだけで価値のあるものです。

旅のプランや目的を考えて、

クレジットカード付帯保険と
海外旅行保険の良い所を補完しながら
上手く選ぶのがコツです。

海外放浪の旅と保険の基礎知識

さてここで保険には様々な内容があります。

お得な保険の入り方をするため
基礎知識として以下のタイプを
しっかりと覚えておきましょう。

・疾病、傷害保険

旅行中に病気や怪我をしたときに、
現地の医療機関にかかる事になりますが、

その費用をまかなってくれます。

海外ではキャッシュレスの病院も多く、
保険会社と提携していて

すべて保険でまかなってくれるのです。

その病院は、保険加入時に
もらうリストに明記されています。

・携行品保険

現地で盗難や置き引き、
スリなどにあった時の保険です。

最近ではパソコン、デジカメなど
それなりの金額になるものを
持参する旅行者も多く、

それらが対象になります。

・賠償責任保険

現地で他者に損害を
与えてしまった場合の保険で

不注意で陳列されている
土産を壊してしまった場合などが対象です。

・救援者費用保険

現地で事故にあったり、
病気で入院し、

日本から両親などが
現地に向かう時の費用をまかなう保険です。

海外旅行保険をお得にする基礎知識

お得をする保険の加入方法は
シンプルです。

安くする方法は、
セット商品ではなく、

必要だと思い保険だけを選ぶ
「ばらがけ」にすること、

そんな自衛策を心がける事です。

海外放浪の旅とお得な保険の入り方は
必要なものと不要なものをハッキリ
させる事です。

海外放浪の旅に出掛けて、

何らかの事故にあって、
死亡してしまうケースと、

スーツケースがなくなったり、
壊れたりするケースでは

どちらが多いでしょうか?

大きな病気にかかるケースと、

持ち物をスリやひったくり
にやられるのとでは
どちらが多いでしょう。

「使わなければ、それに越した事がない」

というのが保険ですが、

保険会社に勧められるままに、
起きる確率の低い補償に、

高額な保険料を払うのは
会sこい手段とは言えません。

旅行者が申し込む
「セットプラン」は

傷害死亡、疾病死亡など
起きる確率の低い事故に、

多額の保証金を支払うようになっており、

その反面、実際に出くわす
確率の高いトラブル、

航空機遅延、携帯品傷害、
航空機預託手荷物への保障額は
少なめに設定されています。

大切なのは、本当に困った時、
充分な補償がされるかどうかです。

ちなみにある会社の

「パックプランスタンダード」は
8810円

フリープランのバラがけの入り方なら
1300円で済みました。

わずか7分の1ですが、
起きる確率の高いトラブルへの補償は
そのままに保てるのです。

無駄な海外旅行保険は不必要

保険は自分で必要なものだけを選択し
不必要なものはカットする、

フリープランの方が断然お得です。

この「ばらがけ」への対応は、

空港の保険会社の
カウンタースタッフの方が慣れています。

ただ、空港の保険会社の
カウンターの上には

パックプランのパンフレットしか
おいていない事も多く、

「8日間の旅行なら
まとめてこのプランがお得!」

というようなうまい
キャッチコピーが載っていますが、

しっかりカウンターで

「ばらがけ、フリープランの
パンフレットを見せてください」

と言えば対応してくれます。

また、ネットでも
かなり安いものに加入できます。

海外旅行保険は必要か不要か?

以上を参考にして、
海外放浪の旅における保険の
基礎知識を身につけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>