海外放浪の旅で準備する荷物、持ち物、旅先で荷物を減らすコツ

海外放浪の旅で準備する荷物、持ち物、旅先で荷物を減らすコツ
今回のテーマは、

海外放浪の旅で準備する荷物、
持ち物、旅先で荷物を減らすコツ

について紹介します。

海外放浪の旅に出る前は、
不安に拍車がかかり、

つい持ち物を多く準備して
荷物が多くなってしまうものです。

しかしそこで詰めたものの多くは
旅先ではほとんど不要になります。

現地でほとんどのものが
手に入ってしまうからです。

そこから生まれた準備する
荷物減量のアイデアを紹介していきます。

海外放浪の旅旅行において
準備する荷物、持ち物、

旅先で荷物を減らすコツ

について今回は紹介します。

スポンサーリンク

海外放浪の旅で必要な持ち物

前の記事で、なるべき海外放浪の
旅に出るのであれば

なるべく持ち物を減らし、
荷物を小さくすることが、

旅を楽にして、出費を減らす事に
つながると言う話をしました。

ではここでどうしたら、
持ち物を少なくできるのでしょうか?

荷物の減量アイデアと言うのは、
ゲストハウスの夜に生まれる事が多いです。

ずっしりと肩に食い込む
ザックを背負って宿にたどり着き、

そのザックが目の前に置かれたとき

「もう少し軽くならないかな…」

バックパッカーであれば
必ずと言っていいほどつぶやく言葉です。

旅に出て、まず痛感するのが
世界の国々に流通する物資の豊富さです。

訪ねる国が途上国の場合、
心配になってザックに詰めたものも

現地に来てみると
日本より安く売られていたりします。

例えば、電池、デジカメ、時計、
電子辞書など、

最近では電池を使うものを
持参するバックパッカーは多いのですが、

使うのは小型の電池だったりすると、
予備電池を準備したりします。

しかし、現地の雑貨屋や売店で
同じサイズのものが平気で売られていたりします。

旅先で荷物を減らすコツ

かといって、持参した
電池を捨てるのも惜しく、

結局、持ち物が増えたりします。

薬にも同じ事が言えます。

体調を気遣って日本から
薬を持参した方がもちろん安全ですが、

旅が長くなるにつれ、
現地の薬局で売られている
薬や病院で処方される

薬の世話になる事になります。

日本の薬は安全ですが、
通院を前提にしていたり、

副作用を極力抑えるタイプが多いです。

しかし海外放浪の
旅先で欲しいのは、

すぐに下痢を止めてくれたり、
熱を下げてくれる

即効力の強い薬なのです。

特に途上国の薬は、
その傾向が強いです。

現地の薬に頼る事は
リスクもあるかもしれませんが、

日本から持参した薬を
飲む機会は、

旅が長くなるほど減っていきます。

その前提で考えておく事が
重要と言えます。

何を持っていき、何を捨てるか?

この辺りの決断力が
旅を快適にします。

海外放浪の旅、旅先で持ち物が変わる

旅をはじめる前に、
日本で用意した品々

それらは旅の持ち物として
適切なサイズになっている訳ではありません。

たとえば、洗面道具を入れる
ポーチであれば、

旅が続くにつれ
空きが増えていきます。

古くなったものを
捨てたりしていくからです。

日本から持参した
ティッシュペーパーや
ぬれティッシュもなくなっていきます。

現地にもティッシュペーパーはありますが、

トイレットペーパーで代用できないか
と考えるようになります。

さらにトイレットペーパーは
かさばるので、

芯の段ボールを抜く工夫をしたり、

こうする事で丸いトイレットペーパーを
押しつぶす事が出来ます。

旅の荷物と言うのは
こうした工夫でどんどん小さくなっていくのです。

海外放浪の旅で準備する荷物、持ち物

ここで例として

半年ほどインドを放浪し歩いた男性の
バックパッカーのザックの中の
持ち物を紹介しましょう。

・衣類

Tシャツ…4枚
靴下…2枚
綿のズボン…2本
パンツ…3枚
ジャンバー…1枚
ビーチサンダル…1足

・洗面道具

タオル…1枚
石けん
シャンプー
歯ブラシ
ひげそり

・その他

トイレットペーパー
折りたたみの傘
懐中電灯
蚊取り線香
洗濯ひも
大きめの布1枚
南京錠
ガイドブック

他に貴重品やカメラ
携帯電話、ノートと言ったものは
サブザックに入っているので

メインのザックには入っていない

海外放浪の旅で準備する荷物は少ない

「Less is More」
(より少ない方がより多い)

まさにミニマリズムを体現したような
暮らしを楽しむのが、

荷物を減らすコツと言えます。

旅慣れていない人にとっては

「これだけ?…」

と思うかもしれませんが、
実は海外放浪のバックパッカーの
ザックに入る荷物は、

こんなものなのです。

これで何の不自由もなく
旅を続ける事が出来るのです。

彼のザックのサイズは25リットル

旅に出た時は空きがないほど
詰まっていたのですが、

バスタオルは古くなって捨て、
割れてしまった石けん入れは捨て、
ティッシュペーパーはトイレットペーパーに

…と旅を続けるうちに
持ち物はどんどん少なくなるのです。

実際に旅は長くなるにつれ
持ち物は少なくなっていきます。

半年も過ぎる頃、
荷物はミニマム量に達し、

そこから先は増えもしないし、
減りもしないと言う
状態になっていきます。

恐らくその荷物が、
自分のバックパッカー旅の

適正サイズと言う事になるのです。

以上、海外放浪の旅で準備する
荷物、持ち物、旅先で荷物を減らすコツ

について参考にしてください。

それでは次回から、

海外放浪の旅を続けるそんな中で
これは便利と言うたびのグッズが生まれてきます。

そういった便利な持ち物について
紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>